今月の日記帳です

2003年5月1日〜


トップへ戻る>>先月の日記<<過去記事>>


洋ランセンター
    5月31日(土曜日)雨のち曇り


午前中はそれほど強い雨でもなく、友人Tと予定通り洋ランセンターに行って来た。
季節外れとあって花はどれほどのこともなかったが、小さめの洋ラン用の鉢を買う事ができた。
私は今回花より鉢の方が目的だったが、さすがに鉢だけ買うのも申し訳なく
友人はカトレアとコチョウランを、私は黄色のコチョウランをそれぞれ買った。
帰りにショートケーキがおいしいと評判の、ケーキ&コーヒーショップでお茶をして帰ってきた。
私はすぐにでも買ってきたコチョウランを植え替えたいが、さすがに夕方近かったので、
明日にする事にした。

HPのページインデックスは、新しいページを作って呼び出すまでは、スムーズにいった。
が、その後問題が…。
ページインデックスを残して、ターゲットページを表示するには、リンクのターゲットを
何処にすれば良いのか…色々試したが全滅。(-_-;)
もう遅くなったし、明日にしよう。



台風接近
    5月30日(金曜日)曇り時々晴れ


台風4号が接近中とか…日中は風が強く、せっかく真っ直ぐに伸びた花たちが風に揺れて
今にも倒れこみそうだ。
今年植えたオリエンタル系のユリに外側の苗だけでもと、支柱を立てた。
球根に支柱を突き刺さないように、茎より少し離れたところに支柱を立てて、
丁寧にビニタイを結んでいく。
なんだかすごい数なので、仕事の合間の休憩時間だけではとても間に合わず、
良く伸びた茎だけにしてもうやめた。

ページインデックスを▼マークにまとめる事は、HPBのマニュアルになく、カールおじさんに
メールで教えを乞うたが、返事を頂いてびっくり(*_*;。
難しい!!マニュアルにないのが納得!
それでもカールさんは、いつも一番簡単な方法を教えてくれるので、見本に貰ったファイルを
参考にしながら、とりあえずニューページで作ってみよう。
でももうこんな時間。明日にしようかなぁ…^_^;



『HB101是か非か』のやり直し
     5月29日(木曜日)晴れ時々曇り


カーネーションの挿し芽に失敗したのでやり直すべく、挿し床から全部のカーネーションを
引き抜いた。
中には発根しているものもあったが、例年に比べたら全くの成績不良。
発根している物もいない物も全て抜き捨てて、挿し床を作り直し再度挿し芽をした。
それから、バラにうどん粉病が見えるので、そちらの消毒もした。
ミラネシン・ランネート・マンネブダイセンの混合液を、花壇の花たちに満遍なく散布したが、
カーネーションは素敵に花が咲いているので、こちらは散布しないようにした。
一昨年の冬、花店で買ったカーネーションを挿して去年の春〜秋には花が咲かず
今年初めて咲いた花の素晴らしい事!!
初めて見る花は、茎もすっきりと伸びて紅紫の色・花形とも申し分ない。
これだから、少々難儀をしてもカーネーションの挿し芽はやめられない。

HPのアクセスカウントが、10000を超えた。
ここ数日間、一日のアクセス数が増えて、なんだか嬉しい。(^^♪



新しいお友達
     5月26日(月曜日)雨


新しいお友達ができた。
一人は土についての質問から、メールのやり取りをするようになった。
もう一人は私が彼女のCafeのページの切り番を踏んだ事から、掲示板に書き込みを
してくれた。
彼女の友人として、私のHPをリンクしてくれると言う。
私にとっては、願ってもないこと!異存があろうはずがない。
こんなラッキーなことがあるのだろうか。
インターネットをやっていて、何よりこの瞬間が一番嬉しい。
私のページがホンの少しでも誰かの役に立つのなら、それが冥利に尽きるというもの。
お礼を言いたいのは、彼女ではなくて私の方だ。
私はいつでも貴重な時間を割いて、私のページを見てくれる全ての人にありがとうを言いたい。



グロリオサの支柱たて
        5月25日(日曜日)曇り


午前中はいつものように家事を済ませて、ちょっと外に出ると、
姉から今年の春に送ってもらって植えつけたグロリオサの芽が良く伸びて
頭を下げていたので、朝顔の支柱を立てて絡ませた。
午後からはHPのボタンのページを更新するべく、パソコンの前にかじりつき。
おかげで何とか今日中にアップする事ができた。
洋ランのページもやりかけだし、2003年に咲いた庭の花もまだ全然掲載できていないが、
とりあえずボタンの芽つみは、6月が適期なのでその前にどうしてもやりたかった。
new表示をしても、ページインデックスが縦に長くなって一覧表示できないので、
ページインデックスを簡素化したいと思っている。
▼マークをクリックすると、見出しが表示されるようなインデックスを作ってみたい。
そうすれば目的の項目が、一目で見分けられるようになるだろう。
やりたい事は次から次とあるのに、素材サイトで遊んだりメールを書いて遊んだり
中々思うように捗らないのが現状^_^;



映画『トーウィークス・ノーティス』
      5月24日(土曜日)曇り時々晴れ


junkoさんと映画に行った。
映画は最初から最後までテンポの速さとユーモアの利いた会話で飽きさせず、充分に
楽しめた。
ハーバード大学を卒業した有能な女弁護士ルーシー(サンドラ・ブロック)が、プレイボーイで
無責任、お金儲けだけを目的とするハンサムな上司に仕えて、やがて自分でもそれと気づかず
恋をしてしまう。一番気になるシーンは
ルーシーが上司に向かって「2週間で辞めたい」事の理由をぶちまけた時。
夜といわず昼と言わず、鳴る電話に夜も眠れず、電話が鳴らなくても夢に見て、一日中
ボーとしてシャンプーをしたかどうかも忘れて、2度も洗う羽目になる。
シャンプーは減るし胃に穴が開く思いなので、辞めたい!」と早口でまくし立てる。
これが恋する女の心情ででなくて何なのだ!と私は思うが、上司はまるで気が付かない。
彼女の言葉を真に受けて、辞職を承諾。
辞職の1日前のパーティーに、上司は彼女ではなく他の女性を同伴するが、彼女は着飾って
上司の前を優雅に歩く。
胸を張って美しく…最高に美しく艶やかに、彼女はゆっくりと歩く。
この時すでに彼女は自分の気持ちに気づいているが、勝気ゆえに好きと言えない。
その心情は同じ女であれば、痛いほど良くわかり切なく胸を締め付ける。

全編を通して唯々面白く、ヒューグラントのかっこよさは相変わらずだが、女心を余すことなく
描写したこのシーンが、私は何より好きだ。



バラの消毒
    5月22日(木曜日)晴れ


バラの消毒をした。
スミチオン・ケルセン・マンネブダイセン・ミラネシン・トリガードの混合液をそれぞれの
倍率に薄めてバラやゆりに満遍なく散布した。

趣味のメンバーのカールさんに、ボタンの写真を頼んだらすぐに画像を頂いたので
早速友人Tの家に、HPの編集用の写真を撮りに行った。
ボタンも又、バラと同じように大抵はどこの家庭にも1〜2本はあるものだが、
その育て方には少しコツがあって、上手く仕立てないとだんだんに上に伸びて、良い花が
咲かなくなってしまう。
それで去年からHPでボタンの編集をしたかったのだが、咲いた花の写真がないので
そのまま手付かずになっていた。
私の家にボタンがあれば良いのだが、数年前に他の花の邪魔になると思って、
抜いてしまって今は一本もない。
プリント済みの写真でもあればと思って捜したが一枚も見つからず、思えば
写真の出来がよくなかったので、処分したような記憶がかすかにある。

友人Tに「『友人宅のボタン』としてアップするからネ」と私が言えば「何で自分の家のボタンで
いかんの?」と聞くから、「私が育てればこんなに下手にしないもん!(笑)」と答えた。
「言うと思ったわ!」とTが唇を尖らせて、二人で声を揃えて爆笑した。
そうして、Tのボタンは仕立て直しをするべく、「6月になったら、ここと、ここと、ここで欠くのよ」と
ボタンを見ながら丁寧に教えていく。
帰り際に、来週は洋ランセンターに花を見に行く約束をした。
去年行った時に、洋ラン用の小さめの化粧鉢も沢山並べてあったので、私は花より
そちらを目的にしている。

今日は何だかばたばたして、HPの編集も全然進んでいないし、メールの雛形を
ダウンロードしたいのだが、それもできずじまい。
気が付けば1時前!今日はもう寝よう。



支柱たて
    5月21日(水曜日)晴れ


今日も早く終わったので、昼食の後花壇の手入れをした。
この頃は朝に水遣りを忘れると、花達が水を欲しがって頭を垂れる。
石竹の花が蕾を沢山つけて今にも咲きそうだが、枝が弱いので朝顔の支柱で
周りを囲って枝が真っ直ぐに伸びるようにしてやった。
ゆりの蕾も大きくなったが、アブラムシでもない…小さな粉のような虫が付いているので
明日は、ちょうど半休なので、久しぶりに消毒をしようと思う。



カーネーション
    5月20日(火曜日)曇り時々雨


午前の診療が早く終わったので、スーパーの帰りに本店に寄った。
医療テキストを2冊買って、例に漏れず…漫画もしっかり買った。^_^;
帰って夕食の支度を済ませ、そろそろおやつを食べて出かけようかと言う頃に友人Tが
玉ねぎとキャベツを持ってきてくれた。
バラは切りどころと切り枝があるので、自分で切ってガスの火で焼いて水揚げよくして
渡したが「あんた・もっと早く来てくれなきゃ!」と言いながら、「カーネーションは
勝手に切って良いよ」と鋏を渡した。
切っても切っても飾りきれない花なれど、余りにステキに咲いているので、
雨が降るといっては切り、枝が伸びて折れそうと思っては切り…何かと理由をつけては
切らずに居られない。
道行く人が咲いた花を褒めてくれるが、申し訳なく思いつつ来年も花を咲かせるためと称して、
やっぱり切ってしまうのだ。(~_~;)



週始め
    5月19日(月曜日)曇り時々晴れ


今日も爽やかな一日だった。
CFの当番に当たっていたが、1時間弱で終了。
庭の花達は、キンギョソウもカーネーションもバラも次々に咲いてきて、私は
花の手入れに忙しい。
大輪の白い芍薬も咲いた。
オレンジのバラは太陽の光を受けて、輝くばかりに濃い色になった。
春に植え替えた挿し木のバラには、又蕾が付いたので折り取った。
この頃庭に出ると、ついつい遊んでしまう。



草取り
   5月18日(日曜日)曇りのち晴れ


昨日も今日も天気予報が外れて嬉しい。
昨日、草を生えないようにするという敷物『クサノン』が届いたので、雨が降り出す前にと
午前中の内に草取りの済んだ場所に、クサノンを敷いた。
もう少し草をとろうと思ったが、気乗りがしないのでやめてパソコンに向かった。
今日こそはHPの途中になってしまっている、洋ランの写真をアップしようと思ったが、
結局何をやっていたのか…如何ほども進まず4時過ぎには、再び外にでて草取りをした。
あと少しで全ての草を取り難い場所に、クサノンを張り終える事ができる。
これで、今年の草取りはどんなにか、楽になることだろう。
とっても嬉しいヾヾ(*^▽^*)〃〃



映画『めぐりあう時間たち』
      5月17日(土曜日)曇り時々晴れ


夕方から雨の予報だったが、お昼過ぎから薄日が射す、爽やかな一日だった。
午前の診療は、これで土曜日かと思うほど閑散としていて、12時過ぎには終わった。

映画は、何よりニコール・キッドマンの物憂げな美しさが際立ってはいたが、
同時に女たちの台詞の一つ一つが、静かに心に沁みいって来る。

物語は、精神を病みロンドン郊外の静かな町で、小説を書くバージニア・ウルフ
(ニコール・キッドマン)と、彼女の書く小説の主人公ミセス・ダロウィン(メリル・ストリープ)と、
その数十年前を生きた女性ローラ(ジュリアン・ムーア)が同じ空間でそれぞれの時を生きる。
バージニアは繊細で、いつ病気が再発しないかといつも不安げで物憂い。
時にその不安は彼女を奇行に走らせ、彼女の夫は片時も目が放せない。
彼女のためにとロンドン郊外に居を構えた夫に
「入れ替わり立ち替わり医師が来て、私を病気にするが私は病気ではない!
ロンドン市街に出れば生きられないと言うのなら、田舎で息を潜めて生きるより
私は死を選ぶ!」と涙ながらに訴えるシーンは、切なく胸に迫る。
狂気と正気…その境目は本人にだってわからないのだ。
いつ病気が再発するかと、一番恐れているのは他ならぬ本人なのだ。
その苛立ち・不安が憂鬱となりその危うさが、よりいっそう彼女の美しさを引き立てている。

ミセス・ダロウィンは、詩人でエイズを患っている友人の世話を、5年以上も続けているが
彼はそれに感謝しつつも、うっとうしく感じている。
「自分がこんなになってまで生き続けるのは、君の自己満足のためだ!」とその鬱憤を
彼女自身に投げつける。
自信喪失した彼女がする、娘との会話に私は自分の今を重ねる。
「誰でも若い時が一度は有ったんだから」と言う娘に、「ある日・目覚めた時に無限の可能性と
幸せを感じ、この先もっと幸せになれると思ったけれど、その時が一番幸せだった」…と。
ああ、そうなのだ。
この不公平の世の中で、歳を取るということだけが唯一無ニの平等なのだ。

ローラは妊娠中で優しい夫と、かわいい子供に恵まれながら、なぜか幸せそうでない。
何を言いたいのか一番解らないのが、この人で…。
ラストシーンで、事の顛末は理解できたが、やはりなぜ?という疑問が解けない。
「後悔していると言えれば良かったが…」の後に続く言葉がとても潔いが、その罪は余りに重い。

びっくりしたのは、あの美しい人が歳をとってここまで変わるのかというそのメイク!!
その余りにも自然なメイクの技術。

それぞれの女性たちの美しさと、胸を打つ言葉の数々。
その台詞を、もう一度聞いてみたいとも思う。



久しぶりの爽やかさ
     5月16日(金曜日)晴れ


久しぶりに晴れて、爽やかな一日となった。
沢山の洗濯物を、竿いっぱいに広げて干した。
お天気が良いと嬉しい。



思いがけない電話
     5月15日(木曜日)雨


せっかくの半休なのに、今日も雨。
それでも小雨の中、予定していたアイビーの植え替えをした。

今日はなんだか食欲もなく、パソコンで画像処理をしていたが、9時過ぎにはさすがに
お腹がすいたので、遅い夕食をとっていたら電話が鳴った。
知り合いならメモリーしてあるので、誰からかかってきたかすぐにわかるのだが、
ベルの音が違うので、口の中に物を入れたまま電話に出た。
電話の向こうでは思いがけない人の声。
中学校の同級生で、慌てて口の中のものを飲み込んだ。

彼は私のHPを時々覗いてくれてるらしい。
私のインターネットへの余りの嵌り様を、少し気にもしているようだ。
それにとても丁寧な言葉を使ってくれるので、「ため口で良いよ」と私は笑う。
ああ!こんな事が本当にあるのだ。
去年の年賀状でHPのリンクを送ったが、定期的に見てもらえるとは思っていなかった。
10数年前の同窓会で会った時の彼の笑顔を、私は今、昨日のことのように思い出している。



朝から雨
    5月14日(水曜日)雨


朝から降っていた雨は、夕方になって雨脚が強くなった。
3時ごろまではなんともなかったが、出勤前ごろからに頭痛がしてきた。
薬を飲んでも一向に良くならず、それでも何とか午後の診療が終わった。
今週に入ってからは、外来患者数も少なく夜は殆ど定時(7時半)に終わる。

息子に食事を出しながら、頭痛がすると言えば「パソコンのやりすぎだわ!」と
言われてしまった。
ハイ、その通り^_^;…きょうはもう寝よう。



お土産
   5月13日(火曜日)曇り


友人のTが旅行のお土産を持ってきてくれた。
お土産は飛騨特有の絣模様の壁掛け物いれと羊羹だった。
気のおけない間柄ゆえの遠慮のなさで、壁掛けの方は、「使わないなぁ」と言えば、
彼女は「きっとそういうと思ったわ!」と笑う。
それで、柿羊羹だけをありがたく頂いた。
ちょうどバラを切って水揚げ中だったので、それとカーネーションを切って
持って行って貰った。
柿羊羹は、殆どが干し柿でできているような、高級なお菓子でとってもおいしかった。
ご馳走様でした。(*^-^*)



予想に反して晴れ
    5月12日(月曜日)晴れ


今日は1日傘マーク1つの雨の予報だったのに、窓の外はさわやかな風が吹いて
晴れ間も覗いている。
こんな日は早く帰って洗濯物を干したいなどと思ったが、生憎CFの当番に当たっていた。
それでも、午前の外来が少なかったのと、検査も早く終わったので嬉しい。

去年通販で購入したジャーマンアイリスが、素晴らしくきれいに咲いた。
香り花色共に、申し分なし(*^-^*)
早速写真を撮って、PCに画像を取り込んだ後、今まで撮りためてあった写真の整理を
少しだけした。



雨の日曜日
    5月11日(日曜日)雨


朝目が覚めたら10時半。
いつもの事だけど、日曜日の朝寝坊は本当に勿体無い。
生憎雨が降り出したので、掃除洗濯は後回しにして、ちょっとパソコンを。(^。^)
画像の編集をしたが、あんまり根を詰めると肩が凝ってくるので、気分転換に
掃除をして、おやつの時間。
去年植えたオクラホマ(バラ)がせっかく咲いたのに、雨に濡れると花びらが傷むので
傘を差しながら切って、いつものように水揚げをして花瓶に生けた。
この時期はどんどん咲く花を、咲いたそばから切っていくので、他所へ回してもまだ
家の中のどこに飾ろうという位、花でいっぱいだ。

今日は終日雨で、結局外の事は何一つできなかった。



貰ったデンドロ
     5月10日(土曜日)曇り


午前の診療が早く終わったので、昼食の後バラを切ってガスの火で焼いて水揚げした。
余分な葉を取り除いて、バラの棘を一つずつ丁寧に取っていくのに時間がかかるので、
時間がある時にしかやれない。
カーネーションは、2月に剪定をしなかったのが幸いして、母の日に間に合うように
花が咲いたので、こちらも切って花瓶に生けた。

その後昨日貰ったデンドロの株を、二つに分けて植え替えた。
根をほぐしてみると殆ど根ぐされしていて、植え込み材料を全て取り除くのに
結構時間がかかってしまった。
ちょうどいい鉢があったので、鉢底を大きくしようと金槌で叩いていたら、
鉢を割ってしまった。あ〜あ〜あ〜(-_-;)
仕方がないので、根も少ない事だし、う〜んと小さい鉢に植えてやった。
花は縁が淡いピンクで割と好きなので、何とか根付いてくれるといいのだけど。



減感作療法
    5月9日(金曜日)晴れ


久しぶりに注射に行ってきた。
行こうと思うと風邪気味で、今日こそは行こうと思いながら、ついついパソコンで遊んでしまって
出勤時間が来てしまう。
そんなこんなで、2ヶ月空いた。
もうちょっと真面目に行かなくては…。ヾ(_ _*)ハンセイ

クリニックの事務さんに花の終わったデンドロを、育てて欲しいと言われて喜んで
株を貰った。
殆どの花が終わっていたが、まだ一部頂点に残っていた花を見ると、淡いピンクで
中々に良い感じ。
明日早速植え替えなくては。\(^▽^)/



洋ランのページ更新
     5月8日(木曜日)雨のち曇り


午後から雨が上がったが、風が強くてせっかく伸びたポピーの株が横倒しに
なってしまった。
蕾をつけてるユリも頭を垂れてて、週末には支柱をしなければと思っている。

昨日午前2時過ぎまでどうにも寝付かれなくて、さすがに午後は眠い。
HPの更新をしようとパソコンに向かったが、立ち上げたまま眠ってしまった。
ホンの30分か1時間でいいからと思ったのに、2時間くらい寝てしまった。
もうすぐに夕方なので、食事の支度を済ませて、再度パソコンに。
何とか洋ランのページが一部出来上がったが、siteが違うのでリンクの挿入に
手間取った。
ページインデックスをトップページに表示させての構成上、ページのリンクが全て
OCNなので、どうにもURLを挿入できない。
あれこれ試した末に、ページのターゲットを全画面にして、URLを取得した後に
貼り付けたら上手くいった。
この間1時間くらい要しただろうか。
今日はもう寝ます。



健康診断
    5月7日(水曜日)雨


今日は朝から久しぶりに、まとまった雨が降っている。
年に1回の職員の健康診断ということで、職員同士でレントゲンや心電図のとりあいをした。
胸部写真は何とかなるとして、問題は心電図。
胸を見られるのがイヤとか何とか言いながら、それでも外来患者が少ない事もあって、
殆ど全員の検査が滞りなく終わった。
後は結果を待つばかり。



ラン鉢ゲット
   5月6日(火曜日)曇り


今日からいつもの毎日が始まる。
滑り出しは、それ程忙しくもなく、まぁまぁと言ったところ。
CFの当番に当たっていたが、それも30分ほどで終了とあって、大満足。

帰ってからは、カーネーションの挿し芽の写真をもう一度撮りなおして、切花を切って
湯上げのあと水につけてと忙しい。
夕食の準備をしているところに、宮崎に帰郷していた姉夫婦がお土産を持って帰ってきた。
宮崎の長姉が巻いてくれた灰汁巻きを、友人のTが大好きなのでそれを持って
午後の診療の後、夕食が終わってから行ってきた。
あたりは闇に包まれて真っ暗だというのに、部屋からもれる光を頼りに外に出してある
洋ランたちの品定め。
そうして、空いてる鉢はないかと聞けばあれこれと大小見繕って出してくれたが、
私は、形が気に入らないとか、色柄がイヤとか散々文句を言って、それでも気に入った鉢を
3鉢ゲットしてきた。y(^。^)y



HB101
   5月5日(月曜日)晴れ


午前中に掃除を済ませ、その間に主人が網戸を洗って立ててくれた。
3時ごろまでゆっくりしたが、その後カーネーションの挿し芽をしようと外に出た。
ポットに植えたカーネーションの挿し芽苗を、先に植えつけようと花壇を耕して、
プランター植えのフリージャーを抜いた後の土を、花壇に戻した後元肥育ちを入れて
植えつけた。
カーネーションは脇芽を折り取り、名札をつけて挿し芽をした。
HB101は、病害虫に強く植物の生育にもてきめんの効果があるとの、謳い文句で
もうずっと長い事使ってきたが、その効果の程が如何ほどの物か、正直な所全く解らない。
ただ、ないと不安なような気がして使用しているが、今回はその実験をしてみようと
思い立った。
一鉢はHB101を未使用で水だけで管理して、残りの鉢は通常通り挿し芽の土を
HB101の1000倍溶液で濡らして、挿し芽の後にもその溶液をたっぷりかける。
さぁ!この結果がどう出るか…とっても楽しみ!(^^♪
もし、使っても使わなくても同じ結果なら…(-_-;)



             
連休2日目
     5月4日(日曜日)晴れ


雲の間から日が射して、洋ランを直射日光に当てるのにちょうど良い。
午前中は暖房器具を片付けて、余った時間で草取りをした。
2時半ごろになると、日差しが強くなってきたので、いったん家の中に入り
カトレア(ナイスホリディー・サントピア)の株分けをした。
カトレアというのはどうしてこう根張りが良いのだろう。
ほふく茎の上に根がかぶさるように巻きついているので、どうやっても根を傷めてしまう。
でもこの花は生育が旺盛なので、多少の事では枯れる事はないだろう。

それから金のなる木も植え替えたが、植え込み材料を全部替えたのでどうなる事やら(-_-;)
多肉植物なればサボテンの土が良いだろうと、買っただけで今まで使いようのない土が
残っていたので、それを使うことにした。
鉢から引き抜いて、土を全部落とし根を洗って植え替えたが…。
もともと元気がなくて、根詰まりのせいかと思ったが良くわからない。
多分土を変えれば元気になるのではないかと期待はしているのだけど。

夕方にもう一度草取りをして、明日はきれいになったところに草押さえを張るつもり。
これで今年は、ずいぶん草取りの範囲が狭まり、楽になると思うと嬉しい。



映画『ボイス』
      5月3日(土曜日)晴れ


昨日の夜が遅かったので、目が覚めたら10時過ぎだった。
それからいつものように掃除洗濯を済ませて、ふと気が付くと午後1時半。
外はかんかん照りで、日差しも強い。
最高気温は28.3度まで上がって7月中旬の陽気だと、ニュースで言っていた。
余りに暑いので外の作業をする気にはならず、衣替えをする事にした。
部屋中に夏物と冬物をひっくり返して、一時は足の踏み場もないほどだったが
何とか片付いて、すっきりした。
明日は、暖房器具を片付けて、カトレアの株分けと金のなる木を植え替えよう。

映画『ボイス』を見た。
例によってjunkoさんも主人も恐いからイヤだといったので一人で行った。
この映画で女高生を演じた女優が将来を嘱望されながら、突然引退宣言をした後に
行方が知れないらしい。
又試写会で、気分が悪くなる人が出たり霊媒師が、誰かに霊がついているなどと
言い出したことから、オカルト性は益々取り沙汰されている。
故に、この映画の関係者は、お払いをして貰ったのだとか。
結果は…文句なしに恐かった〜〜〜。
日本の怪談の様な作りで、居るはずのない所からいきなり人影が現れたり
さまざまな怪奇現象を上手く組み合わせて、見る人の恐怖を極限まで持っていく。
表情の恐さ、怪奇現象の恐さ…そして何と言ってもそのストーリーが、
なるほどこの現象を生んでも不思議ではないと思わせる、組み立て方になっている。

物語は、何不自由なく暮らす、会社社長と美しい妻そして二人がこよなく愛する一人娘。
この夫婦が、将来住む予定の新築の家に、妻の親友をストーカーから匿った為に
様々な経験をすることになる。
親友の携帯電話に出たことから、娘の様子がおかしくなり、父親を一人の男性として愛し、
母親に嫉妬して…やがて憎み出し悪態をつきパニック症状を引き起こす。
親友は携帯電話の元の番号の持ち主(複数)の所在を突き止めるが、誰もが不思議な
死に方をしているか、もしくは行方不明になっている。
彼女自身も、何度も殺されかけたり耐えられないほどの恐怖に遭いながら、
一つの事実にたどり着く。
この現象の根底にあるものは、道ならぬ恋をした女高生の男への激しすぎる愛…怨念と
言い換えた方が良いほどの情念。
そして一見、幸せ以外の何物にも見えない妻の、悲しすぎるほどの心情…その結末は
察するに余りある。



HPの修正
    5月2日(金曜日)晴れ


明日から3連休だと思うと、とっても嬉しい。
HPはトップページにインデックスが付いているのだから、それをどのページでも
表示させておく方が良いとの指摘もあり、早速手直しをする事にした。
取り掛かる時間が遅かったので、終わったのは午前1時過ぎ。
パソコンにずっと向かっていると、いくら好きでもやっぱり疲れる。
頭の芯が痛くて、気分が悪くなるほどだ。
それでも、やっとファイルの転送が終わってホッとしている。



風薫る
  5月1日(木曜日)晴れ


今日から5月。
寒い寒いと言っていたのは、ついこの間のような気がするがもう5月。
吹く風もさわやかで、絶好の園芸日和だが、私は洋ラン用の化粧鉢を捜して
隣の市のホームセンターに行った。
地域のHCには、私の欲しい鉢がなくてわざわざ遠くまで出かけて行ったのに、
結局は徒労に終わってしまった。
色とりどりの春の花が所狭しと置いてあったが、特に気を引くものもなし。
スギナ枯らし薬剤と、日用品だけを買って帰ってきた。
洋ランを植えるための、4〜6号のちょうどいい深さのものや、縦長のラン鉢は最近
HCでは見当たらない。
化粧鉢でなければ各種大きさが揃っているし、化粧鉢であっても
形や色が気に入らないものならあるが、私が欲しいのはちょっと違う。
今度はTを誘って、花の観賞を兼ねて洋ランセンターまで行ってこようかなぁ。