今月の日記帳です

2003年7月1日〜


トップへ戻る>>先月の日記<<過去記事>>



掲示板の悪質な書き込み
      7月31日(木曜日)晴れ


きょうは午前中のみの診療と市健の最終日でもある事から、どれ程混雑するかと思ったが、
それ程でもなく診療は12時半には終わり、長かった市健もやっと終わった。
昼食の後、柳ヶ瀬まで買い物に出かけた。
いつものように、Sサイズの専門店に行き、馴染みのハウスマヌカンと雑談しながら
インナーと夏物セーターとジャケットをゲット。
その後デパートにも行き、ずいぶん長い時間見て歩いたので、疲れて足が棒のようになって
しまった。
なので、帰りは遅くなってしまいパソコンに向かう時間が中々取れず、用事を済ませて
やっと座ったら、午後11時前。

きのう掲示板に、フォント48で、死という文字が貼り付けてあった。
タグは無効にしてあるので、目にした感覚はそれ程インパクトは無いが、不愉快極まりない。
私がまだインターネット初心者だった頃、最初にその手の書き込みを目にしたときは、
とても落ち込んで一日中憂鬱で、片時も頭から離れなかった事を覚えている。
今回、即刻削除する事は簡単な事だが、最初にtacさんに対処法を教えてもらったとおり
その時からIPアドレスを確定できる掲示板に替えたので、ユーザーを特定したくて掲示板に
IPアドレスを表示しておいた。
H系サイトや商業サイトのURLを貼り付けるぐらいの悪戯なら、面白おかしくレスをつけたり
削除したりで見て見ぬ振りも出来るが、この手の書き込みは許せない。
Cafeのメンバーのガックンが、情報を集めてくれたので、tacさん始め他の皆さんの
ご意見に従って、ユーザー使用のサーバーに、本人に厳重に注意をして頂きたい旨の
メールを送った。
「この書き込みは私個人を特定した物とは考えにくいので、他にも被害に遭っている方が
いるかもしれませんので」と付け加えておいた。

そして今回も又、私が驚いたのはCafeのメンバーの暖かい励ましの言葉だった。
掲示板の常連さんはもとより、ガックンのお友達も気にかけてくれて、サーバーの
YRLまで調べてくれた。
前回同様に、とても感謝・感激でした。
皆様!ありがとう…ちょっとウルウル…です。



ジャーマンアイリス
    7月30日(水曜日)雨のち晴れ


午前中は土砂降りの雨の中、市健を受けに来る人が引きも切らず、合計23人。
午後もやっぱり多くて、昨日と同じ17人。
ある女性患者さんの採血をしていたら、「どのくらいで元に戻りますか?」と聞かれた。
採血された血液が勿体無いと言う。
「赤血球は1ヶ月(2ヶ月?忘れた(^^ゞ)程度で壊されますが、毎日新しく作られています。
献血なら200cc・400ccの場合もありますが、採血の量はその1/20程度です」と答えたが、
別にこっちが頼んで、採血しているわけでなし、血液検査でご自分の病気を見つけるために
やっているのだから、その血液が勿体無いなら何で検査を受けるの?」と聞きたかった。
しかも…貧血などあり得そうもない、血色の良い顔をして^_^;

午後も2時ごろから、漸く晴れ間が見えてきてやっと夏らしい陽気に…。
でも夕方には吹く風も爽やかで、まるで秋!
この分なら球根が、カビる事はないだろう。
それでも時々ひっくり返して、満遍なく光を当ててやったりする。(^^♪
取って置きのジャーマンアイリスが…懸念していた通り…軟腐病にかかってしまった。
今年1本だけ花が咲いたが、その後順調に株を増やして来年は4本は咲くと思われたのに、
葉がクタッと倒れていたので、見てみたら球根が腐ってどろどろ。
もう半分(2個)はまだ元気そうだったので、傷んだ球根だけを抜き取ってとりあえず他は
残して見た。
後の半分も抜きとって、球根を乾かして暫く様子を見てから、他の場所に植えてみよう。
ああ〜ぁあぁ〜あぁ〜(-_-;)



市健の追い込み
     7月29日(火曜日)くもりのち雨


日中は何とか雨が降らず、午後にはほんの少し雲が切れたりしたので、球根を外に出して
干して置いたら、訪ねてきた友人に、「皮を剥いた玉ねぎかと思った!」といわれた。
でも彼女が言う事に、玉ねぎだったらあんなに大事にスノコの上に干したりしないネ」
らしい…^_^;
この玉ねぎ…じゃなかった球根は、Cafeの友人に分けてあげる事になっているので、
配送の途中でカビが生えたりしないように、ことのほか大事に乾燥させなければと思っている。
午後の出勤前に全部テラスの下に取り込んで置いたのに、プランター2つ分がすこし離れて
置いてあったので、すっかり忘れて雨に当ててしまった。(-_-;)

午後の診療は、最近にない混雑で市健だけでも17人。
カルテを見ただけでもう、うんざり!
しかも先週がすごい混雑だったのに対して、診療が始まってすぐには、何人も来なかったので
やっと、最終日間近の混雑を予想して早めに来て頂ける様になったのかと、ホッと
安心したのもつかの間。
診療が始まって1時間もする頃に、続々と市健の人が訪れて来た。
午前中より1人少ない人数(午前のパートが1人)になるのに、他の処置も重なって大忙し。
検査センターの集配が大体7時半には来るが、診察が終わってからの採血ではとても
間に合わないので、通常の検査を済ませる前に、採血だけを先にして何とか帳尻を合わせた。
午後の診療でこれだけの人数の市健は、私が知っている限りでは、初めてのような気がする。
去年の今頃の日記で確かめてみたいがきょうはもう寝よう。
久しぶりに、勤務の終了が8時半を回ってしまったので、さすがに疲れた。



HTML言語のテキスト
     7月28日(月曜日)曇りのち雨


梅雨明け宣言をしたというのに、この曇り空はなんと言うこと?!
しかも明日も明後日も雨!(-_-;)
私は掘り上げた球根が乾かないばかりか、3日も雨が降り続けばカビが生えないかと心配。
水仙を掘り上げた時も雨ばっかりで往生したけど…勘弁してよ!と言う感じ。
球根をひっくり返したり雨の当たらない場所に移動したり…お願いだから上手く乾燥してネ
と祈りつつ…。m(_ _)m

私のHPの師匠のカールおじさんに、そろそろHTML言語の習得をと勧められた。
今までにも、わけも分からずにソースを開いてみたりしていたので、全く馴染みがないわけ
ではないので、早速書店に行ってテキストを3冊購入した。
1冊はHTML言語の全般を・後の2冊は上下巻で、HPの成り立ちを説明した超初心者用。
この超初心者用は中々に分かりやすく、楽しく…はないが^_^;…何とかなりそう。
私もそろそろ漫画を卒業しようと思った次第。
漫画と言えども、歴史あり人生あり…下手なテレビドラマよりよっぽど泣かせる物もありの、
大人が読んでも退屈しない物だがこれも読み出すとキリがないので、そろそろ冊数を
一月2~3冊に絞って行こうと考えた。
レディースコミックと呼ばれる物は、特にH系が多いように思われるがそういった物を
全く掲載しない雑誌もあり、漢字に振り仮名がうってあるわけでもないので、それ程低俗な
ものではないと私は思っている。
けれども、同じ時間を使うなら、他にもっと読まなければならない本があると思うようになった。

主人が今まで使っていたパソコンは、要らなくなったので友人に上げる約束をした。
Win98だけどそれでも良いというので、きょう付属品を整えてリカバリーCDを入れた。
もっと時間がかかるかと思ったけど、短時間であっさり、リカバリ出来てしまった。
なぜかセットアップ画面が表示されたので、そのままにして終了する事も出来ず
セットアップも完了させて渡す事にした。^_^;



球根掘り上げ
    7月27日(日曜日)晴れ


朝から晴れていたが、風が吹いてしのぎやすい一日だった。
午前中に山ほどの洗濯物をして、午後は花の消毒をしようと思ったが、いつも予定を
立てるばかりで結局出来ず仕舞い。
遅い昼食の後とても眠かったので、ちょっとだけと思ったが何時の間にやら高いびき…を
かくかどうかは…知らない…多分かかないと思うが…(^^ゞ
気が付いたら、もう4時前。
おやつを食べて、そろそろ日差しが陰ってきたので、庭に出た。
数年植えっぱなしで去年はよく花が咲いたが、植え付け場所を変えようとぺラドンナりリーを
掘り上げてみたら、まぁ!びっくり! ワオ w(°o°;)w
どこにこんなに沢山の球根が植わっていたの!と言うくらいに増えて嬉しい悲鳴。
子球も外して丁寧に水洗いをして、陰干しにするべくスノコの板に並べて置いた。
それから、ゴミを燃やしながら、庭の周りののゴミなども拾って入れた
やっと終わる頃には、すっかり暗くなってしまったが、今は日が暮れるのが遅いので
ホンッとに助かる。(ノ^ー^)ノ☆パチパチ
家の中に入ってみれば、もう7時半!
それから夕食・お風呂を済ませて、パソコンの前に向かったらいつもの時間になってしまった。
きょうも12時を回ってしまった。もう寝よう。(-。-)y-゜゜゜オヤスミ



梅雨明け宣言
     7月26日(土曜日)晴れ


待ちに待った梅雨明け宣言。
梅雨が明けると同時に日差しが強くて、私は午前の診療が終わったら慌てて家に帰った。
温室の屋根のブラインドの、日照の差込具合を調整した後、デンドロをシンビと同じ
遮光下に置きその後、友人と『カニのふるた』で食事をした。
きょうは、ズワイの刺身とタラバのステーキ、それにカニの太巻きを頼んでカニ三昧(^^♪

夜には、主人と『踊る大捜査線』を見た。
私達は上映時間の1時間前に切符を買ったので、全席指定で後ろの席に座れたが
2週目だというのに、館内は前の席までいっぱいだった。
夏休みなので子供連れも多く、20時15分の上映に小学生も大勢いた。
2回目なのでどうかな?と思っていたが、初めて見るように新鮮で、ストーリーが分かって
いるにもかかわらず、すっかり引き込まれて身じろぎもせず(笑)に見てしまった。
前回と同じところで笑い、同じところで泣いた。
私が女性蔑視?と聞いたら、主人は室井監事官の若い頃に、女性指揮官を重ねている
のだと言った。
前作の室井監事官がやった事を女性指揮官を使って見せ、指揮を交代する事で、彼の
現在の成長を見せたのだと言う。
面白かったけど、事の顛末をさらりと流した映画だという。
それってどういう意味?と聞けば「派手なアクションがあるわけで無し、何かを掘り下げて
見せるわけで無し」と言う。
「だってテーマはちゃんとある!あれもこれも」云々…と食い下がれば、「踊る大捜査線は、
パート1から引き継いで、そういう映画だよ」と言う。
もう1つ・私が疑問に思ったこと、きょう見て確信した事を主人に聞いたらあっさり「そうだ」と
答えた。
極めつけは「お前は、(織田裕二に)特別な思い入れがあるから」…だってサ(-_-;)
男と女では、1つの映画でもずいぶん見方が違うと思うし、私が疑問に思うことを結構
分かって見ているので、主人と映画を見た後は、感想を聞くのが楽しみだ。



母子の会話から
     7月25日(金曜日)晴れのちくもり


梅雨明け宣言間近な、今日この頃
東海地方の梅雨明け宣言は未だ聞かれないが、昼過ぎから涼しい風が吹き、夕方には
秋風と間違うほどの爽やかな涼しさ。
夜・開け放った窓から入ってくる風は、肌を刺すような冷たさだが、梅雨が明ければ猛暑が
戻ってくるとラジオで言っていた。
市健のほうは、午前中はそれ程でもなかったが、午後には昨日と同じくらいの人数。
でもそれも、後1週間で終わりになる。
もう一踏ん張りというところ。

息子が遅い時間に帰ってきた。
食事を出しながら、ボーナスはまだ?の話から、「私宮崎に帰るんだけどお小遣いの
少しぐらい、くれると嬉しいわネ」と言ってみた。
息子はなんだかんだと文句を言いながら、結局旅費ぐらいなら…と片手を出してくれた。
別に旅費に困っているわけではないが、くれると言うその心根が嬉しい。(^^♪
半分脅してせしめたような感も、無きにしも非ず…(^^ゞ



  
HP更新
  7月24日(木曜日)曇りのち晴れ


朝の内雨が降っていたが、午後にはすっかり晴れた。
昼食の後、ホームセンタに行って、猫缶や洗剤・その他の物を買い込んで来た。
HPは、いつから取り掛かっていたのか…やっとの事で、きょう更新できた。
明日から何をやろうかなぁ…(^^♪



きょうの失態
     7月23日(水曜日)雨


どんなに忙しくても、私達が命(…まではかけないが(^^ゞ)…死守している物に、暗黙の内に
出来上がった10時の休憩がある。
2人ずつ15分の休憩だが、このホッとするひと時が何よりの楽しみで…。
朝の内に沸かして冷ましておいた4人分のコーヒーを、マイカップを3つ並べて(このカップ
私が並べておいた物)junkoさんが注ぎ分けていたので、思い出して引き返し
院長のカップを持って来たら、時すでに遅し!
junkoさんは3つのカップに、なみなみにコーヒーを注ぎ、私達は顔を見合わせて爆笑した。
院長を忘れた事がなぜこんなにおかしいかは…きっと他の人にはわからないだろう。
(ご想像にお任せ)
「だからぁ!きょうは、なんだかコーヒーが沢山あって嬉しいなぁと、思っていたのよ。」と
junkoさん。
3つの内の1つはSさんの分(後の2人は紅茶)…それを冷蔵庫に置いてきて、
「これって、どこに氷を入れるスペースがあるのよ」と言いながら、こぼさないように
そ〜ぅっと氷を入れたが、やっぱり思ったとおり!
表面張力を起こさないばかりのコーヒー。(^^♪
頂き物の個包装のケーキがあったので、バームクーヘンとマドレーヌを手に取って
「どっちにする?」と聞いたら、junkoさんが「私はこれを食べる」と言って手にした胡桃入
ケーキ。
一瞬考えて、「それパサパサして美味しくないよ」と言った時にはもう、包装を破った後。
「どうしてもっと早く言わないの!」と叱られて…やっぱり美味しくなかったらしいf(^〜^;)
やる事なす事ワンテンポ遅れる、その間合いがおかしくて笑い、
「きょうの、日記に書いておこう」と私がボソッと言ったので、またまた爆笑!
そんなこんなで、あっという間に15分が過ぎた。
勤務中に…休憩とはいえ誰に許可された物でもなく、こんなに楽しくて良いのだろうか(^^ゞ

午後2時15分に歯科治療の予約がしてあったので、土砂降りの雨の中、
先週忘れていたのできょうは槍が降っても行かなくてはと、勇んで出かけたが待合室は
珍しくいっぱいの人。聞いたら私の前に、3人ほど待っていると言う。
「それなら、来週・出直します」と、帰ってきてしまった。
患者が居ないと「大丈夫かしら?」と心配になるが、だからと言って、自分の治療は
待たずにして貰いたいわけで…そこが気に入ってる理由でもあることだし(^^ゞ
待てないのは、それ程差し迫った治療でもないからなのだが…。

午後の市健は10人ほど。
市健は午前中に集中するので、午後はせいぜい4〜5人といったところだが、
さすがに追い込みとあって、今までで最高の人数だった。
市健以外の処置も多く、午前中と見まごう程にカルテが並んだが、診療の終わりは
7時40分頃と、上々の出来だった。



きょうの失言
    7月22日(火曜日)晴れ


検査の予約を入れる時、患者さんに「金曜日って何曜日?」と聞いたら「金曜日は金曜日だよ」
と、言われた。
変な事を言う人だなぁと思ったけど、よく考えたら私の質問が悪かった。^_^;
気が付いて二人で爆笑していたら、junkoさんもそれを見て、つられ笑いをしたので
益々おかしくて、しばし笑が止まらない。
junkoさんの言う事に、「きっと変な看護婦さん!って思われてるよ」だって…。
良いんだ!「笑う門には福が来る」…と思う事にしよう(-_-;)



休日出勤…海の日
   7月21日(月曜日)晴れ時々くもり


診療所で持ち回りの休日当番のきょうは、大体1年に1回の休日出勤の日。
8時半から、院長の友人のH医師のGF(胃カメラ内視鏡検査)が入っていたので、
8時には出勤した。
junkoさんはGFの応援で朝の内出勤してきたが、午前中は発熱や嘔吐の患者が
引きも切らなかったので、11時ごろまで手伝ってくれた。
受付の若いAさんは、カルテの作成から投薬・料金の計算・受け取りまで1人でやらなければ
ならず、何から手をつけて良いか、わからないような忙しさだ。
手伝ってやりたいが、畑違いの事で全く役に立たず…彼女はお昼ご飯もそこそこに、
午後の患者が来て応対に追われていた。
ところがその午後一番の患者の後は、さっぱりで3時ごろまで誰一人として訪れる人も無し。
そろそろ帰り支度をしようかという頃に、3〜4人がまとまって来て、時間外の点滴が1人。
結局終わったのは4時20分ごろ(通常9時〜16時)だった。

帰ってから、昨日のコチョウランを3鉢植え替えて…上手く育てばこの内2鉢は大阪行きだが、
棚の最上段の、直射日光を遮る場所にはもう置く場所がなく、下段に棚を設置して
他の何点かと一緒に置く事にした。
夕方は炭火焼の『たいげん』に久しぶりに主人と歩いて出かけた。
「新しいパソコンは、開いてないのネ」と聞いたら、私のデジカメで釣堀の写真を撮ってから、
ホームページの作成にかかると言う。
「え〜っ(*_*;!?Seiitiのカメラ(私が以前使っていた(FinePix4700z)を使ってよ」と言ったら、
私のデジカメが良いのだという。
「絶対落とさないでネ!ちゃんと首からかけてヨ」と、言えば三脚も持っていくというから、
「落とさないようにしっかり固定してよネ」と念を押したら、「三脚の使い方も知らないくせに!」
と、大いに顰蹙を買ってしまった。^_^;
私は笑いながら、「魚臭くしないでよ」と駄目押し…でも一向に堪える風もなくやっぱり
釣堀に持っていくらしい…。
そりゃ…まぁ・殆ど私専用だけど「使いたい」と言われれば「イヤ」とは言えない…わなぁ(-_-;)



コチョウラン
   7月20日(日曜日)雨時々晴れ


晴れていたので、カーネーションの植え付けをしようと思っていたら、急に雨が降り出して、
雷までも鳴っている。
そろそろ、うっとうしかった梅雨も明けるのだろうか?
今年の梅雨は雨ばっかりで、今後の洋ランたちの生育が気になるところだ。
デンドロの中には、葉の先が黒くなっている物もある…大事には至らないと思うが。

夏咲きのミニミニコチョウランを、グリーンセンター(農協の園芸店)の仕入れのお兄さんに
頼んであったところ、返事が来たので早速貰いに行って来た。
花を見ると私が頼んだ物とは違っていたが、せっかく仕入れてもらったので、頂く事にした。
帰り際に棚の下に置いてあった、花の終わったコチョウランを見つけた。
せっかくの新葉をナメクジに食べられた後が見えるので、「このままだったら株が駄目に
なっちゃうよ。こんなに水をやったら根ぐされしちゃうわ」と言ったら、「どうせ駄目になるのなら
面倒を見てください」と売れ残りの3鉢とも貰ってきた。
黄色のミニコチョウランで「当初は良く売れたので、喜んで追加仕入れをしたら残って
しまった」と言う。
「最初980円売りだったのを、380円まで値段を下げたのに、売れなかった」と嘆く。
生ものを扱うつらさを、まだ新米の彼はこれからも経験していくのだろう。
私が買ったコチョウランは、3鉢の寄せ植えになっているが、私は似たような色を
持っているので、一鉢は友人Tに上げたが、後の一鉢は植え替えて、大阪に送る予定(^^♪
明日は、日直なのできょうは夜更かしせずに早く寝よう。



映画『踊る大捜査線』
     7月19日(土曜日)雨時々くもり


息子が、紀州南高梅干しの箱入りを貰ってきた。
大粒で口に入れると、甘酸っぱくてデリシャス…最高!(^^♪
「どちらかを選んでと言われたから、蜂蜜入りを貰ってきた」と言う。
「お母さん、甘い方が好きでしょう?」とグッとくる一言!
見てないようで結構見ている…この心遣いが嬉しい。

映画はjunkoさんと見た。
きょうロードショー公開で混雑が予想されるので、早めに行ってjunkoさんが切符を
購入してくれたのが、開始時間の1時間15分くらい前。
なのにもう、完全指定席で前から2列目しか、空いていなかったらしい。
もう少し遅れたら、20時開演の映画は見られなくなるところだった。
junkoさん感謝です。m(__)m
食事が終わって映画が始まるまでの時間、レインボーモールでウィンドウショッピング。
赤のチェック柄で、シャツカラーのブラウス。
前立てを胸元で交差するようにねじったデザインも、柄もとても気に入って、
私が「これ良いネ!」と言えば、junkoさんが言う事に…
「大阪や東京に行くわけじゃなくて、九州に行くんだから、そんな派手な服・笑われるよ!
もっと黒っぽい地味なのでなきゃ」だって。
これには今度は私が笑った。「あのネェ!それって九州の人に失礼だよ。どんな田舎だと
思ってるのよ!モンペ着て歩いているわけじゃないんだから、赤ぐらい着るよ」と反論して
二人で通路を歩きながら、しばし爆笑した。

映画は文句なしに面白かった。もう最高!しびれるっ!!
プロローグは、随所にユーモアがあって、涙を流して笑い転げた。
ストーリーは、会社役員連続殺人事件の犯人逮捕に向けて湾岸署員と、本部から
送り込まれた捜査官とが協力して、事件を解決するというお定まりのものだが、
今回は本部の捜査指揮官が、室井警視官(柳葉)でなく初の女性警視官。
この女性指揮官は、マスコミに『女性指揮官あり』との宣伝の為に、本部から送り込まれて
きた。
所轄の人間を人間として扱わず、その横柄な態度は見ていて腹立たしい。
犯人グループのリーダーを持たない横の繋がり…同じ目的に向かってはいるが、
決して誰にも命令される事のない、個々の判断に於ける個別の犯行…一見ばらばらで、
意図するものや犯人像が見えてこない。
一方上司の命令には、それが黒とわかっていても、絶対に逆らえない…組織という名の
がんじがらめの縦の繋がりとが、真っ向から対決する。
お台場が、一望できる監視カメラの設置室。
ネゴシエーター(心理捜査官?)の犯人分析などは、見ていてため息が出る程鮮やか。
キャリヤとノンキャリアの対決…事件の解決には、どちらが有利?!
文明の利器とキャリアの頭脳が勝つか、はたまた地域に密着した湾岸署員の知恵と足が
勝つか!
女性指揮官の判断ミスで、所轄の1人が犯人の凶弾に倒れ致命傷を負い、指揮官は
室井にとって替わる。
何か事が起きなければ、対応できない警察への風刺。お役所仕事への嘲笑。
女性捜査官の失態は、男性社会の女性蔑視に見えなくもないが、「居るんだよなぁ!
あんな奴」…と、思ってしまうんだよネェ…(-_-;)
和久指導員(いかりや長介)の無念の涙…権力への抗い難い口惜しさが、胸に迫る。
青島巡査部長(勿論織田裕二)とすみれちゃん(深津絵里)の、友達以上恋人未満の
微妙な関係も、じれったくてちょっと好い。
映画を見ている間中、私は泣いたり笑ったりで忙しい。
ただの娯楽映画と思っていたが、思った以上に素晴らしく…本当に素晴らしく…しばし興奮。
織田裕二は言うに及ばず、他のキャストもそれぞれに光っていた。
いかりや長介しかり。ユースケ・サンタマリアもしかり。
柳葉敏郎は物語の要であり、、深津絵里の利発さが好き!
しかも、食い意地が張っているのが、何ともかわいい。
女性捜査官(真矢みき)は、美しかった。
指揮官を下ろされた時の、彼女の不敵な笑顔は何を意味するのだろうか…。
指揮を全うできなかった事への口惜しさか、大任から解放された安堵感か…
特筆すべきは他にもある。
退官間際のキャリヤ(神山繁)と和久指導員が、自分達が果たしえなかった夢を
室井と青島に託していく事で、希望の火が受け継がれていく事を実感させる。
世の中まだまだ捨てたもんじゃないと、心が温かくなる。
この映画を、ただの娯楽ではない社会風刺の効いた最高傑作だと思うのは、
ファンである私の、織田裕二への思い入れだけだろうか…。



インターネット
  7月18日(金曜日)くもり


ここ暫くデジカメの操作について、CafeのメンバーのCOSさんに色々と教えを乞うている。
その前は、tacさんやカールさんにパソコンの操作を教えてもらい、HPを習いデジカメの
画素数と画像の編集を習った。
私は居ながらにして、それらの知識を得る事が出来るのだ。
これこそが、インターネットの醍醐味なのだと思う。
私はマニュアルを読むのが好きで、何かを始めるときは必ず参考書を買ってくるが、
Q&Aなら、マニュアルだけでは理解し切れない事柄がいとも簡単に、頭の中に入ってくる。
今デジカメの、絞りやシャッタースピード・露出について習っているところ。
各種多機能備えた私のデジカメを、オート撮影のみで使っていた勿体無さは
まさに宝の持ち腐れと言ったところ。
マニュアル撮影を触発してくれたtacさん、デジカメについての詳しい説明を懇切丁寧に
教えてくれるCOSさんに、感謝です。m(__)m
加えてカールさんへの感謝は、折に触れて思い出し、決して忘れてはならないと思っている。

そろそろ市健(市の成人(40歳以上)健康診査)も追い込みに入る頃で、
きょうは午前中だけで23人、午後も合わせると30人弱あったのではないだろうか。
さすがにやってもやっても、減らないカルテの数に半ばうんざりしながら…それでも
通常の診察と検査の予約はいつもどおりで、座る暇もない忙しさ。
しかもきょうは、CF(大腸内視鏡検査)の当番に当たっていた。
患者は、過去に何度も検査とポリペクを繰り返し、今回も1cm程度のポリープがあれば、
ポリペク(ポリープ切除術)の予定だったが、小さいポリープが2つ並んであっただけ。
こちらは、生検(組織検査…組織の一部を鉗子でつかみ取る)であっさり終わった。
盲腸まで行き着く時間も短かかったので、早く終わってラッキーy(^。^)y
毎度時間のかかり過ぎることで、魔の2番と名づけた私とjunkoさんのコンビだったが、
前回からやっと、2番(ローテーション)の恐怖の時間も払拭されたような気配だ。



午後から大忙し
    7月17日(木曜日)くもりのち晴れ


午前の診療が長引いて、終わったのは1時過ぎ。
午前中は曇っていたので、昼間の内にバラの消毒をしようと、切らしていたランネート水和剤
を、買いに行った。
昼食を済ませる頃には日が照ってきたので、先にクリーニング店に毛布を持って行き、
その足で、布団とランジェリーの店に行った。
あれこれと物色しながらおしゃべりをして、1時間ぐらい時間を費やして帰ってきた。
日が翳ってから、役に立たないバラの枝を切り落として、漸く消毒をする事が出来た。
ランネート・ミラネシン・ダイセン・サプロール・トリガードの混合液を散布。
この1ヶ月の雨続きで、カーネーションもバラも、茎や葉を虫に食われて、悲惨な有様だ。
挿し芽のカーネーションもなにやら怪しい。
この日曜日には、何とかしなくては…。
その後、花壇のカーネーションの根元の草を引いている内に、あたりが薄暗くなってきた。
やっとの事で、予定の場所の草取りが終わった時には、7時半。
それでも、気になっていたバラの消毒が出来たので一安心だ。y(^。^)y



忘れてたっ!(>_<)
    7月16日(水曜日)晴れ


昨日よりも良く晴れて暑い一日。
12時半過ぎに診療が終わったので、帰ってすぐに昼食もとらずに、布団を干してシーツの
洗濯をした。
その後、ピンクカサブランカが素敵に咲いていたので、三脚を立ててデジカメ撮影。
それからやっとのことで昼食をとったのは、1時をとっくに過ぎた頃。
夕食の支度をしにかかったのは、もう2時半ごろ。
そして突然思い出した!今日は歯科治療に行く日だった。
2時の予約時間はとっくに過ぎてしまったし…どうしよう?
すぐに電話をして、予約を取り直したが…歯医者さんm(*_ _)mゴメンナサイ♪。



久しぶりの快晴
    7月15日(火曜日)晴れ


朝6時に目が覚めた。
いつもなら(目覚ましは6時半にセットしてあるが)7時ちょっと前までもう一眠りするところ。
窓の外を見ると、太陽がさんさんと照っている。
しばし考えて…やっぱり起きようと布団を跳ね除けて、起き出した。
それから、雨宿りのために庇の下に置いてあった洋ランを、寒冷紗の棚の上に運び出し、
洗濯機を回して、グラジオラスを切って水につけた。
ふと気が付くともう7時。
沢山の洗濯物を干して、出勤時間はなぜかいつもより5分遅くなってしまった。
でも、久しぶりのお天気がとっても嬉しい!y(^。^)y



昨日は…
   7月14日(月曜日)雨のちくもり


前の晩遅かったけど、8時半には起きて掃除洗濯を山ほどしたのに、昼から雨が降り出した。
かなり強い雨脚で…バラにホソオビアシブトクチバの幼虫がついているので、消毒をしようと
計画していたが、これも出来ず仕舞い。
仕方がないので、コチョウランを2鉢植え替えた。
ファンシーポット植えのコチョウラン、根が上に伸びてくるし茎がぐらぐらするので、鉢から
抜いてみたら、去年の根は見事なほどにただの1本も根ぐされはしていないが…
新根が脇から出て生長しているようにも見えない。
生長していれば、鉢の脇に根が張り付いて縦横無尽に増えていくはずだが、まるで
休眠状態なのだ。
これでは役に立たないので、茎の上のほうに新根が出ているのを幸いに、
古い根を全て切り捨てて化粧鉢に植え替えた。
結局ファンシーポットに植えて成績が良かったのは、赤紫の枝咲きの1株だけ。
使用済みのポットはこの先、使う予定もないので燃えるごみに出す事にした。
未使用であってもこの先使いたくはない!Σ(-"-;)
ベラボンは二重丸だけど、ファンシーポットは失敗だったなぁ。

それからデジカメのマニュアル撮影をするべく、オンシジュームにて夕方に挑戦。
出来上がった写真を見たら、真っ暗!私の頭は真っ白!W(`0`)WOh My God!!
取り説片手に色々設定を見直して、再度挑戦…結果は同じ。
肩は凝るし頭も痛くなってきた。
時間は9時半…インターネットをやる元気もなくて、早々に布団に入って寝てしまった。

そしてきょう、またまたデジカメを引っ張り出して、あれこれ設定していたらフリーズした。
エ?デジカメってフリーズするの?( ̄〜 ̄;)??
電源を切ることも出来ない。
仕方がないので、電池を抜いて新しい電池を入れたら直った。
デジカメの設定をいじりだすと、決まって頭が痛くなる。
しかも時間ばっかりかかって、他の事が何も出来なくなる。
でも、蛍光灯の光だけでストロボを使わずにマクロ撮影が出来るなら、絶対マスターしたい
技法ではある。でもきょうはもうお終い。

日記を書いて…その後メールを書いてもう寝よう。
おやすみなさい。



映画『バトルロワイヤル2』
      7月12日(土曜日)くもりのち晴れ


昼前から雲が切れて晴れ間が見えてきたが、友人と食事の約束があったので
出かけることにした。
午前の診療は1時頃までかかって遅くなってしまったが、それでもどうしても
やりたい事があって一旦家に帰った。
軒先に非難していた洋ランを、全て日の当たる場所に出してやらなければ気が気でない。
この雨の多い時期、少しの晴れまでも日光に当てて鉢を乾かしてやりたいし、
台の上に置いて風通しも良くしたい。
食事の後は例によって、ちょいと遊技場へ。
収支はマイナス…とりあえず予定通りというところ。

7時ごろ主人が「映画を見に行こう」と誘って来た。
私は見たい映画もなかったが、すでにビールを飲んでも居るし、映画館でもビールを
飲みながら見たいので、私を連れて行きたいのだ。
それならと付き合うことにしたが、BRUなど若い人の見る映画だと思っていた私は、
見たくもなかったが、他に見たい映画が何一つないので、じゃぁそれを見ようと言う事にした。
ところが…である。

親に見捨てられた落ちこぼれの42人の生徒達は、高校卒業前の思い出作りにと嬉々として
バスに乗っていたが、行き着いた先はさながら地獄絵を見るようだ。
檻の中に入れられて、「テロリストのトップ七原秋也を殺せば、ゲームが終わる」という戦争を
「3日間で完遂すべき」と強要される。
42人の誰一人として戦争に参加したい者は居ないが、首輪をつけられて制御される。
その残忍さ非情さには、目を覆うものがあり親に捨てられた上に、世の中からも
捨てられようとしている理不尽に、抗うすべもない彼らの口惜しさが、ひしひしと伝わってくる。
戦争の経験もないままに弾薬が飛んでくる中を、敵地に乗り込む生徒達。
なすすべもないままに打たれて殺され…同じ出席番号の男女のどちらかが死ねば
もう片方の首輪もタイムアウトで爆発する。
それをコンピューター制御室で、まるでゲームを操るように楽しむ教官。
僅か10数名の生き残った生徒達は、やっと七原秋也(藤原達也)にたどり着く。
ぼろをまとって無数のロウソクの前にうずくまる七原を見たときに、彼の背負うものの
大きさが、その目その姿だけで一瞬にして理解できて、切なく胸が締め付けられる。
なぜ罪もない生徒達と戦わなければならないのか、なぜ仲間達は死ななければ
ならなかったのか…彼の苦悩は今この時も続いているのだ。
一方親に捨てられ世間に抹殺された学生達は、過酷な状況の中で次第に友情の絆を
深めていく。
自分達の本当の敵が誰なのかに気づき、多勢に無勢の戦争を繰り広げ、1人また1人と
命の火を消していく。
その時々の仲間との別れ・友情の確認・そして仲間を守るために自ら死にいく者の潔さ。
親にさえ疎まれた彼らの最後のよりどころは、友が自分を忘れないで居てくれる事だった。
人と人とが殺しあう戦争の不毛さと絶望を、この映画は言いたかったのだろうか。

ただの娯楽映画でフィクションだと思ってしまえば、真剣に考えるのは余りに
馬鹿げているが…それでも私は、自分の手に負えないからと、他人の手に委ねてしまう
親の無責任に無性に腹立ちを感じてしまう。
彼らは、落ちこぼれだからと言って、なぜこのような過酷な運命を強いられるのか。
「世の中は勝ち組と負け組みしか居ない」と豪語する教官もまた、上司の命令に
逆らえないわけがあるのだ。
そもそも何をもって、落ちこぼれが決まるのか。
落ちこぼれなるものがあるとすれば、それを作った親と社会に責任はないのか。
捨て駒にされた少年少女の命は、あまりに理不尽で許しがたい。



マウスストーカー
     7月11日(金曜日)雨


HPに使いたくて、マウスストーカーのソースをCafeのメンバーのガックンに送ってもらったが
画像のURLを変更して挿入してみても、エラーが出て正常に作動しない。
マウスストーカーにも色々あって、1行で済むものからパソコンの画面いっぱいのソースを
使う物まで様々だ。
ガックンが送ってくれたソースも、その類で見ただけでは、何がなんだかサッパリ分からない。
やはり人に貰って楽をしようとするのがいけないのだと思い直し、HTMLメールの雛形の
サイトから、マウスストーカーのタグを提供しているサイトを捜して、かなりの時間を遊んで
しまった。
とりあえず使えそうなものをダウンロードして、編集は後でゆっくりやろう。
最近、昼休憩にパソコンを開く時間が取れないので、きょうは、それ以外の事は何も
出来ずに終わってしまった。



鼻かぜの次は(-_-;)
      7月10日(木曜日)雨時々くもり


鼻かぜに始まって咳・痰までのフルコースで終わった私の風邪は、やっと昨日の夕食後から
風邪薬の内服をやめた。
ところが…である!
せっかくの半休だと言うのに、胃腸風邪と言うデザートのオマケがついて、今日も体調不良。
昨日の夜中に変な腹痛があったが、嘔気・嘔吐はなく今朝は下へ下ったので、まず
大したことにはならないだろうと思っていた。
午前中はローテーションで2時間の診察介助。
胃カメラやエコーの時間をぬってトイレに駆け込んで急を凌いでいたが、介助の間中
じっと立っているのが次第につらくなってきた。
額には冷や汗が滲み背中からお尻まで、じっとりと貼り付くような汗の感覚と体の熱感は、
交代までの10分間が待てずに、介助を代わってもらった。
少し横になっていたら、次第に治まってきたので業務に戻ったが、junkoさんが気にして
カルテを出してくれたので、受診して点滴を打ってもらった。
午前の外来はそれ程多くはなかったので、12時ちょっとすぎには終わった。
先に下に出てしまったので、いつもほどつらくはなく、食欲はあったので軽く昼食を摂った。
それでもからだのだるさは、相変わらずなので薬を飲んで、昼からぐだぐと夕方まで
寝てしまった。
テレビを見ていても半分夢の中。声だけが頭の中をこだましている。今日は、
雨も降ることだしHPの最終仕上げをするつもりでいたのに、結局何にも出来ず仕舞い。
おかげで体調は、まだ少しだるい事を覗けば、殆ど元に戻ったようだ。
今日は、早く寝よう。



週間天気予報
     7月9日(水曜日)雨


朝・新聞の週間天気予報欄を見ると、今日から来週の火曜日まで傘マーク一色の
雨の予報(;一_一)
今まで我慢に我慢を重ねて…というより面倒で、そのうち晴れるだろうとの希望的観測から
外に出しっぱなしのシンビジューム他・洋ランたち。
さすがにこれ以上雨が降っては、植え込み材料が乾く暇もなく、根ぐされや病気の
心配もあり、屋根の下に移動する事にした。
それでも沢山の鉢をテラスの下に運ぶには、お天気の良い日にまた移動する手間を
考えると面倒で、玄関脇のひさしの下に並べて置いた。
多少の雨は降り込むかもしれないが、背に腹は変えられない。

私が使っている通販化粧品の、4ヶ月コースでセット購入の勧誘の電話があった。
どの道必要なものだから、まとめて買っても損は無し「良いですよ」と返事をしたのだが、
その説明の煩わしい事!
「4ヶ月コースならこれこれの得点があり、8ヶ月ですとこれこれ…」と出勤前の忙しい時間に
喋りだすので、「私は8ヶ月コースは考えていないので、4ヶ月についての説明と品数を
教えてください」とはっきり言った。
それではと説明を始めたがまた、8ヶ月コースについての話を蒸し返す。
私も再度同じ言葉を繰り返し、時間がないのでと伝えたが、まぁどうしてあんな立て板に水の
ごとく、こちらの意向を無視して喋るのだろうと腹が立ってきた。
私が8ヶ月コースを考えていない以上、どんな得点があっても聞くだけ無駄だし
迷っているわけではなく、はっきりそう言っているのだからそちらに徹して簡潔明瞭に
説明して欲しいと思う。



シンビジュームゲット
     7月8日(火曜日)雨のち晴れ


今年の春から待合室に飾ってあったシンビジューム。
花のあるうち、せっせと水遣りの世話をした。
待合室の花物は院長の母上が管理しているが、いつからか(暗黙の了解で)洋ラン類の
世話は私に任せてくれるようになった。
患者さんの中には、処置の合間をぬって水遣りをしている私を見て、洋ランの管理を
聞いてくる人もいる。
世話の甲斐あって、花が終わった株はこれもまた、お約束のように私にお鉢が回ってくる
のだが…y(^。^)y
さて困った。どうしよう?うー o(´^`)o
花はピンクなのだが、すっきりと透明なピンクと言うわけでもなく、一本の茎に蜜に咲いて
…美しいとも美しくないともいえない…微妙な感じ。
私ははっきりした色が好きなので、花が咲いている内から迷っては、いた。
が・しかし!気に入らない花だからといって、世話をおろそかにすれば次からお鉢を貰えない
可能性もあるので、そこはそれ上手くやっているわけで…(^^ゞ
そうして、お鉢を貰ってはみたが、育てる気持ちにはなれない。
大阪に送るには、如何にも株が大きすぎる!これでは入る箱もないだろう。
で・花友のTさんに電話した。
「花の終わったシンビジュームいらない?」と聞けば、即座に「要る!\(^▽^)/」と言う返事。
「私要らないからさぁ」と言ったら、電話の向こうで意味深に笑う。
「何がおかしいの?」と聞いても彼女は笑っているだけ…。
ハイハイ(-_-;)長い付き合いだから、彼女が何を思っているのか大体分かる。
ピンクだからと言って、多分私の私の好きな色じゃないだろう事を、彼女は先刻お見通し。
もう一つアンスリュームも、貰った。
こちらは庖の緑が濃くて中心だけが紅色…しかも庖がかなり広い。
でも葉っぱだけでもアレンジに使えそうなので、これは育ててみようと思っている。



患者さんその2
    7月7日(月曜日)雨のちくもり


私が不思議に思う患者心理…その2
今、市の住民検診の真っ只中で、毎日忙しい。
心電図・尿・血液検査・血圧・身長・体重測定がそのメニュー
身長を測るというのに、スリッパのまま計測台に乗ろうとする人がある。
「スリッパを脱いで下さい」といわれなくても、気が付いてほしいなぁ。
携帯電話が普及しているが、病院の中で電源を切るのは当たり前。
だが診療所は、別と思っているらしい。
待合室には、『携帯電話の電源をお切りください』と表示がしてあるにもかかわらず、
診察の順番が来て呼び込んでも、長電話をしていてちょっとも中に入ってこない人。
それはまぁ致し方がないとしても…。。
こちらも順番が来るまで待たせているのだから、少しぐらいの事は大目に見よう。
が、しかし!医師の前に座って診察が始まっているのに、携帯電話が鳴る。
診察室に入ったら、他の患者の迷惑にもなるし、電源は普通切っておくでしょう。
ところが…である。診察の手を止めさせて電話に出るってどういう事?
うっかり忘れて電話がなるのは仕方がないにしても、無視して電源を切ってほしい。
ホンの2〜3分の時間が惜しいほど、世の中の人は忙しい?!



邦画の話
    7月6日(日曜日)くもり時々晴れ


昨日美容院の先生と、邦画の話になった。
「あの大河の一滴って何?何が言いたいのかサッパリ分からんかった」と先生。
「やっぱり?私もそう思ったの。皆思うことは一緒だネェ」と私。
「それから陰陽師、あの松田聖子は何?何のために空を飛んでたの?」
どんなシーンだったか覚えていないのだが、なんの脈絡もなく松田聖子が天女の衣を着て
歌を歌いながら空を舞っていた。
「陰陽師は阿部清明(こんな字?)をやった俳優の動きが軽やかで、さすがと思ったけど
あの松田聖子だけは、余分だったネ。曲は良いのだからBGMだけ流した方が
効果的だったよネェ。でも、邦画といっても悪いばかりじゃないよ。源氏物語なんか
映像を見ているだけできれいだったし、T・R・Y も織田裕二がメチャかっこ良かったよ」と私。
「織田裕二は良い俳優だね。」などと取りとめもない話が続いて、それでも先生は
「まるでテレビドラマの続きみたいだから、邦画は見なくなった」といっていた。
でも…私は再来週に『踊る大走査線』を見る!(^_^)v

主人のノートパソコンが届いた。
東芝ダイナブック…早速荷物を解いて息子に各種設定をしてもらい、起動。
何とまぁ・液晶のきれいなこと!ワオ w(°o°;)w
ノートなのに、ひょっとしたらデスクトップの私のパソコンより、きれいかもしれない(^^♪



映画『ムーンライト・マイル』
       7月5日(土曜日)くもりのち雨


今日は半休。
美容院でパーマをかけてついでに、髪を染めてもらったらもう夕方。
それから、junkoさんと映画を見た。

物語は結婚式直前に事故で娘を亡くした両親とその婚約者(ジョー)が、一つ屋根の下で
暮らす事になるのだが、ジョーは事件の3日前に婚約解消をしていた。
両親は娘の葬儀に神の祈りなどいらないと言い、弔問客の慰めの言葉一つが煩わしい。
それ程に深い悲しみの中にある両親に、、真実を告げる勇気のないジョーは
屋敷内では息が出来ないほどに、居心地の悪さを感じていた。
ふと知り合ったある女性を愛する事で、現実から目を逸らし両親とかかわりあっていく。
両親もまた、ジョーに娘を重ね合わせて見る事で、何とか悲しみを紛らわしていた。
父親はダスティンホフマン…私が若い頃『卒業』を見た。
その頃の私は、殆ど劇場で映画を見ることなどなかったが、珍しくその後の作品の
『クレイマー・クレイマー』と『レイン・マン』『トッツィー』に至るまで見ていて、好きな俳優だ。
ジョーが真実を告白する前に、うすうす気がついていた父親が、彼に言うなと制する
シーンは、娘を思う深い悲しみが、余すところなく伝わってきて胸が痛い。
だが、裁判で憎い犯人に重刑を求刑するべく証人台に立った時に、ベンは気が付いて
しまった。
自分が今!しなければならない事は、嘘をつき通して犯人を重刑に処することでなく、
真実を受け止めて前に進まなければ、何一つ始まらないという事を。
在りし日の婚約者の真実の姿を、両親や裁判官にありのまま伝える事で彼は、
ようやく自分自身を取り戻す。
ああ、そうなのだ。
最愛の人を失った悲しみは、お互いが傷口を舐めあうように、悲しみの中に
淀んでいては、いつまでたっても癒される事はないのだ。。
残されたものは、どんなにつらくても生きていかねばならないのなら、その悲しみから
一歩前に踏み出さなければ、何一つ始まらない。
テーマは勿論、愛。
新しい恋人への愛と両親への愛…そのどちらもが美しいメロディーにのって、
切々と伝わってくる。
娘を持つ世の中のお父さん方に、是非見て頂きたい映画だと私は思う。



昼寝
  7月3日(木曜日)くもりのち雨


どんよりとしていた空は、案の定午後から雨になった。
昨日のお天気は気まぐれだったのかと思わせるほどの、土砂降り。
私は、ほんの1時間だけ寝ようと思ったが、ふと目が覚めれば2時間半。
せっかくの半休が、勿体無い事この上ない(-_-;)
しかも寝ている間に見る夢は、診察介助…。
夢の中まで仕事をしたくもないが、何が悲しくてこんな夢!
それにしてもこんなに長時間の昼寝の後は、夜が寝付けるのだろうか…。



続いてやっぱり風邪
    7月2日(水曜日)晴れ


今日は朝から雲ひとつない快晴で、嬉しいっ!
でもなぜか午前の外来が終わったのは、1時前でオマケに私は歯科治療。
こんな日にはキャンセルをしたかったが、まぁ30分程度だからと思って出かけた。
いつ行っても暇な所で、こんなんで経営が成り立っていくのだろうかと心配になる。
先週は、2時から30分の治療が終わって帰る時に、待合室には誰一人いなかった。
が、今日は1人待っていたので、なぜかホッとした。^_^;

私の風邪は、遂に声嗄れをしてひどい咳が出るようになって、口の中の気持ち悪さは
如何ともし難い。
朝には臀筋に抗生物質を打ってもらい、夕には点滴をしてもらった。
そのせいかどうか…イエイエ一重に治療の効果だとは思うが、咳も収まってきてかなり楽。
明日には、すっきりと治りたいものだ。



風邪
  7月1日(火曜日)雨


今日からもう7月
梅雨も半分終わったが、今年の梅雨は本当に雨が多い。
今年早春に購入のシンビジューム『SatinDoll_GoldenYellow』の新葉に
茶色い染みが!W(`0`)WOh My God!!
見つけたのは、3日前…早速ヨードを病気の所に塗りこんでおいたが、果たして病気を
止める事ができるかどうか…
今日はうっかり雨にぬらしてしまったので、午前の勤務が終わってから、傘を差しながら
それだけを屋根の下に移動した。

午前の勤務は、レセプト作成の日だと言うのに、外来患者が多くそれに伴い
当然処置も多く、レセプトを完成して終わりになったのは、2時半を回っていた。
私の風邪は一向によくなるどころか益々ひどくなる一方で、喉と鼻の周りの何とも言えない
イヤな感じに加えて、吐き気を伴う胃部不快感は、風邪薬のせいだろうか…
お昼休みは、時間も余りないが、それでも30分ほど昼寝をした。
寝ていても尚続く不快感に、悩まされている。
この症状も2〜3日続けば、後は楽になると分かっていてもどうにも我慢のならない不快さだ。