今月の日記帳です

2003年9月1日〜


トップへ戻る>>先月の日記<<過去記事>>



東京
  9月30日(火曜日)晴れ


秋晴れの良いお天気が続いているが、吹く風は日中でも冷たくて、もうすっかり秋の深まり
を感じる。
朝夕は涼しいを通り越して寒いくらいだ。
きょうの最低気温は14度。

宮崎の同級生Jさんから電話があった。
東京の宿泊ホテルが取れたらしい。
新宿の真ん中あたりだといっていたが、ちょうど趣味のメンバーからメールを貰ったところで
11月2日なら、新宿あたりの高層ビルでランチをどうかと言ってくれた。
それなら好都合なので、夕方からの同窓会の前に会うことにしよう。
でも…新宿って、東京で新幹線を降りてから、どっちへ行ったら良いの?( ̄〜 ̄;)??
新幹線を降りてすぐに同級生に会うのなら、迎えに来てもらうと言う手もあるけど、その前に
趣味のメンバーに会うとなると…顔も知らないし…ホームで待ってもらっても良いかしら?
マ・何とかなるとは思うけど…(^^ゞ。

頂き物
  9月29日(月曜日)晴れ


書こうかどうしようかと迷ったが、書かなければ片手落ちな気がして書く事にした。
(片手落ちとは…送った事だけ書いて、お礼を頂いた事を書かない事)
先日趣味のメンバーに送った、洋ランのお礼が届いた。
私は2重にも3重にも、丁寧に包まれた箱を開けてびっくり!
美しいデザインのとても重厚なガラスの置物に、しばし見惚れてしまった。
暫くしてハッと我に返って…困惑した。
私は、こんな過分なお礼を頂いて良いのだろうかと。
私が先日送った物は、花の終わった貰い物の洋ランたちと家にあった鉢物ばかり。
とてもお礼を頂けるような代物ではない。
…けれどもせっかくの彼の好意なので、私は喜んで甘える事にした。
ありがとう!大切にします。(^^♪



シクラメンの植え替え
     9月28日(日曜日)晴れ


昨日からの引き続きで、家事を終えた後外に出て、シクラメンを植えた。
HPにアップしようと、写真を撮りながらの作業になったが、こちらは株が小さいので難なく
終わった。
写真の編集をしていたら、先日撮影のカーネーション。
苗の間に余りにも草が目立ってみっともないので、撮り直すことにした。
草を丁寧にむしって、写真撮影完了。
ついでに去年挿し木をしてちょうど1年になるので、バラも撮影した。
思い出して、今年の挿し木苗を挿し床から抜いて、植えつけた。
この苗は来春になったら、接木しようと思うので、鉢は間に合わせでかまわないと思い
昨日のシクラメン用のプラ鉢を使う事にした。
こちらも簡単に作業が終わったので、その後パソコンに向かって写真の編集をしていたら、
もう日が陰り始めたので、慌てて外に出て今度は花の消毒をした。
ランネート・ベンレート・ダイセン・トリガードの混合液にHB101を混ぜて散布。
とりあえずカーネーションとバラとシクラメンの画像編集は終わったが、肝心の昨日植えた
シクラメンの写真を忘れた。(>_<)
こちらは明日にでも撮影しよう。
秋の園芸作業は、次から次と幾らやっても終わりがない。



映画『エデンより彼方へ』
    9月27日(土曜日)晴れ


爽やかな秋晴れの一日。
昼食後1時間くらい昼寝をしてホームセンターへ行き、ネコ缶とバーミキュライトとプラ鉢を
2個買って来た。
シクラメンの植え替えをしようと、ナイロンの袋に入れて土を作り電子レンジで消毒をして
いる間に、鉢から抜いて根鉢を取り出した。
さていよいよ植え替えようと、プラ鉢に根鉢を据えてみたら高さが足りない。(>_<)
仕方がないので、家にあった使用済みの化粧鉢に植えつけたが、せっかく土の消毒をして
も、鉢が消毒してないので、何の役にも立たなかったような…。
化粧鉢に植えてあるシクラメンは見たことがないが、通気性から言っても同じような物だから
間に合わなくもないだろうと、考えてはみる。
だけど、せっかく夏越しの出来たシクラメンを、こんな事で駄目にしたら泣くに泣けないわなぁ…(-_-;)

近頃めっきり秋の気配が色濃く、夜には吹く風もかなり冷たい。
そろそろ温室の戸を入れたいと言っていたら、主人が重い腰を上げて、夏の間・外して
1ヶ所にまとめて置いてあった窓ガラスを、洗ってきれいに拭いてから戸を入れてくれた。
この作業はとても大変で、主人はぶつぶつ言っていたが、「簡単に出来るんなら、あなたに
頼まなくても私がやるわよ。」と言って、大いに顰蹙を買った。(^^ゞ
でも、本当にお疲れ様でした。感謝です。m(__)m


映画のストーリーは…
美しい人妻キャシー(ジュリアン・ムーア)は、夫を愛し子供を慈しみ、パーティーを開いては
成功させ、雑誌の取材を受けるほどに有名で人々の羨望の的だったが、なぜか心から
満たされない思いを抱いていた。
ある日、偶然に目撃した夫の秘密を知って、彼女は愕然とする。
けれどもこの生活と子供達を守るために、夫と協力して何とか修復しようと努力するが
事態は思うように運ばず、夫は次第に苛立ち仕事をしくじり、その鬱憤を彼女に向ける。
夫婦の溝は益々深まり、彼女は優しく接してくれる黒人の庭師に一時の安らぎを見出すが、
人種差別の大きい地域・そしてその時代の恋は、心無い中傷に子供達をも巻き込んで
しまう。
恋などと言う、甘やかなものではない。
激情と言うものでもない。
人種と身分を越えてはるかエデンの彼方へと向かう、清く美しい魂と魂の触れ合いなのだ。
やがて夫の勝手な言い分を、彼女はなすすべもなく受け入れるが、庭師との恋の行方は…。
秋のもみじと銀杏の散歩道が目映いほどに美しく…彼女の恋の一番幸せな一時だったのか
もしれない。
秋色を背景にキャシーの美しさが際立ち、身をよじって泣くその姿にやるせない想いが切々
と伝わってくる。
こんなにも、妻として屈辱的な事があるのだろうか…。
ラブストーリーと言うには余りにも悲しい結末だが、究極と言う真の意味を思う時、涙せずに
はいられない。



特筆なし
   9月26日(金曜日)晴れ




糖尿病教室
   9月25日(木曜日)雨


きょうは3ヶ月に1度の糖尿病教室の当番だ。
テーマは今流行のサプリメントとカテキン効果。
時間通り午後2時には、終わって帰宅したが、昨日に引き続いて今日も雨が降り続き、
一向に止みそうな気配はない。
近所の奥さんが梨を持ってきてくれたので、おしゃべりをしたり(大抵は花の話)夕食の支度
をしたりで、あっという間に時間を潰し、何をする暇もなく半休が終わった。



昨日のきょう
   9月24日(水曜日)雨


朝起きたら、雨がしとしとと降っていた。
私は昨日の内に洋ランたちを取り込んであったので、ラッキー!!と叫びたい気分だ。
このまま冷たい雨に濡れたままにしておくのは、余りにも気がかりなので、ホントに
良かった。(´▽`) ホッ



よく働いた!
   9月23日(火曜日)くもり時々晴れ


朝からどんよりとしていたので、花壇の草取りをした。
その後葉の枯れたユリを掘り上げて、消毒液に浸しておいた。
その間に新しい花壇に土と肥料を入れ耕して、掘り上げたユリを植えつけた。
ユリだけは掘り上げと植え付けを同時にしなければならないので、作業が倍になる。
昼食が済んだら、趣味のメンバーに洋ランを送るために荷造りをしようと思ったが、きょうは
息子が居ないのでどうしようと考えて、宅配便に電話をして荷物を取りに来てもらう旨の
確認をした。
それから荷造りをはじめたが、シンビジュームは縦に入らず横にした。
花芽の上がったミニデンファレが1つと新芽が出ているカトレアが1つあるので、それを
折らないために、鉢が動かないように発泡スチロールを周りに詰め込んだ。
詰め込みながら、こんなもんゴミだよなぁ…とひとしきり考え込んだが名案浮かばず、結局
そのままにして、宅配の人が来てから封をして持って行ってもらった。
自宅まで荷物を取りに来てもらえるなんて、今はホントに楽になったと思う。ラッキーy(^。^)y

夕方には、めっきり涼しくなったので、外に置いてある洋ランたちを雨に当てないように
テラスに取り込もうと鉢を移動させかけたら主人が帰ってきたので、手伝ってもらった。
ちょうど取り込みが終わる頃に大きな雨粒が落ちてきて、慌てたがすぐに止んだ。
こちらは、そろそろ直射日光に慣らしていこうと思う。
カーネーションや菊に虫が付いているので消毒もしたかったが、きょうはさすがに無理だ。

夜には3名の中学校の同級生に連絡が付いた。
その中の2人がインターネットをやっていると言うので、早速メルアドの交換をした。
東京に在住なので、ミニ同窓会の場所や諸々を、友人のMさんと連絡を取り合ってこちら
にも、メールで教えてもらうように頼んだ。
携帯電話のメールの普及などでかなり便利ではあるが、やはりインターネットの便利さには
比べようもなく…私は携帯でちまちま文字を打つのが苦手…とても嬉しい!
これから益々インターネットが楽しくなりそうな予感(^^♪



辞表提出
    9月22日(月曜日)晴れ


昨日の雨が嘘のような、秋晴れの爽やかな一日だった。

私は先日の約束どおり辞表を提出した。
65歳定年説が囁かれる昨今、55歳の定年は如何にも早すぎると思うが、この先1〜2年
定年後の在職を許されたとしても60歳まで居られるとは到底考えられず、私は定年前の
退職を決意した。
半年後に55歳の誕生日を迎えるが、午前0時を境にして54歳の昨日と55歳のきょうとに
どれ程の違いがあるのだろう。
勿論世間一般の60歳定年であれば、それはそれで納得もできようが…。
4年前の入社の時に、「55歳定年ではあるが職安からも定年年齢を引き上げてくれと
依頼されているので、おいおい考えます」と言う事だったので、それを鵜呑みにしていたが、
「規則ですから」と言われればそれはもう、従うしかない。
人の本意(本音)に触れ…院長のある一言で、私は定年を待たずに退職を決意した。
幸いにも、以前勤務していたM総合病院で有資格者の求人があり、私は友人の勧めもあり
伝手を頼って連絡を入れた。
面接の日はすぐに決まり、人事部長に暖かく迎えてもらって…私はここで人の情けに触れ
た。
どの道長く居られないのなら、新しい環境に早く慣れたいからと退職の意を申し入れ
規定どおり3ヵ月後の退職を許された。
その間約2週間!
辞職の意を伝える時に、「M総合病院は私の同期や先輩がたくさん働いているので、
歳の事は気にせずに安心して働けます。」と私は、比喩混じりに院長に報告した。
私は、4年前に常勤で働こうと決めた時、何故M総合病院と言う選択肢を思いつかなかった
のかと今更に思うが、この4年間を決して無駄にはしてこなかったと省みる。
何よりjunkoさんという親友を得た事は、私にとって一生の宝だ。
それから、主人が失業した時に、今の勤務先の社長を見知っていた事が、主人の就職に
有利に働いた事など…。
私は来年早々、一からの出直しになるが、新しく覚える事をそれ程臆しない性格なので
何とかなるだろうと思う。
私をM総合病院に送り込んでくれた人、そうしてそちらで快く迎えてくれた人達に、報いる為
にも、決して弱音を吐かずに頑張ろうと思っている。
来年はきっと飛躍の年になる。
そう信じて今年を乗り切ろう。(^_^)v



パソコン三昧
      9月21日(日曜日)雨


朝起きると雨が降っていたので、HTML言語のテキストを見ながら、表を描いてみた。
行や列の繋がりは、ソフトを使っていると、2つまでしか繋がらないがRowspanもしくは
Colspanを使えばいくつでも指定できる事が分かった。(^_^)v
その後洗濯はパスして、家の掃除をやりかけたが思い出してはパソコンの前に座り、
中々捗らない。
漸く掃除を終えた後、遅い昼食をとり又パソコンの前に座る。
マウスストーカーのタグを検索していたら、『クラブ とむやんくん』と言うJavaScriptの
ページが見つかった。
こちらは初心者にも分かりやすくとても親切に解説してあって、早速お気に入りに追加した。
が…やはり難しい。
自分でプログラムを組むなどとは、一生かかっても無理な気がする。(-_-;)
嬉しいことにフリー素材なので、タグのコピペで画像を替えて使用出来そうだ。
早速、管理人の掲示板に報告をして、マウスストーカーの雛形を頂いてきた。
来月の日記には、マウスストーカーをつけてみようと思っている。(^^♪
それにしても、タグの練習ばかりしているので、HPの片付けなければならない問題山積み
なのに、何も手をつけていない。
とりあえずタグ講座の基礎(超入門上巻)だけクリアできたら、デザイン(下巻)は後回しにして
HPの修正をしなくては…。



マウスストーカー
      9月20日(土曜日)くもりのち雨


日記のページにマウスストーカーをつけたくて、あちこちのメールの雛形のマウスストーカー
のソースを表示して見た。
BODYの部分をコピペしてみたが、画像が表示されただけで、動きが伴わない。
何度も試行錯誤を繰り返すうちに、HEADの部分にJavaScriptタグが必要な事が解った。
私がマウスストーカータグを使えるようになるには、まだまだ時間がかかると思った次第。
とりあえず、管理人に一番簡単なタグの教えを乞うべく、メールをしてみようと思っている。
とても素敵なマウスストーカーが1つだけ動くようになったが、こちらはメールでの使用許可
を願おうと思う。
私…ソースを見ることに3時間もかけてしまったので、きょうはもう何をする元気もない。
(-。-)y-゜゜゜オヤスミ〜〜。



礼儀
  9月19日(金曜日)晴れのちくもり


我家の前まで帰って来ると、1台の車が出入り口を完全に塞いで止まっていた。
それで、軽くクラクションを鳴らすと若い(30代?)女の人が前の家のインターホンを押そうと
しているところをやめて、車まで戻って来た。
ところが車を止めて待ってる私の方を見ても、一言の挨拶も会釈も無しに悠長に車を移動
した。
私は、なんて失礼な人!Σ(-"-;) と思いながら、家の駐車場に車を入れた。
大体他人の家の出入り口の真前に、車を止めたりはしないでしょう!
止むを得ず止めたのなら、家人が帰ってくれば会釈の1つぐらいはするのが、当然だと思う。
ところが彼女、私の家のインターホンを押して言う事に、「牛乳の月ぎめ販売」の勧誘に
回っているらしい。
私は勿論「要りません」と断った。
あのネェ!セールスをしているのなら、なお更、印象は良くしておくべきでしょう。
しかも、あの態度を取っておきながら、セールスに来れる根性に呆れて物が言えない。
言ってるけど…^_^;



昼食
  9月18日(木曜日)晴れ


junkoさんとお昼を食べた。
ステーキのコースを頼んで、食事の後も長い間、おしゃべりをした。
junkoさんに映画の楽しみを教えてもらった事。
私がパソコンを始めた時に、ブラインドタッチの練習を勧めてくれたのは彼女のご主人だ。
junkoさんとはいつも、映画のついでの食事なので慌しいが、きょうはゆっくりと話ができて
良かった。
帰ってくるともう3時を過ぎていた。
それから、外に出て菊の支柱を立てて、赤玉土とバーミキュライトを混ぜて挿し芽床を
作った。
カーネーションが植えてある花壇の日が陰ってから、茎を切らなくては水分の蒸散が激しい
ので、日が落ちるのを待つ間に挿し木のバラの植え替えをしようと思ったが、適当な大きさ
の鉢がないので、又の機会にすることにした。
今年の春植えつけたカーネーションは、もう枯れるかもしれないので、その内花芽になる
はずの茎の頂芽を、挿し穂に使う事にした。
途中で電話が鳴ったので、出てみると趣味のメンバーのうずちゃんだった。
彼女は想像よりはずっと若くおとなしめの話し方で、ビックリした。
球根が届いたとわざわざ電話をくれたのだが、お礼を言われるのも恥ずかしい。(^^ゞ
電話を切って再び挿し芽をした。
全種類の挿し芽が終わる頃にはあたりはもう真っ暗で、秋の日は日ごとに短くなっていく。

半休の午後は時間のたつのが早い。
昨日の内に球根が届いたと全員からメールが来たので、夕食の後はその返事を書いた。

もう11時20分を過ぎた。
きょうはとても眠い。(-。-)y-゜゜゜オヤスミ



転機
   9月17日(水曜日)晴れ


この2週間、私を悩ませていた一連の出来事は、漸く一通りの片が付いた。
その間に私は何人かの人の真意に触れ、又人の情けに感謝した。
今はまだ、何も言えないがここに真の友人として、junkoさんに感謝の意を表します。
彼女と知り合えたことは、私の人生のとても大きな収穫でした。
彼女がつらいとき・又私が苦しい時、いつも2人で励ましあい支えあってきた事を、
この先も決して忘れることはなく、ずっと一生友達であり続けたいと切に願います。



挿し床の準備
    9月16日(火曜日)晴れ


診療が終わった後CFの当番に当たっていたので、それを済ませた後にJAのグリーン
センターに寄って、小粒赤玉土と鹿沼土を買ってきた。
昨日水遣りをしながら、カーネーションを見たら春に植え替えた物が元気がないので、
枯れる前に挿し芽をしておこうと、材料を買ってきた。

家に帰って電話器の着信を見ると、宮崎ナンバーの着信があったので、かけなおしてみた。
中学の同級生Tくんからで、新たに住所が分かった3人をFAXしたけど、送信できなかった
と言う。
パソコンが起動していないと使えない旨を伝えて、再度送信してもらった。
Jさんから、東京でのミニ同窓会のことを聞いたらしく、実現したら写真を送ってと言う。
そちらは、10月になったら場所と会費を決めて、準備に取り掛かろうと思っている。



プレゼントの球根
     9月15日(月曜日)晴れ


日中の暑さは相変わらずだが、朝夕はめっきり涼しく秋の気配を感じるようになってきた。
気になっていたHPの10.000カウントのプレゼントの球根を、ネットから出して荷造りをした。
フリージャーは思ったほど数がなく、1人に10球ぐらいしかなく、なんだか寂しい。
水仙は掘り上げた後の雨続きで、充分な乾燥が出来ず黒ずんだ物もあったが、発芽しそう
な物だけを選んで袋に入れた。
宮崎の姉にもらってきた日本水仙が沢山あったので、それも別にしてネットに入れた。
両方を希望してくださった方には、まぁそれなりにプレゼントの意味もあろうが、フリージャー
だけと指定のあった2人には、なんだか申し訳ない。
かと言って、植えるスペースの問題もあろうし、要らない物を送りつけても迷惑なだけと
割り切る事にした。

荷物を送ってから、戸外に出しっぱなしのデンファレに蕾が来ていたので、支柱を立てて
雨に当たらないようにと、温室に取り入れた。
カトレアも伸びている物には支柱をして…私のお気に入りのチャトイアント・トワイライト・
パッションは、植え替えの時に根を傷めたのがたたったのか、とうとう枯れてしまった。(-_-;)
しかも、せっかく出た新芽に花を咲かせたのが益々災いしたらしい。
葉も茎も萎びて新根もでていないので、鉢から抜いてみたら見事な根ぐされ!
あ〜あ〜あ〜!
濃いピンクの花弁に紅色の楔が入って、とてもお気に入りだったのに(;O;)
シンビジュームを観察してみると、他の株にも花芽が見え始めている物がある。
デンドロもそろそろ花芽分化処理をしなければと…水遣りをしながら思った次第(^^ゞ



お見舞い
   9月14日(日曜日)晴れ


インターネットの接続は、パソコンからケーブルを引き抜いてルーターに繋ぎ替え、息子に
やってもらう事、数分でハイ完了!
「お母さん、このくらいのこと覚えてよ!」と言うから「あんたがいるから良いの!」と言えば
「タグを勉強しようと言うのなら、こんな事ぐらい理解して!」と、のたまった。
それからいつもの事だけど、絵を描いてインターネットとランについて説明してくれる。
そんな固い事言わなくても結局は、やってくれるんだから良いじゃない…ネェ?!f(^〜^;)

夕方涼しくなったので、主人の姉の見舞いに出かけることにした。
途中で花篭を買って…私は赤いバラのアレンジが良いと思ったけど主人が却下。
黄色のガーベラとオレンジのミニバラと、ミスティーブルーのアレンジにした。
義姉は、ベッドの上に起きて座っていて、先客と話していた。
私達も30分くらいお喋りをして帰って来たが、術後2週間になるのに発熱があったりして
順調に回復と言うわけではなさそうだ。
それでも昨日には熱も下がって少し楽になったというから、一日も早い回復を望みたい。

帰ってから、ピート板にキンギョソウ(八重)・ストックなどの種まきをした。
サカタの種で購入した、極小種のキンギョソウは、コーティングしてあって扱いやすいが
同じキンギョソウで一重の、こちらは大和農園で購入した物…黒い小さい粒が10個も
入っているだろうか…。
2袋を播いては見たが、もしかしたら発芽しないかもしれない(-_-;)
その後花壇の草取りをしたが、6時を過ぎるとあっという間に暗くなってしまい、切りの良い
ところで終わる事が出来なかった。
明日も休みで嬉しい。(^_^)v



映画『閉ざされた森』
      9月13日(土曜日)晴れ


午後4時ごろに工事時間1時間半で、Bフレッツ(光通信)の工事が完了した。
ランケーブルをルーターに差し込んで、CDを使ってインストールすれば使えるようになると
言うので、やりかけたが一向に接続できない。
その内眠くなって1時間ぐらい寝た。
起きて又接続の設定をしたが上手くいかず、そうこうしているうちに出かける時間だ。

映画はjunkoさんと見た。
ストーリーは、鬼のような軍曹に選ばれた6人の兵士達が、嵐の夜に過酷な訓練を
強いられて、密森に入る。
やがて森からの連絡が途絶え、捜索隊に救出された2人の内1人は負傷。
残り4人は消息不明で、軍曹は殺されたと生還した2人が告白する。
殺人者は誰か!
美しい女性大尉オズボーン(コニール・ニールセン)が取り調べに当たるが、役不足と判断
されて応援に呼ばれたのが、元訓練兵のハーディー(ジョン・トラボルタ)。
嵐の中の身のすくむような、地を這うような訓練の最中・一体何が起こったのか!
二転三転する供述、又2人の証言の食い違い…それらのホンの僅かなほころびを見逃さず、
謎解きをしていく女性大尉の勇ましさと美しさには、うっとりと見惚れてしまう。
又、ハーディーの取調べのテクニックは、舌を巻く上手さで爽快だ。
次第に解き明かされる真実は、思わぬ方向へと女性大尉を導いていく。
罠を仕掛けられたのは一体誰?
一瞬の見落としもない様にと、目も耳も画面に釘付けの2時間弱…やがてラスト!
このお定まりの大どんでん返しは「エ?!(´O`; 」と言う感じで終わる。一気に拍子抜け!
確かアガサクリスティーの小説にあったような…。
だが、本当の謎解きはそこから始まるのかも知れない。…彼らの真の目的は?!

家に帰ってから、又設定をやり直してみたが上手くいかない。
仕方が無いので、ルーターからケーブルを引き抜いて、直接パソコンに接続した。
その後接続の設定をしたら、繋がった!
問題はランの設定にあり!
こちらは、息子にやってもらうしかない。
しかも苦労した割りに、接続の速さは感激するほどの物でなく、一瞬にと言う程ではない。
ほんの僅か、速いかな?と言う感じ。(-_-;)

眠ろうとして眠れないので、起きて来たが時間はもう4時半。
明日…もう今日だけど何時に起きれるのだろう。(-_-;)



スイートロンマロン?
     9月12日(金曜日)晴れ


昨日近所の奥さんに、梨と一緒に頂いた栗一袋。
「Rちゃん、これどうやって食べる?」と聞いたら、「ケーキを作ってみたい」と言う。
私は料理を作るのは結構好きだが、お菓子だけは作りたいと思ったことがない。
それで勝手にやってと言ったら、バターをこねて栗を茹でてホントに作り出した。
私が夕食の支度をしていたら…その間にジャガイモや玉ねぎを切ったりして手伝ってくれた。
包丁捌きも中々に手際が良い。(^_^)v
私はシチューを作り上げたら、自分の部屋に引き込んで知らないうちに眠ってしまったが、
Rちゃんは、その間にも栗を裏ごしにして…しかもお菓子を作った事のない私の台所で
お玉やしゃもじを代用しての作業は、とても骨が折れるだろうと思われた。
私が目が覚めて台所に入っていくとその頃にはまぁ!器用にアルミホイルでカップを作って
栗の裏ごしした物を詰め込んで並べて、電子レンジで焼き始めていた。
さすがに、3時のおやつには間に合わないので、2人でありあわせのお菓子を食べた。
午後の診療から帰ってくると、焼きあがったマロンがきれいに皿に並べてあった。
私は早速つまみ食いをしてみた…「う〜〜ん!美味しい(ノ^ー^)ノ☆パチパチ 」
私はつい嬉しくなって、近所の奥さんに「昨日の栗です」と言って持っていった。
勿論、Rちゃんの了解を得て。
なんだかなぁ…Rちゃんの奮闘振りが微笑ましくてつい笑ってしまう。
「嫁と姑の予行演習だネ」と言って2人で笑ったが、こんな日が近い将来実現すれば、
ホントに嬉しいのに!



きょう・この日
   9月11日(木曜日)晴れ


ここ暫くの憂鬱からやっと開放されて、きょうは久しぶりにゆっくり昼寝をした。
昼寝と言うより夕方寝?(^^ゞ
午後2時にはとても大切な用事で出かけていたし、帰ってからは自動車保険の更新の
手続きがあった。
その後タグの練習をしていたら、とても眠たくなったので、そのまま眠り込んで目が覚めたら
6時前だった。
それから起きて夕食の支度をしていたら、主人が帰ってきたのできょうの出来事の報告。
その後、リフォームのことなどを話し合い、主人の知り合いに電話をして相談に乗ってもらう
事にした。

夕方近所の奥さんが、実家から送ってきたと梨を持って来てくれた。
その時「私、下手で恥ずかしいけど今年は、カーネーションの挿し芽を全部枯らしてしまっ
た」と言う。
「高いHB101という物も買って1週間に1回散布したのに、全然効き目がなかった」と言う。
私は我が意を得たとばかりに喜んだ。(^_^)v
イエイエ!人の不幸を喜んではいけません…m(*_ _)mゴメンナサイ♪
でもっ、そうなのだ!
今年の挿し芽のカーネーションの生育の悪さは、この夏の異常気象のせいなのだ。
彼女も挿し床から抜いた時は、根がじゅうぶんに張っていたと言う。
私の花壇のカーネーションを見て上手に育っているからと言うが、私は「半分は枯れたし
この先もどの位助かるか分からない」と返事をして、もう少し涼しくなったら脇芽を取って
もう一度挿し芽をしようと約束をした。
この事はとても貴重な意見なので、早速HB101のページに記載しようと思う。



来客
   9月7日(日曜日)晴れ


朝から良く晴れて日差しも一段と強く感じたが、主人は久しぶりに「暑〜〜!」と言いながら
庭の芝を刈った。
私は午前中の家事が終わったら、日中はクーラーの聞いた部屋に引きこもって、html文書
の作成練習をしていたが、夕方になって日が落ちると風が吹いて涼しくなったので、庭の
草取りをした。
その後で土の再生用土や腐葉土を入れて花壇をて耕した後、彼岸花の仲間達の最後の
球根を、植えつけた。

ちょうど夕食が済んだ頃に主人の兄夫婦が尋ねてきた。
主人の姉が大腸の手術をしたので、お見舞いの帰りだと言う。
やっと重湯を食べられるようになったので、連絡をしてきたらしい。
来週の日曜日には、私達もお見舞いに行く予定にした。
兄の家では、息子の為にリフォームをしたと言う話から、私達も息子が結婚するなら
そうしようと言う話をして、なんだか嬉しくなってしまった。(^^♪
主人が、「最初は2人だけで住みたがるよ」と言うので、私は「Rちゃんなら、一緒に住もうと
言ってくれそうな気がする」と答えた。
兄達が帰るのと入れ替わりに息子達が帰ってきたので、その話をするとRちゃんからは
思ったとおりの返事が返ってきたが、息子は暫くは2人で住みたいらしい。
2人がそうしたいなら、勿論そうすれば良いと考えているが、いずれにしても近い将来
リフォームは手がけなくてはと思っている。
彼らもタイミングよく、結婚式の費用を貯める話をしていたらしい。
それにつけてもホントに2人が結婚してくれるなら、こんなに嬉しいことはないのだが…。
余りに仲が良すぎるのが、逆に不安と言えなくもない(^^ゞ



グラジオラス
    9月6日(土曜日)くもり


午後から美容院に行き、帰ってきたら5時ちょっと回っていたが、まだ明るかったので、
花壇のグラジオラスを掘り上げるついでに、その周りの草取りをした。
グラジオラスは茎から外して丁寧に洗い、プランターに並べて直射日光の当たらない場所
に置いた。
作業が済むとあたりはもう真っ暗だ。
秋のつるべ落としと言うように、この頃日没がとても早くなったと感じる。



ミニ同窓会
   9月5日(金曜日)晴れ


同級生のJさんから上京の日が決まったと、電話をもらった。
Mさんにも連絡をしてその日にあわせて、11月2日(日曜日)の夕方から、同窓会をやろうと
言う事になった。
場所はMさんに決めてもらう事にして、私は連絡係を受け持った。
それから、とりあえず日にちの連絡だけの、葉書を作成して愛知県に在住の同級生にも
一応の案内を出す事にした。
実は、住所の確認の為に買った葉書が、夏の季節限定で…しかも買いすぎて沢山余った
ので、使わなければ勿体無いなぁと、思った次第(^^ゞ



やっと開通
   9月4日(木曜日)晴れ


IくんからFAXが送信されてきて、やっと送受信できるようになった。
再度電気店で修理をしてもらったらしい。
私は出来上がった名簿を送り、携帯番号を追加してもらって再送信してもらった。
これでやっと、名簿のやり取りが出来るようになったので、あと僅かで完成するだろう。



又もFAXエラー
     9月3日(水曜日)晴れ


日中の温度は34〜35度と蒸し暑いが、夕方にはさすがに涼しい風が吹く。
きょうは午後の診療の帰りに、鈴虫の鳴き声を聴いた。

同級生のIくんからFAXが送られてきたので、こちらからもとりあえず出来ている分の名簿を
送信したが、彼のFAXが応答しない。
程なくして電話が入って、知り合いに何軒か送ってみたら送信できると言う。
私が送信しても呼び出し音は10何回と鳴るが、肝心のFAXが応答しない。
ならば、知り合いから自分に送ってもらってと頼んだら、やはり受信できないとの返事。
私は、あまりのことに電話口で笑い転げてしまって、Iくんの顰蹙を買った。(^^ゞ
だって…最初は送信だけ出来た。次に送受信できて喜んだのもつかの間で、次の日には
全く応答しなくなった。
まだ新しいと言うのに修理から戻ってきたら、今度は送信のみ可能で受信が出来ないと
言う。
明日又修理にもって行くというのだが、どういう下手な電気屋さん?!



Bフレッツ(光通信)の説明
       9月2日(火曜日)晴れ


NTTのBフレッツ担当の、Iさんから電話があった。
もしかしたら工事日が早くなるかもしれないと言う事で、ルーターの対応能力とか、今までの
通信システムなど色々と質問された。
どの位早くなるかの問いかけには、ランを組んでいるので、かなり速度が落ちるらしい。
100MBを1人で使えるわけではなく、何人かで分けて使用その上ランになると、尚更能力が、
落ちると言う事らしい。
そうなると、ISDNからADSLに替えた時のような速さの違いは、体感できず不満に思うかも
知れないと言う返事。
私が「迷いますネェ」と言えば、彼も「僕も迷います」と答える。
その正直さに好感が持てたが、工事費が無料であると言うのでとりあえず試してみる事に
した。
その他に、OCNのプラン変更について、細かく説明してくれた。
ついでにFAXソフトの事を聞いたら、あまり感心しないと言う。
なぜなら、電話線をパソコンにつなぐ事で、海外などへ勝手に電話が繋がる事があるらしい。
また、ウィルスの進入でパソコンのシステムそのものを壊されて、修復不可能にされてしまう
事もあるらしい。
ウィルスソフトは万能ではなく、全く新しいウィルスには当然何日か経過したのちでしか
効果を発揮しないので、パソコンを使わない時は電話線を抜くか、パソコンの電源その物を
切るようにと勧められた。
以前tacさんの掲示板で、ルーターやパソコンの電源を切る事の是非を、云々していた事が
あったが、あれはそう言う意味だったのかと納得した。
それにつけても、親切な担当者で私は通信以外の事を沢山教えてもらって、とても
嬉しかった!Iさんに感謝です。(^。^)アリガトウ♪



NTTから電話
    9月1日(月曜日)くもり時々雨


NTTから電話があった。
「今光通信を契約すれば、¥30.000弱の工事費を無料で、その上3ヶ月の使用量を
千いくらでお使い頂けます」と、言うもの。
いずれ光にしたいと考えていたので、私は早速申し込んだ。y(^。^)y
ISDNからADSLにした時は、その速さに感激した物だが、便利さに慣れてしまうのは早い
物で、今では回線が混雑した時の待ち時間に不満を感じてしまう。
いずれにしても契約が殺到しているので、1ヶ月待ちになりそうだ。