今月の日記帳です

11月1日〜



トップへ戻る>>先月の日記<<過去記事>>



150人を超す外来
      11月29日(金曜日)晴れ


きょうは久し振りに良く晴れて穏やかな一日だ…ったと思う。
私は大腸検査の当番に当たっていたので、その検査が長引いたので、帰りは午後2時半。
もう日が翳りかけていて、何をする暇もない。
一番お天気の良かった時間は窓の中だったわけ。
午後の診療もそれ程処置が多かったわけではないと思うのに、150人を超す外来だったみたい。
私はきょうは何とかのども痛くなくこのまま過ぎてくれたら良いと思っている。
明日は友人と、洋ランセンターに行く予定。



胃カメラ
   11月28日(木曜日)曇り


先週の金曜日にのどが痛かった。
風邪を引くといつも、一過性の症状を通り過ぎて治るのだが、その経過が2週間くらい続く。
のどの痛みが治まると、咳と鼻水が同時に出て、やがて咳は喀痰を伴うようになり、
鼻水もいつまでも止まらない。
今回だけは何があってもそうなりたくないので、1日3回服用で貰った風邪薬を1日4回飲んだ。
当然日数が足りなくなるので、その前に貰って余っていた薬を飲み足し…
やっとのどの痛みが治まって、やれやれと思っていたら、急な冷え込みで足首を冷やし風邪を引きそうな
予感がしたが、勤務中の事、ソックスの準備もしてなくて、帰宅まで1時間の我慢。
それで又のどが痛い。今度は、抗生物質をお尻に注射してもらった。
念のために残っていた薬を又飲んで、ビタミンCの補給のためにアセロラCを1日3本…
これで胃を壊さないわけがない。
案の定、胃の調子が悪く食欲がない…しかも時々痛い。
勝手に白板の検査予定表に名前を書いて、胃カメラの申し込み。
検査のために昨日から食事を軽めに取る事になっていたが、そうでなくても食欲がない。
朝食は勿論取らないが勤務があるので、ポカリスエットを朝から飲んでいた。
胃カメラはいつも介助で見ているし、院長の腕は信頼しているので、何の不安も感じていないが、
何かあったらどうしようと言う気持もホンの少しだけある。
胃カメラは、のどの嘔吐反射もなくすんなり飲めて、検査後ののどの痛みも全くなかった。
精神安定剤の注射をしたが、量を少なくしてもらったので、検査の間中、テレビで自分の胃の中を
見ていた。
出血性びらんがあったけど、これはもう充分すぎるくらいの結果ではある。
それ以外には、ポリープや潰瘍や癌の所見はなく、全く異常なしに近い結果で安心した。
風邪気味なので、点滴の中に抗生物質を入れてもらって、アスピリンの注射をしてもらった。
この注射の液を注入する時とその後の痛さは、予防接種の比ではない。
点滴中に少し眠ったが、終わったらもうすっかり目が覚めたので、帰っても良いといわれたが、
いつもと変わらないので、そのまま勤務を続ける事にした。
のどの痛みもすっかり引いて、風邪は引かずに済んだし言う事なしの結果だ。

きょうは半休だが、夕方からピアノコンサートがあるので、その前に美容院に行ってきた。
5時に帰ってきて、何をする暇もなくコンサート会場へ。
クリニックが協賛しての文化ホールでのピアノコンサートなので、従業員は全員参加になる。
コンサート会場は、暖房がしてあるにもかかわらず寒い。
カーディガンを着てコートを膝にかけて…それでも寒い。
通気孔からの風が頭に吹きつけて芯まで冷えて、避けるところもない
座席は、ピアノの鍵盤が見える一番良い席で、演奏者の指の動きが余すことなく見えて
とても素晴らしいのに、私は寒くて演奏に集中できない。
せっかく風邪が治って喜んでいたのに、これで又風邪を引きなおしたらと思うと…もうっ!!
私の今までの努力はなんだったの!!とにかく今は風邪を引きたくない。



インターネット
     11月25日(月曜日)雨


久し振りに朝から雨の一日になった。
朝は気温が高かったが逆に日中は肌寒かった。
夕食の支度を済ませてから、Cafeの散歩をしようと思ったが、インターネットの調子が良くない。
接続できても直ぐに切断して、接続のダイアログボックスが出る。
再起動しても駄目なので、諦めておやつを食べて仕事に出かけた。
さっきも掲示板のレスをしていたら、ページが表示できませんのメッセージ。
OCNの不備があったようで、その後処理で調子が悪いのかなぁ?



小春日和
   11月24日(日曜日)曇りのち晴れ


姉と一緒に退職の記念品を買おうと、近くの贈答品ショップに行った。
入り口を入るなり、すごくきれいなレンデフラワーが目に飛び込んできた。
デザインも花の形もすごく良い。私は一目で気に入ったし姉も気に入ったようだった。
それから店を一巡したがそれ以上のものは目に付かず、予定通りレンデフラワーにした。
このレンデフラワーと言うのは、生きた花をそのままガラスケースの中に入れて、特殊な加工が
施してあるらしく、何年たっても色が褪せない。
一種のドライフラワーかもしれないが、その発色のよさが気に入っている。

姉達は昼過ぎには帰っていったので、私はやっとの事でパソコンの前に座る事ができた。
今年中には、応接間兼用になっている部屋の私のパソコンを、奥の部屋に移そうと主人と計画中。
そうすれば、主人が大きな音でテレビを見ていても、私のPCのBGMがなっていても
お互いに気にする事がなくて、部屋も広く使えるし、是非実現させたい。
配線は電気屋さんにやってもらうとして、動かすと設定のやり直しをしないといけないのかなぁ?



退職祝い
   11月23日(土曜日)晴れ


姉の主人の定年退職のお祝いをするべく、主人の姉の料亭を借りた。
「量は沢山要らないから、おいしいものを少し作って」と主人から事前に頼んであった。
主人の姉は主人が行くと喜んで、いつも話にくる。
料理は、素晴らしいの一言。
エビの塩焼きを皮切りに、おつくりは、甘エビや鯛やトロの盛り合わせ・キムチ鍋に、
もう直ぐ日本では料理できなくなるという珍しい魚の照り焼きにアーモンド添え・茶碗蒸し・
ズワイガニの姿一尾・揚げたてのてんぷらまで出てきて、もうとても食べきれない。
その上、かに雑炊まで作ってもらったが、私はもう箸をつける事さえできなかった。
これでひとり5000円だから、とても申し訳ない。
帰り際に「おねえさん、足が出てない?」と聞いたら、笑っていた。
帰りはタクシーを呼んでもらおうと思ったが、義兄と板場を任されている息子(主人の甥)が
私たちが乗って行った車を運転して、送ってくれた。

姉達は、泊まる予定にしてあったので、話をしながら私はセーターの裾アゲをした。
今の職場に入ってからは、若い子達が誰もおしゃれをしないので、私もトンと服に関心がなかったが、
最近では、またちょっとずつ関心が戻ってきた。
どこへ来て行く当てもないのだが…^_^;



タイトスカート
     11月21日(木曜日)曇り


先日お気に入りの服がなかったので、きょうは場所を変えてジャスコに行ってきた。
テナントを1軒1軒見て廻ったが、余りめぼしいものがない。
もう諦めて、岐阜の柳ヶ瀬(Sサイズ専門店)まで行こうかと思ったが、今からでは帰りの時間が遅くなる…
(イトーヨーカドーができるまでは、服を買うのは柳ヶ瀬と決めていた。…が、最近ではMサイズでも少し
小さ目が置いてある店があるので、丈もウェストもどこにも手を入れなくても着れるものが結構置いてある。
しかも車の面倒もないし、近くて便利なので、時々利用している。
映画に行く時に、ちょっと覗くと結構いいものが置いてあったりするので、後日試着して見たりと、
重宝している。)
しかもそこまで行く気力も残っていないので、帰ろうと思い、何気に覗いた最後の一軒で、
赤いタイトスカートが目に付いた。
ウェストも丈もちょうど良くてデザインもgood!なので早速購入。
さぁ、このタイトにあわせる服はどうしようと、こちらも物色したが見つからず…
もう捜すのも限界…ボトムは手持ちの服で、間に合わせる事にしよう。

帰ってきたのは夕方。それから夕食の準備をして今日の1日は終わり。
パソコンをやってる時間が中々取れないなぁ。
でもきょうは、お気に入りのスカートが買えたから良しとしよう。



コチョウラン
    11月18日(月曜日)曇り時々晴れ


クリニックの玄関に頂き物のピンクのコチョウランが、7月中旬から置いてあった。
私は花が終わったら株をいただこうと、水やりその他の世話をしていたが、8月のお盆ごろには
咲き終わると思ったコチョウラン…9月になっても10月になってもまだ咲いていて、やっととの事
今日、花が終わって私のものになった。
でも余りに花が咲きすぎていたので、きっと2番花は望めないだろうなぁ。



雑用
  11月17日(日曜日)晴れ時々曇り


昨日の夜更かしがたたって、朝起きたら10時前。
主人が庭で松など剪定しているので、私は掃除洗濯を済ませた後、溜った用事をする事にした。
白衣の裾上げに始まって、カーディガンの袖を詰めたり、アイロンをかけたりした。
外に出て今日こそラナンキュラスを植え付けようと、張り切ったまでは良かったが、どこを探しても
ラナンキュラスがない!!
置いてある所は決まっているので、くまなく探したが、見当たらない。
やっとの思いで一袋だけ出てきたので、とりあえず植えた。
でも、決してすでに植えつけたわけでも、買ったつもりでいるわけでもなく、きっと花が咲く頃に
どこかから出てくるんだろうなぁ。(-_-;)



映画『チェンジング・レーン』
    11月16日(土曜日)晴れのち曇り


午前中は最近にない秋晴れの良いお天気で、演芸をやろうと張り切って帰ってきたが、
意地悪をするかのように、雲が広がって…結局パソコンで遊んでしまった。

冬服を買おうとJさんとの待ち合わせ時間より、ずっと早めに行ってあれこれ見て廻った。
先日見かけて良いなと思ったスカートは、まだ売れてなかったがLサイズ…
あっちこっちのテナントを何軒も見て廻ったが、中々サイズと色がぴったり来ない。
やっと、カーディガンと、インナーと、スカートを2点ほど買った時には、もう待ち合わせの時間。
急いで行って、例のごとく焼きそばを頼んで、たこ焼きを半分こにして食べた。

映画は、文句なしに面白かった。
有能な弁護士と子供を愛する黒人の父親…この二人のとても重要な用事に向かう途中の事故。
弁護士は示談の処理もそこそこに、急いでまだ動く車でその場を立ち去り、
とり残された父親に降り注ぐ雨…そして父親は親権の調停の時間に遅れたために、
一方的に弁解なしの判決を受ける事になる。
けれども弁護士はそこで決定的な過ちに気づき、父親に接点を求める。
そうして、お互いがどんどん不利な立場に追い込まれ、憎しみ苛立ち罵り合い…
弁護士は自分のかけたわなに自らの首を絞められ、父親は子を思って嘆く。
手を差し伸べる友人・ハッカーの仕掛けたわな・父を思う子・・・その展開に一時も目を話せない。
テーマは愛そして良心。
弁護士の苦悩と、父親のいわれなき圧力に対する憤り…その口惜しさ・悲しさが、
画面いっぱいに広がって、見ているだけで胸が締め付けられる。
そしてラストシーン…ひっきりなしに通り過ぎる車の前に、何もかもなくして佇む父親。
その姿を見ているだけで、涙があふれて字幕が見えない。

映画が終わった後Jさんと、お互いに涙を拭きながら「久し振りにいい映画を観たネェ」と
しばし余韻に浸ってしまった。



  
腰痛
  11月10日(日曜日)曇り)


晴れの予報に程遠い、今日も寒い一日だった。
私はいつものように、家事を終わらせた後、パソコンのフォルダやファイルの整理をしたり、
メールの返事を書いたりして、特に何をするというわけでもなく、気がついたら夕方になってしまった。

重い洋ランの鉢をあっちは運んだりこっちに運んだり…しているせいだろうか?
じっと、座っていると腰が痛い。



映画『プロフェシー』
      11月9日(土曜日)曇り時々雨


きょうは午後から美容院に行った。
パーマとカラーを一緒にやっても、髪が傷まない薬を使ってもらうので多少時間がかかるが
又出直す事を考えれば、多少の事は我慢できる。
美容院に行ったらちょうど都合よく、お客は私一人なので直ぐに入ってもらえた。
3時に行って6時には終わったので、それ程疲れる事もなかった。

コンビニでお弁当を買って、主人達に食べてもらい、メールチェックと掲示板だけ覗いて程なく出かけた。
友人と待ち合わせて、焼きそばとたこ焼きを分けて食べた。
映画は…面白かった。
いきなり自動車事故から始まるが、そのリアルな事!思わず体が仰け反るほどだ。
有能な新聞記者は、事故が原因でなくなった妻を忘れられず、町をさまよううちにとある町に
導かれるように、着いてしまう。
そこで起こる予言に基づく事故の数々…科学で証明できない事を声高に叫んだ者に、どういう
仕打ちがされるのか…
自分自身に問う。これは正気かあるいは狂気か…
一瞬先に何が起こるかわからない恐怖…いつ、どこでも誰にでも起こりうる恐怖。
全編固唾を呑んで見入ってしまった。



連休
  11月4日(月曜日)晴れ時々くもり


今日は、皆が出勤日なので、早起きしたおかげで、時間がゆっくりと過ぎる。
午前中はパソコン三昧で、午後からは寒さに渋る体をおして外に出て、花壇の草をとって、
ゆりと水仙を植えた。
それからデンファレの支柱を立て終わる頃には、やっと一日の終わりだ。
昨日、寝たのが午前2時過ぎだったのに、今朝は6時半に起きたので、11時を過ぎる頃には、頭が
痛くなってきたので寝床についたが、気になっていた事がとりあえずできたので、
『休みの日の早起きはするもんだわ』とつくづく思う。



映画『たそがれ清兵衛』
        11月3日(日曜日)晴れ時々曇り


昨日の夜更かしがたたって、今朝起きたら10時前だった。
たまった家事を片付けた後、遅いお昼を食べて、ホームセンターに買い物に行った。
園芸店を2〜3回って鉢用土と、肥料とカサブランカの球根を買い足した。

映画は宮沢りえが好いという前評判だったし、好きな女優なので又一人で行った。
明治維新の前の武家の生活を描いたものだが、時間がゆっくりと流れていき、最初はなに?と
言う感じで見ていたが、だんだん面白くなり…テーマは愛なのだとわかってきた。
家族への愛、そして男女の愛。
宮沢リえは出ずっぱりではないが、やはりその愛らしさで魅せ演技の上手さで魅せた。
命を懸けた愛の告白シーンでは、涙が出るほどの感動があり、また幼い子供達の愛くるしさ。
そんな中でも随所にクスクスと笑いがあって、つい重くなりがちな心を軽くしてくれる。
真田真之と大杉廉?の殺陣まわり…息を呑むほどの緊張が伝わってくる。
時代物は好きではないが、全編を通じて今日の映画はとても素晴らしかった。



映画『ザ・リング』
       11月2日(土曜日)曇り時々雨


友人と食事をして帰って来たら7時過ぎ…それから不在配達通知を持って郵便局へ。
光さんから、紅花ひおうぎを送っていただいたのだけど、葉が付いているので早い方が良いと
聞かされ早速包みを開けた。
開けてびっくり。花の他にも色々と…
お花は幸いペットボトルに入れて、葉が傷まないように送っていただいたので、無事だった。
それにつけても、いつでも光さんのお心遣いには、感謝するばかり。

包みを開けて花を外に出してから、映画『ザ・リング』を見に行った。
友人のJさんも主人もそんな怖い映画はいやだと言うが、私はどうしても見たいので一人で行った。
日本では松島奈々子主演のものをテレビで見たが、ハリウッド版でどのようにアレンジされているか
興味があった。
殆ど原作に忠実に作られたと言うだけあって、あらすじは変わりようもないが…
それでも、日本版よりは、かなり怖い描写がされているように思う。
日本版では、オブラートに包んでしまっているような所を、映像で見せてくれるので迫力がある。

ビデオを見たものはその直後に電話が鳴り、1週間以内に死ぬと言うもの。
ニュースキャスターの母親はその取材のためにビデオを見て、テープを持ち帰ったために
息子に見られてしまう。
息子を助けたいがために、別れて暮らしていた父親と連絡を取り合い、その父親と原因を究明していく。
こちらも、経緯が明確でわかりやすい。
彼女の言葉を信じずにテープを見た父親はその1週間後に死んだが、母親だけが生き延びた。
ある事に気がついた母親は、息子を助けるためにその方法を試す事にした。
その事に対する幼子の疑問。母親は返答に困り映画はそこで終わる。
もし原作を見ていなかったら、全編スリルと恐怖に満ち満ちていたと思われる。
結末がわかっているだけに、映像の怖さだけで終わってしまったが、それでも充分に楽しむ事ができた。



レセの日
    11月1日(金曜日)雨のち曇り

今日から11月。
週の前半はとても暇だったが、きょうはとても忙しかった。
急な検査が入ったり、訪問看護があったり、そこへ持って来て、月に一度のレセの日なので、
皆して大忙しだった。
いつ帰れるかと思ったが、2時半にはレセも終了…無事帰宅できた。
帰る頃には、土砂降りの雨も上がっていた。
ちょっとした意図があって、園芸雑誌のスキャンをした。ついでにスキャナのアップデートをしようと
HPを覗いたが、その機種のアップデートはしていないとのメッセージ。
Win98の時のものだけど、とりあえず使えるので良いかなぁ。^_^;