★ 園芸日誌 ★ バラ ★

9月からの管理

バラの挿し木 夏の剪定 挿し木の植え付け 植え付けのその後
秋のバラ




2002年9月7日 夏バラの選定

剪定前のバラJPGイメージ サイズ109KB

剪定前のバラ
一番大きな株…高さが2m以上ある

夏の剪定

そろそろ夏もおわります。
秋の開花に備えて良い芽を出させるために
、剪定をします。
早すぎると芽が伸びすぎてしまって、良い花が咲かないし、
遅すぎても秋の開花時期に間に合わないので、9月の
上旬には終わるようにしましょう。

夏の剪定は、冬よりは浅めに剪定します。
元気な葉は、なるべく沢山残すようにします。
細い役に立たない枝や混みすぎて、日当たりが
悪くなっているような枝は切り捨てます。

又キャンカー(枝枯れ病)が入っているものも、健康な
部分まで切り戻します。
◎何本も剪定する場合は、株が変わるごとにハサミは
必ず火で焼くなど、消毒をして使います。

ウィルス病を、他の株に伝染させないようにするためです。
剪定後のバラJPGイメージ サイズ90.3KB

剪定後のバラ
奥に見えるのが一番大きな株
半分しか見えていないけど…。

バラは一番上の芽から、新芽が伸びてくる性質があります。
そのため浅く切ると(枝を長く残す)と、秋は台風など、
風が強く吹くことが多いので、長く伸びた枝は
倒れやすくなります。

元気な葉を沢山残して浅く剪定するのが原則ですが、
私はいつも深く切り過ぎてしまいます。
剪定後に『大丈夫かなぁ?』といつも心配になりますが、
枯れることなく芽はちゃんと伸びてきて、秋の深まりと
共に、美しい花を咲かせます。

秋の花は春よりは一回り小さくなり、花数も少なく
なりますが、花の色は一段と冴えてそれは美しく咲きます
ので、是非咲かせてみたいものです。

剪定後の秋のバラが咲いた様子jpgイメージ サイズ145KB

秋のバラ
剪定後…葉が茂って花が咲きました。

こちらも秋のバラjpgイメージ サイズ138KB

こちらも←に同じく花が咲いています。
花数が少ないのは、咲いたそばから切花を
取っているためです。
秋とは言え実際は、もっと沢山咲いています。
オレンジ色のバラjpgイメージ サイズ82.5KB

輝くばかりに鮮やかな色に咲きました。

葉が白く見えるのは、うどんこ病の発生のため
消毒をしたからです。
ミラネシンの1000倍液を10/18と23日に
2回散布。


エンジ色のバラjpgイメージ サイズ109KB

同じく…秋のバラ

ピンクのバラjpgイメージ サイズ71.6kb

秋の深まりと共に
透き通るようなピンクが益々冴えます。

黄色のバラjpgイメージ サイズ81.4kb

雨上がりのマリア
花が開ききっても花姿が乱れない整形花




トップ アルバム 花たち