今月の日記帳です

2003年2月1日〜2月28日

トップへ戻る>>先月の日記<<過去記事>>


長かった〜!
    2月28日(金曜日)


午前の外来はいつになく、早く終わってみんなが帰っていったのは、12時ちょっとすぎ
私とSさんんは、CF(大腸内視鏡検査)の当番になっていたので、残り組み。
CFに要する時間はまちまちだが、2時間弱のワースト記録を持つ私はきょう
その記録を大幅に更新して、2時間半!
検査が始まったのは、12時10分。帰りのタイムカードを押したらもう2時45分!!
疲れた〜〜。



インストールのトラブル
     2月26日(水曜日)曇り一時雨


…2月24日(月曜日)
プリンタドライバをダウンロードして、解凍した。
それからプリンタの電源を入れて、インストールダイアログボックスの指示通りに
インストールの手順を実行したのに、インストールが完了しない。
最後の『ユーティリティーをインストールしています』の画面が、いつまでたっても
終わらない。
強制的にインストールを中止して…アンインストールとリストールを何回か繰り返し
その内、何を思ったか、プリンタ付属のCDでユーティリティーをインストールしてみたり…。
再びサイトを訪れ、インストールの方法をもう一度読み返して、スタートメニューから、
『アプリケーションの追加と削除』で、ユーティリティーの削除を、試みたがどうにも削除できない。
もうイライラの極致…掲示板のレスをつける余裕もない。
しかも、頼みの綱の息子は帰ってこない。
万策尽きて、システムの復元を実行したが、なぜか『復元できません』のメッセージ。
復元ポイントを変えても結果は同じ。

…2月25日(火曜日)
お昼休みに再挑戦。
何回やっても結果は同じ。
万策尽きてtacさんの掲示板に、ヘルプ信号。

夜には、tacさんの掲示板や私の掲示板でカールさんやデコさんが、色々と手順を説明して
くれたので、もう一度アプリケーションの削除を試みたら、あっさり削除できたので、
プリンタの電源を入れてインストールしたら、こちらも完了。
でもまだ問題が…プリンタウィンドがインストールできない。
マウスの動きは相変わらず滑らかでない。

…きょう
プリンタウィンドも無事にインストール完了。
問題解決したので、気分はさわやか・ゆったりとして、掲示板のレスもつける事ができた。
皆さん、ありがとうでした。\(^▽^)/



プリンタのインストール
  2月23日(日曜日)晴れ


もう春かと思うほどの暖かさで、お天気もよく車の中には、冷房を入れて走った。

古い友人が体調を崩し、私によろしくと人づてに聞いたのは、3日前だった。
私は電話をして様子を聞き、今日会う事にした。
彼は病院で胃カメラを飲み、胃潰瘍と診断されていたが、癌ではないか不安を訴えたので、
薬もカメラのプリントも持ってくるようにと言った。
見せてもらえば全くの胃潰瘍で、癌など疑いようが無い。
私は胃潰瘍と癌の違いを絵を描いて説明し、組織検査(胃粘膜の一部をつまんで、
顕微鏡で癌細胞が無いかどうか見る検査)をしなかった事、家族を呼んで病名を
告げなかった事などを念を押して、100%心配要らないからと言った。
カメラを飲む前の痛みが癌のせいであるならば、定期処方の薬を飲んだくらいでは、
その痛みが治まらないことなども、付け加えて彼はようやく安心したようだ。
「なぜ癌だと思ったの?」と聞けば、回りに冷やかされた事が原因だったらしい。
世間の人は言いたい事を言ってくれるから、そういうことは聞き流して、肝心なことは、
主治医に聞くのが一番だと私は告げた。

帰ってから、プリンタのインストールをしたが、うまくいかない。
検索して、OSの対応を見てみたら、エプソンPM900CはWinXpに対応していない。
私は、他に欲しい画像ソフトがあって、そちらも結構高い。
両方買うとなると…パソコン買ったばっかりだしなぁ。
でもプリンタが使えないんじゃ、不便極まりないし…。
で、掲示板でその事を書いたら、早速tacさんがドライバのアップデートサイトを
教えてくれた。
プリンタを買わなくていいんだぁ!!よかったぁ〜。
tacちゃんありがとう!!
今までノートパソコンのXPで使えていたプリンタがどうして使えないのか…不思議に思ったのだけど…。
あの時もインストールできなくて、息子に泣きついた様な記憶が…(-_-;)

NortonSystemWorksもインストールした。
早速ワンボタン検査をしたら、買ったばかりのパソコンのレジストリエラーが67個!
このソフトをインストールしてやっと安心した。



映画『戦場のピアニスト』
     2月22日(土曜日)曇りのち雨


今日はハルちゃんとパソコンショップで待ち合わせて、金のなる木を貰う約束をしていたが、
午前の診療が終わるのが1時過ぎになって、やっと会えたらもう2時だった。
それから近くの中華屋さんで食事をした。
エビチリ・餃子・おこげ・角煮・春巻き・焼きそばなど頼んで二人で食べた。
デザートは4種類あって、これも半分ずつに分けて食べた。
私はデザートが一番おいしいと思ったので、店員さんに「デザートがおいしかったわ」と
言った後で、それなら他のものが不味かったのかと思われそうで、慌てて訂正した^_^;
ハルちゃんと別れてから、PCショップで買い物をして帰った。
Norton_SystemWorks2003・コードレスマウス・プリンター用インク・外付けHDDを
買ったが、10%引きの招待状を貰ってあったので、結構得をした気分(^^♪

映画はそれほど見たいものではなかったが、色々と評判の映画なので、
迷った末に一人で見に行く事にした。
ところが始まってすぐに私が思っていたものとは、程遠いストーリーで…感動と言って
良いのかどうかよくわからないが、涙なしでは見られない、とてもつらい映画だった。
シュピルマンは、両親や弟妹と裕福な暮らしをしていたが、アメリカがドイツに宣戦布告を
した時から、生活が一変する。
ただ、ユダヤ人であると言う理由だけで、ドイツ軍によって財産を没収され、職業を奪われ
住処を追われ更に狭い場所に追いやられ…最後には人としての尊厳さえも奪われていく。
それは夜中であろうと日中であろうとお構いなしに、繰り返される。
例えば…部屋に押し入り住人を外に追い出し、逃げる後ろから銃で撃ち殺す。
そこに住む全住人を並べて、ごぼう抜きのように前に出される。
何をするのかと問えば、物も言わずに撃ち殺され、前に出された者達はまるで射撃場の
標的のように無抵抗のまま銃の餌食だ。
ユダヤ人に対する弾圧はそれでも飽き足らず、まとめて狭い列車に積みこまれ、
死の旅へと運ばれる。
何の罪もない人々へのその虫けらにも劣る扱いに、何度スクリーンから顔をそむけた事か…。
なすすべも、なく肩を落として歩く人・人・人…。
私は何度も、物を投げつけたくなる憤りが沸々とと沸いてくるのを、涙に換えるしか
ないのだ。「何なの!?」と思わず深いため息が出る。
ナチスドイツの、ユダヤ人への弾圧を知らないわけではなかったが、これ程とは…。

シュピルマンは脱走して、一人生き延びる。
『ユダヤ人をかくまえば如何なる者も死刑』という極限の状態にあって、彼を助ける友人知人。
その勇気と人の情には又涙が…予告編では、ドイツ人将校との出会いだけが
クローズアップされているが、彼らの助けなしには生き延びる事は不可能だった。
シュピルマンは餓えと寒さと弾圧の中にあって、なぜそれほど生きる事に固執したのか?!
ピアノを弾きたいが為…だけだったのだろうか?
否、ピアノは生き延びる唯一の支えではあったが、彼は生きたかっただけではなかろうか。
理不尽に人権や名誉や誇りを奪われた口惜しさが、彼の生き延びるバネになっていたのではないか…。
やがて戦争が終わり生き延びたシュピルマンは、観衆の前でピアノを弾く。
感動!!



CF2番
   2月21日(金曜日)晴れ


よく晴れて気持ちのいい日だが風が強い。

今日はjunkoさんと二人で、魔の2番と名づけたCF(大腸内視鏡検査)の当番の日。
クランケは高齢で痩せた女性で、見るからに難儀しそうな体型。
しかもキャンセルの後に急遽、検査の予定を入れたというおまけ付き。
私たちは「さすがに2番!」と始まる前から、長時間の検査介助になる事と覚悟を決めた。
ところが盲腸まで45分と早くはないが、まぁ普通。
私たちはやれやれと顔を見合わせて、「全部で一時間ならまぁ好いね」と言い合った。

午前の診療は、Sさんが体調不良で点滴を受けた後、早退。
そのせいではないのだが、処置が多くて座る暇もない忙しさだった。
が・午後は珍しく、受付終了時間の7時半ぴったりに終わった。
久しぶりに、早く帰れたので嬉しい。



カトレアの株分け…ア〜ア!やっちゃった(>_<)
           2月20日(木曜日)曇り時々晴れ


夏咲きのカトレア(チャトイアント・トワイライト・パッション)が鉢いっぱいに育っているので、
株分けをする事にした。
ちょうど分ける予定の両方に新芽がひとつずつ、2〜3cmに伸びているので、好都合と
ばかりに始めたまでは良かった。
根鉢を抜き取るのは至難の業なので、鉢を割って抜き取り、いざ根を分けようとしたが、
まぁ縦横無尽に根が入り組んで、バルブを切った位ではびくともしない。
あっちにひねくり、こっちにひねくりしている内に『ボキッ!!』エ?と振り向いたときは
もう後の祭り。
新芽は無残にも株元から折れて…あ〜あ〜あ〜!!
すったもんだの末に、何とか3株に分ける事ができたが私は2株にしたかった…。
その方が花つきも良く、ホフクを切ってやれば新芽を2本出す事も可能だからだ。
とりあえずバルブの数の多いほうは、新芽が折れていないようには見えるが…なんだか
グラグラしている様で不安。
しかも、根の数が多く今までの鉢は深かったので、根も真っ直ぐに伸びている。
新しい鉢に植えるためには、根をくるっと丸めて入れるしかなく、鉢底に発泡スチロールを
入れる隙間もない。
とりあえず3鉢とも、格好だけは整えたが…どうなる事か…(-_-;)
株を分けるときにかなり根を傷めたし…。
よもや枯れる事はあるまいし、折れた新芽の隣の芽が伸びてくるだろうとは思うが、
6月に咲くとして、成長する時間が少ないので、今年の花は望めないかもしれない。
でも、仕方がないね。
今やらなければ、茎ばっかり育ってどの道、良い花が咲かないのだから。



患者の不思議…etc
   2月18日(火曜日)曇り時々晴れ


胃腸風邪で嘔気・嘔吐を繰り返して食物を受け付けなくて受診するのに、なぜ
ボディースーツを着てくるの?
ウェストで穿くスカートだってつらいのに、青い顔してなぜに体を締め付けるボディースーツ?!
気持ちが悪いの当然でしょう?!

お腹の診察をするというのに、「ズボンのファスナーを下ろしてお腹を見せてください」と、
いくら指示をしても、ベッドに寝たきりでこちらがズボンのウェストに手をかけて
ファスナーをおろすまで知らん顔の男性…ズボンのベルトのはずし方は色々で
女性には勝手がわからないのです。
自分でファスナーくらい下ろして、お腹を出して欲しい。

いざ書こうと思うと、とっさに出てこない。思い出したら徒然に…。



春の気配
   2月17日(月曜日)晴れ


今日は朝から暖かく、このまま春になるかと言う陽気。
こんな日があると、又冬の寒さに逆戻りする日があるのは耐えられない。

食べても食べても太らない時期を通り越すと、ある時から体重は順調に増え始め、
今では軽く42kgをオーバーしている。
そろそろ…もう良いわと思うのだが、そうは問屋が卸さないのが食欲で…
このごろ何を食べてもおいしくて…この体重はどこまで増えるのかちょっと心配。(-_-;)



雨の日曜日
     2月16日(日曜日)雨のち晴れ


せっかくのお休みだと言うのに朝から土砂降りの雨。
おかげで今日は10時まで寝てしまった。
午後になってやっと日が射してきたと思ったらもう、夕方で結局バラの消毒はできなかった。

映画『運命の女』を見た。
物語は、何不自由ない生活を送って居た美人の人妻が、あるきっかけで不倫におちてしまう。
最初は慎重に…そして徐々に大胆に…彼女は足繁く若い恋人との逢瀬を重ねていく。
夫への後ろめたさや子供にかける不自由を思うとき、「この恋もうやめよう」と幾度となく
思いながら翻弄されて、やがて彼女は若い恋人の事しか考えられなくなってしまう。
…夫に不満があるわけではない。一人息子はこよなく愛している。
それでも、やめられないのは不倫だからではなく、ただ女として彼に溺れてしまったからに
他ならない。
若い恋人が、彼女を愛しているかどうかはこの際関係ないのだ。
彼女は、日常でない快楽のとりこになってしまったから…それは麻薬にも似て理性では
どうにも抑えられない。
やがて彼女のしている事は夫の知るところとなり…家族を守り美しい妻を誇りに思い
結婚してから11年・変わらず妻を愛してきた夫の苦悩は見ていて胸が痛くなる。
情景は容赦なく、彼女が何をしたかを彼に伝えるべく、見るに耐えない描写がこれでもかと続く。
そうして彼がとった行動は…
彼女一人が何もかもなくしてしまうなら、それは自業自得と言うものだ。
けれど、愛する人を巻き込んでこの不倫の代償を払うには、失ったものは余りにも大きすぎる。

『危険な情事』だったと思うが…もうずいぶん前に世の男性陣を震撼させた映画があった。
弁護士だったかの男性が軽い乗りで近づいてきた女性と、一夜のアバンチュールを
楽しんだ事で相手の女に執拗につけまわされ、やがて職業はおろか家族さえも脅かされて
…最後はどうなったか覚えていないが、今度は女性が震撼するのだろうか?
不倫にハッピーエンドはただのひとつもありはしないが、この時代・妻の二人に一人が
不倫をしていると言う。
この映画を見て考えさせられるのは、女性だけではないだろう。
とりわけ既婚の男性陣には、この映画正視できるだろうか?



アマリリスの植え替え
      2月15日(土曜日)晴れ


今日はとてもいいお天気で、汗ばむくらいの暖かい陽気に誘われて園芸を。
アマリリスは初冬の頃から強制的に水を切り、今ではすっかり葉が枯れて球根が
肥大して、分球しているものもある。
土はからからに乾いているので、鉢から抜くと簡単に球根を分ける事ができた。
枯れた根を整理して1ヶずつにして、プランターや化粧鉢に並べて、ピコティーと
ダブルレコードと、ブロッサムピーコックの3種類を、すべて植え替える事ができた。
明日お天気が良かったらバラの消毒をもう一度やりたいのだけど…。
天気予報では雨が降るといっているが…。



Why?W(`0`)W
  2月14日(金曜日)晴れ


今日も午前の診療の後CF(大腸内視鏡検査)が終わってスーパーによって
帰ってきたら2時半過ぎ。
特別に何をやる暇も無く、あっという間に昼休憩が終わった。
夜も8時過ぎに帰って食事や入浴をを済ませると、もう10時を遥かに回ってしまう。
時間の使い方が下手なのか、なぜかまとまってパソコンの時間が取れない。
カフェ散歩の時間はおろか、掲示板のレスさえままならない事もあり、いつも来てくれる
メンバーにとても申し訳なく思う。
それでも変わらず来てくれることに大いに感謝しつつ、今日もm(*_ _)mゴメンナサイ♪。



お昼の勉強会
   2月13日(木曜日)晴れのち曇り


午前の診療が終わった後、薬のメーカーが来て亜鉛欠乏による味覚障害を
改善する薬(アシノンカプセル)の勉強会があった。
その後院長によるインフルエンザ情報のスライドショーがあって、終わったのは
2時過ぎだった。
午前中は良く晴れて好いお天気だったのに、午後は曇ってきて肌寒く、外に出る気には
ならない。
メールの返事など書きたいと思い、パソコンの前に座ったが掲示板のレスをつけたり、
ファイルの整理をしたりしているうちに、ついつい時間がたってしまって…。
パソコンをやっていると、あっという間に時間が過ぎてしまう。
もう12時…寝る時間だ。明日はCF(大腸ファイバースコープ)の当番に当たっていることだし、
もう寝よう…メールは明日。m(*_ _)mゴメンナサイ♪



HPの転送失敗
     2月12日(水曜日)晴れ


昨日とは打って変わった好いお天気!本当に恨めしい事。

昨日はHPのトップからリンクさせてるページサイトが2つあるので、そちらのサイトの
転送設定をした。
転送の途中で歳と容量が足りないとのメッセージ。
転送設定を変えたりしてあれこれ試みたが、どうにも転送できない。
仕方が無いので、とりあえずサイトのファイルを全部消して、再度転送。
転送後にHPを見たら、表示されないページが多数。W(`0`)W Oh My god
それから又、すったもんだとこねくり返して深夜2時までかかったが、どうにも表示されない。
泣く泣く諦めて、寝る事にしたが、当然今日は寝不足でつらかった。
昼寝をしようと思ったが、考えた事をちょっとだけ試してみようとしたら、昨日の繰り返しで
やっぱり眠れなかった。
もうこうなったら、頼みの綱は息子だけ。帰ってくるのを待ちかねて頼み込んだ。
FTPツールではどうにもプロバイダーには接続できず、インターネットでとりあえずファイルの
転送をしてくれた。
ページが表示できて一安心した私が、「パソコンが変わっただけでどうしてこんなことに
なるの?」と言えば「お母さん・パソコンが変わるって大変な事だよ」といわれた。
「ああ・そうだよねぇ^_^;」と実感。



雨の休日
    2月11日(火曜日)曇りのち雨


せっかくの休日なのに、朝からどんよりとして昼ごろには、かなり強い雨が降り出した。
今日はみんな出勤なので、朝早起きをしたので、雨の前に外に出てバラの選定をした。
カーネーションもつぼみが沢山ついているが、咲いても色が褪せて花としての値打ちが
無いので、切り戻しをした。
こうしておけばちょうど5月ごろには、良い花を咲かせてくれるだろう。

雨の中を車で30分くらいの距離を走って、家具のホームセンターに行った。
ノートパソコン用に作っても貰った台は、¬字型なので横に長細くデスクトップ型の
液晶モニターが、斜めにしか載らない。
高さをそろえてモニターだけを置く台を捜して家具コーナーを隈なく見て回ったが、中々
見つからない。
あきらめてインテリアコーナーを見ていたら、縦横高さが30cm前後のちょうどいいのが
見つかった。
ついでにクッションとセンターラグも、揃えて買った。
帰ってからは、パソコンの後ろから出ているコードを何とか整理しようと、悪戦苦闘。
まぁ…何とか見られるようには、なったみたい。(^^♪



キーボード
    2月10日(月曜日)くもり


新しいパソコンは快適で言う事なしの状態だが…キーボードの位置が微妙に違うので、
戸惑う。
変換確定の矢印キーも、位置づけが違っているので、つい間違えてしまう。
何が一番イヤって、Backキーも然ることながら、Deleteキーの位置が大幅に違う事。
でもこれは慣れるまでの辛抱だから、まぁいいとしよう。
デスクトップのCMの表示が消えない。
消しても消しても、次に立ち上げると又同じように表示されるし、そのために立ち上がりの
時間が遅い。(-_-;)
今まで知らなかった事だけど…デスクトップとノートでは、IEやOEでの文字の見え方が違うと
いう事に気がついた。同じフォントなら、ノートの方が余程大きく見える。
表示は変える事ができるから問題ないが…。
HPBでは、日記を書くときの文字がなぜか大きくなって、すごく見やすい。
…快適っ!!\(^▽^)/



Windowsへようこそ…の画面
      2月9日(日曜日)晴れ


今回のOEやFavoritesや自作ファイルのバックアップは、息子にとってもらうことにした。
外付けHDDをパソコンと一緒に買ってきて、そちらにコピーしてもらった。
その間に私はパソコンを組み立てたが…コードを逆につけたりもして
息子の顰蹙をかった^_^;
それでも何とか組み立てるころには、バックアップも終わって、パソコンの電源を
入れた。
windowsを立ち上げて画面が表示されたときの嬉しさ。
ノートしか知らない私には、画面の大きさのみならず画質の眩いばかりの美しさに感動!!
写真など、こんなにも美しいのかと思うほど…本当に美しい。
私は今まで何を見ていたのだろうと…思うばかり。感激!
そして音楽スピーカー。こちらもすばらしい音。
パソコン本体に音量調節がついているなんて、今の今まで知らなかった。
インターネットの設定もOEのアドレスを戻すのも、全部やってもらって
早速掲示板を覗いてみた。
時間は午前3時。たくさんの書き込みがあったが、レスをつける元気はない。

今朝は9時に起きて、掃除洗濯を慌ててこなし、11時半には出かけることにした。
姉と半年に1回の食事会。
やっぱりフレンチが好いねと言うことで、バラ館でいつもは8000円のコースだけど、
今度は奮発して1万円にしてみようということにしたのだが、これが失敗。
材料がいいのかどうかは知らないが、スッポンの出汁のコンソメスープとか、
子羊のソテーとか…わけのわからないものがあって、なんだか期待はずれ。
やっぱり「いつものシェフのお任せコースの方が良かったね」ということになった。
ここは結婚式場も兼ねていて、結構評判のお店でもある。
結婚記念日や誕生日の特別な日のディナーとして、姉の息子夫婦も職場のSさんも
近々行く予定になっている。

夜は夜で姉の主人が“たいげん”で焼肉を奢ってくれると言うのでご馳走になる事にした。



パソコン購入
     2月8日(土曜日)曇りのち雨


午前の診療が長引いて、終わったのは1時過ぎ。
それから友人のSと食事をした後勇んでパソコンショップへ。
まずはメンテナンスのお兄さんに「パソコンを買いたいのだけど」と、相談をした。
このお兄さん、最初は無愛想でまったく好きではなかったが、何回か相談に通う内に
親しくなって、今では会えば必ず声をかけてくれるようになった。
私の希望を言って、それならと販売員を呼んでくれた。
お値段のほうもよろしくと予めお願いしてもらい、色々と見て回った。
マウスとキーボードのコードレス仕様は、ワイド画面のものにしかなくて、そちらは
諦めることにした。
ワイド画面は縦が短くて編集領域が狭くなると思い、結局は従来の型で、
NEC_VALUESTAR2003年春モデル(17インチ)を購入した。
メモリーは256MBなので増設をお願いして、手数料を2000円いただきますと言うから
「おまけして?(^^♪」と言ったら、「それなら製品から1000円ずつ引いておきます」と
言ってくれた。メンテナンスのお兄さんの顔が、少しは利いたのかしら。

夜にはjunnkoさんと映画の約束がしてあったので、主人も誘って出かけることにした。
映画はT・R・Y!
私は2度目になるが、何度見ても好いものは好い。(^^♪
織田裕二はやっぱりかっこいいし、同じところで何度でも笑ってしまう。
主人もjunkoさんも面白かったと言ったので、私はなんとなく満足。

映画から帰ったら、早速箱を開けて組み立てを始めた。
この時午後11時半。



新しいパソコン
    2月6日(木曜日)晴れ


プリンターが故障してヘッドクリーニングをしても上手く印刷できないので、PCショップに持って行った。
ヘッドの目詰まりらしくて、メーカーに出して交換してもらうのに2週間くらいかかるらしい。
修理カウンターの横にあるパソコンに下取りの文字が…お兄さんにソニーのノートパソコンはどのくらい?
と聞いたら調べてくれたが、型式がハッキリしないので、よくわからないが去年のもので
10万円くらいらしい。…一昨年なら8万円位かなぁ?

夕食の時間に珍しく3人揃ったので、その話をした。
主人は、息子が10万円で買ってくれるなら、私が新しいパソコンを買っても良いと言い、息子は
8万なら買ってあげても良いという。
私は、「下取りが8万円として後の2万円は親孝行してよ。」と言えば、「インストールやらメンテナンスやら
こっちがお金を貰いたいくらいだ」と切り替えされた。
それでも、なんだかんだと言いくるめ(られる歳でもないが…)息子が承知したので、
私は早速明後日の土曜日にパソコンショップに行く予定。
もうずっと、液晶のきれいなディスクトップ型のパソコンが欲しかったが、今のノートパソコンだって、
まだ買ってから1年半しか使っていない。
しかも3年の間に今回で3台目。加えて私ばかりが新しくしているのでので、言い出しづらく…主人も
息子もよく承諾したものだと…でもっ!嬉しい。\(^▽^)/

自作ファイルのバックアップなど簡単なものだが、周辺機器が殆どWin98の時の物だから
インストールの時のドライバの更新が面倒…。
バージョンアップのたびに悪戦苦闘を強いられるが…でも新しいパソコンの魅力には勝てない。



越前水仙
    2月5日(水曜日)くもり


やっぱり…昨日下手な事をしたものだから、笑っただけでもお腹の皮が痛い。
それなのに、笑わせるなというのに、職場のSさんがお腹の皮がよじれるほど笑わせてくれて…。
腹筋は昨日よりは数をこなせたし、開脚前屈は両足をつけたままだが楽に頭が付くようになった。
もう少しというか…まだ始まったばかりだが続けてみよう。

耳鼻科の処置室に日本水仙が沢山いけてあり、とても良い香りをさせていた。
「楚々と咲いているのに、凛として美しいですね。」と私が言えば、主治医が越前水仙だとおっしゃる。
毎年送ってくるのだそうな。
私が余りに誉めたものだから帰り際に、看護婦さんが一握り花瓶から抜いて包んでくれた。
今家の食卓で良い香りをさせている。(^^♪



開脚前屈
    2月4日(火曜日)くもり


立春とは名のみの…どんよりとして寒い一日だった。
例年よりは気温が低いとラジオや新聞でも言ってたし…今年の冬はとても寒く感じる。

Sさんが、ヒップアップ体操なる物を教えてくれた。
片足で立ってもう片方の足と手を平行に上げてそのまま静止…その繰り返し。
腹筋しながら腰を逆に回せばウェストも細くなるとか…。
皆で挑戦してみたが、上手くできずに大笑い。
帰ってからもお風呂上りに、腹筋や開脚前屈を試してみた。
どれほどもやらないのに、尻や太ももが痛くて3日も続けばまだ良いほうかも…。
腹筋なんて…書くのも恥ずかしいくらい何回もできなくて…。
卓球をやってる頃は、強くなりたくて100回くらいはやったものだけど…結果は効果がでるまで続かず、
ウェストやお腹がへこんだ覚えはないし、強くなれた気もしない。
そんな風に言い訳をして…結局は長続きしないんだろうなぁぁあああ。



いつもの日曜日
   2月2日(日曜日)晴れ


いつもの日曜日。いつもの家事。
シンビジュームに支柱を立てて・水遣りをして・シクラメンを日光浴させて…。
何ら変わる事のない日曜日が今日も終わる。



映画 レッドドラゴン
      2月1日(土曜日)晴れ


きょうはせっかくの土曜日だというのに、一月1回のレセプト(保険請求書)作成の日
それでも診療時間の合間にできる限りやったので、2時には終わる事ができた。
その後ゆっくりする暇もなく、美容院へ。カットとカラーをしてもらって帰ったのは6時半過ぎ。

junkoさんは用事があるとの事で、私は一人で映画館に。
本日先行上映のレッドドラゴンを見ることにした。
レイトショーは平日は1000円・土曜日でも1200なのだが、先行上映という事で通常料金の1800円だ。
聞くまでは知らなかったのだが、他に見たい映画もないので予定通り見る事にした。

面白かったと言えば語弊がありそうで、このような映画の感想は書きにくいが…
猟奇殺人の犯人像を割り出すために、刑務所のレクター博士に会いに行く元FBI。
お互いの心理作戦の駆け引きが見もの。
快楽殺人の目を覆うような惨劇が、繰り返し行われるであろう危惧・そして最愛の家族がターゲットに
さらされる恐怖。
以前に読んだ実際にアメリカで起きた事件を取りまとめた『FBI心理捜査官』を、そのまま映画にしたかの
ような錯覚を覚えながら見たが、十分な見ごたえがあった。
アンソニー・ポプキンスを知らなくても、レクター博士と言えば誰でも知ってると思うが
最近見た『ナインデイズ』で非情になりきれないFBIだったかの捜査官を演じていたが、
そちらはとても好感が持てて、まるで別人のようだった(当たり前だが)。…そっちのレクター博士も好き。