部 屋 に 飾 る 花
   


2002年春です。

お庭に咲いた花を飾るとき、せっかくきれいに咲いた花を
なるべく長く飾っておきたいものです。
これから咲く花の育て方と、水揚げの方法をお伝えしたいと思います。



春からの手いれ 水揚げ 水仙 フリージャー
芍薬 カーネーション アマリリス グラジオラス
ストック



写真をクリックして、ストックの育て方にジャンプします

ストック 高性切花品種
写真をクリックして下さい
ストック育て方

ストックは晩夏に播種して秋に定植します。
八重咲き品種の種を選んで買っても、
一重咲きは出てきます。
また苗の時に八重咲きを選別することもできません。
一般に太くてしっかりした苗を選ぶと、
八重のことが多いといわれますが、
確実ではありません。
それでも一重咲きは、楚々とした紫花菜にも似て、
八重咲きに劣らぬ美しさがあると思いませんか?

また冬に成長しますから、水遣りは少ない方が
株がしっかり育ちます。
土の表面が乾いたら水をやるのが一般的な
草花の水遣りの基本ですが、時々は、
苗がしおれてから水をやるくらいの方が
茎が締まって真っ直ぐに立ちます。

逆に水をやりすぎると葉も茎も水々しいのですが、
茎が倒れて支柱を立てないと曲がってしまいます。
ピンク、紫などのストックの切花jpgイメージ サイズ56.9kb

水揚げ中のストック
水揚げの方法

★水揚げの基本は、
何より鋭利な刃物で切ることです。


導管に(水を吸い上げる管)に空気を入れない
為に、水切り(水の中で茎を切る)をします。
けれどもフローリストナイフを使えば、それより
はるかに水揚げがよくなります。

次に水を腐らせないために、毎日水を替えます。
けれども夏の暑い時期には、すぐに水が腐り、
カスミソウやカーネーションなどは、茎が
ただれたようになって、悪臭がします。
これを防ぐには、切花延命剤を用います。
花店に色々なメーカーの延命剤が出ていますが、
私は、キープフラワーが好きです(200ccで\380)。
1回の生け花に、10cc位を水に溶かして使います。
後は水が減った分だけ水のみ足していけば、
冬なら10日以上、夏でも花によっては
5日〜7日位は、新鮮です。

★次に大切なのが水揚げの手段です。
ストック茎jpgイメージ サイズ42.4kb

湯上げで変色した茎とフローリストナイフ
切花1回分のキープフラワー(10cc)
★湯上げ

茎の硬いものには殆どの場合、この方法で
水揚げができるようになります。
★容器に湯を沸かして沸騰寸前で火を止めます。
ナイフで切り口を斜めに切り、葉に湯気が
当たらないように斜めに持って、茎を3〜4cmくらい
3秒程度湯に浸けます。
(一般的には、新聞紙で花や葉を包むと良いと
言われますが、横にして茎だけを湯につければ
大丈夫です)
すぐに水にとって冷まし、そのまま茎の8分目程を
水に浸けて、6時間くらい置きます。

←茎の下方3〜4cm色が変わっているのが、
わかりますか?
★花瓶に生けたら、水につかる部分の葉は全て
取り除きます。
そのままにしておくと、水が腐る原因になりますから
気をつけましょう。
ピンクのコチョウランの枝先jpgイメージ サイズ42.2kb

コチョウランの枝先を斜めに切って
薄く皮を剥ぐ。
切花延命剤を使用していても、1週間に
1回くらいは溶液自体を変えましょう。
この時萎れた花を取り除いて、
切り口を新しくします。
その他、直接火で焼くという方法もあります。
バラも湯あげはできますが、結構面倒です。
そんな時、やはり火が茎や花に当たらないように
茎を斜めに持って、直接ガスなどの火に当てます。
バチバチと音がして、焦げるまで焼きます。
こちらも2〜3秒でしょうか…
その後は同じように深水します。

胡蝶蘭のように茎の細いものは、
切り口をナイフで斜めに切った後、その周りの皮を
薄く剥ぐ方法もあります。

また枝ものは、縦に幾つかの切り目を入れたり
叩いて切り口をつぶします。

いずれも導管に細菌が繁殖しないようにする為と、
水を吸い上げる面積を広くするためです。
水揚げがどうにもうまくいかないと感じて
いらっしゃるなら、是非上記の方法を
試してみて下さい。




黄色の八重咲き−花びらに朱色の小さい芯jpgイメージ サイズ68.9kb

水仙(タヒチ)

水仙

秋に地温が十分に下がってから、球根を
植えつけます。
水仙は日当たりでよく育ちますが、半日陰でも
十分花は咲きます。

植え付けのときは、連作を嫌いますから、
植える場所を変えて植えつけます。
どうしても同じ場所に植えるなら、土質改良剤を
使いましょう。



八重咲き水仙(白い花弁に黄色の芯)jpgイメージ サイズ65.6kb

水仙(ホワイトライオン)

また植え付けの前に、腐葉土や苦土石灰などを
混ぜて土を耕しておいてもいいでしょう。
2〜3年は植えっぱなしで良く咲きます。
春の芽だし肥えと花が終わったあとに化成肥料を
お礼肥えとして施します。

また花が終わったら、早めに花柄を切り取ります。
花後の葉は、邪魔だからと言って
切り取ってはいけません。
この葉が光を吸収して養分を蓄え(光合成)
球根を育てます。
白の花弁の芯に朱色が入るjpgイメージ サイズ85kb

水仙(アクロポリス)
葉が枯れるまでに充実した球根はすでに
花芽を持っています。

分球して小さくなった球根は花芽を持っていない
ので、植え付け後にいくら施肥をしても花は
咲きませんが、一年育てるとまた花芽を持つように
なります。

数年植えっぱなしにすると、葉ばかり茂って花が咲きません。
水仙は分球しながら、増えていきますから、周りに余裕がなくなると、どんどん小さく分かれます。
これでは球根が充実できないので、花が咲かなくなるのです。

こうなる前に3年に一度は掘り上げましょう。
葉が枯れてから(6月頃)掘り上げて陰干しにし、ネットなどに入れて涼しい所に吊るして置きます。





赤紫の八重咲きjpgイメージ サイズ49.4kb

八重咲きフリージャー

フリージャー

秋に地温が下がってから植えつけます。
★フリージャーは寒さに弱いので、暖地以外では
鉢やプランター植えにした方がよく育ちます。

秋になったからと言って、慌てて植えつけると、
地温が下がらずにせっかくの球根が
腐ってしまいます。
それで、私は芽が出てから植えつけるように
しています。
植え付けの準備ができていないのに、
芽が出てきた時は、芽が横向きにならないように、
平坦なところに並べて置きます。


フリージャー植え付けのページにジャンプ

フリージャー4倍体(大輪)

画像をクリックしてください

小粒赤玉土と腐葉土(7:3)の混合土に、
『マグアンプk』『元肥育ち』などを入れて、
植えつけます。
芽が出ていれば、芽を隠すように土をかぶせて
しまいます。

普通、球根の鉢植えは根を深く張らせるために、
球根の肩を出して植えつけるなど、浅植えにしますが
フリージャーは、古い球根の上に新球根を
作りますから、逆に深く植え付けましょう。



フリージャー(赤)

植え付け後は、芽が出ていなくても、地中では
根が生育していますから、水遣りをします。
この時乾燥気味に管理した方が、
株がしっかり育ち茎も軟弱になりません。

芽が出揃ったら、化成肥料(グリーン育ち)を
与えます

又厳寒期は軒先に取り込むなど、霜や雪に
当てない工夫が必要です。
八重咲きや大輪の品種ほど、寒さに弱いようです。


フリージャー(八重)

球根植物は普通は、葉が枯れるまで残しておくことで
球根が充実し、来春の花芽を持つことができます。

けれどもフリージャーにはその限りではなく、
花が咲いたときには球根も充実しています。
木子(球根に付く子供)を育てて増やすつもりが
なければ切花にする時、抜き取ってもかまいません。

←画像をポイントしてください。


フリージャー(紫)

フリージャーの木子は種を蒔くように
植えつけておくと翌年には立派な花芽を
持った球根に生長します。
上手くいけばその春に、花を咲かせる事も
できます。
育て方さえ間違わなければ、
驚くほど良く増えます。





芍薬(赤紫)万重咲
画像をポイントしてください

芍薬

切花にする時は湯上げにします。

花はすぐに開いてしまうので、
ツボミが割れて、やわらかくなったら切り取って
飾ります。

芍薬は肥料食いです。
春の芽だし肥えと秋の元肥は、しっかり施しましょう。
花が終わったら、有機質肥料を株元から
少し離した場所に置きます。

又、植え替え株分け等は、春に行ってはいけません。
秋になって葉が枯れてからにしましょう。
写真をクリック…株分けのページにジャンプ

芍薬(白)
↑写真をクリックで、株分けのページにジャンプ

芍薬…白

ボタンと見まごう程の大輪
雪白色でおしろいのような香りがする。

秋の元肥は、油粕と骨粉の混ざった有機質肥料と、
鶏糞をそれぞれ茶碗1杯位ずつ混ぜ合わせたものに
腐葉土を加えて、バケツいっぱいにした物を
株の周りに穴を掘ってすき込むか、
葉を切り取った株の上にかぶせておく。

春の芽だし肥えには緩効性化成肥料を施す。



クリックしてネ。

カーネーション(モニカワイアット)

カーネーション
育て方はこちらをご覧下さい。

宿根草で、4〜5年は植え放しで1株で100本程度の
花が咲くという触れ込みで購入したもの。

けれども毎年挿し芽で更新した方が、花の大きさも
色もも良いように思う。
又夏に高温多湿の地域では、暑さで株が
枯れます。
草丈は40〜50cm。
カーネーション赤い花びらに縁が白jpgイメージ サイズ95.3KB

カーネーション

3年前花店で切花を購入
   …挿し芽で苗を作ったもの。

茎が強く頂点のツボミを取り除いてやると、
撫子みたいな花が咲く。
切花にして、花もちが良い。
切花延命剤を使用すると、茎が腐って放つ悪臭を
防げる。

草丈は50〜60cm
カーネーション白の花びらに紅紫の覆輪が入る。花ビラには絞り模様がある。jpgイメージ サイズ94.5KB

カーネーション

←こちらも花店で脇芽をもらってきたもの。
花店の女主人が、フラワーアレンジメントの先生で、
「挿し芽をする」といったら、脇芽を残して
おいてくれた。
あれから7年以上になるけど、未だに
変わらぬ花を咲かせてくれる。

茎が硬く大輪で、中央のツボミを止めてやると、
スプレー咲きになる。

草丈70〜80cm


画像をクリック・大きくなります。アマリリス(八重咲き・白覆輪)jpgイメージ サイズ68.5KB

アマリリス(ダブルレコード)

アマリリス

水やりだけで咲くというポット植えのアマリリス。
花が終わった後すぐに植え替えて、
3年以上管理していますが、毎年球根が増えて
よく咲きます。

鉢から抜いたら、小粒赤玉土と腐葉土を7:3の
割合に混ぜ合わせたものに、
マグアンプkや元肥育ちなど、根についても安全な
元肥を加えて植えつけます。

春から秋までは多肥栽培で球根を肥らせます。
10月下旬になったら、徐々に水遣りを減らし
鉢を乾かして、暖かい場所に置きます。


画像をクリック・・大きくなります。白い花弁に濃い赤の糸覆輪jpgイメージ サイズ79.7KB

アマリリス(ピコティー)
この時気をつけるのは、慌てて室内に入れると
花が咲きません。
40日以上、冬の低温に当てます。
霜や雪には当てないようにします。
春になって花芽が見えてきたら水遣りの
サインです。

戸外の軒下で管理すると、花が咲くのは
初夏になります。
2年に1回は鉢から抜いて、球根を分けて
植えつけます。

関連記事はブロッサム・ピーコックにもあります。

次のページへ(切花・夏)



トップ
戻る