今月の日記です
3月1日〜3月末日



トップへ戻る>>先月の日記<<過去記事

春です\(^o^)/
   3月27日(日曜日)晴れ


花曇の春の陽気に誘われてついつい外に出てしまい、いつもなら午前中に済ませる
掃除洗濯が昼からになってしまった。
コチョウラン以外の洋ランを全部外に出して、数ヶ月振りに日光浴をさせた。
一面に雲がかかった空から陽が射すこんな日は、部屋の中で日光不足になった
花達に直射日光を当てる最適の日なのだ。
それでも3時を過ぎて日が陰ると急に寒くなって、慌てて外に出した花達を
取り込んだ。
後何日もなく4月、花壇の花も次々に芽を出したり、花を咲かせたりして春本番は
もうそこまで来ている。\(^o^)/



手作りパン
   3月26日(土曜日)雨のち晴れ


午前の仕事が終わった後、友人と食事をして、帰りに久しぶりにパチンコ店に
寄ってみた。
新基準機になってから、当たる確立が極端に低くなり、幾ら打っても当たる気が
してこない。
それなのにダラダラと無駄にお金を遣い、結局ボロ負けして家に帰って来た。
3ヶ月ぶりの遊戯なので、「もう当分来ないから良いわよ!」と自分で自分を
慰めるしかないが…(;O;)

昨日は夜中の2時ごろまで眠れなくて、今朝は6時に起きたので夕方から眠くて
仕方がなく、ちょっと昼寝(夕方寝?)のつもりが、目が覚めたら10時前だった。
それから織田裕二の『ホワイトアウト』をやっていたので、途中から見て、何だかんだ
してたらもうすっかり午前様。只今の時刻1時47分

ポン吉はすっかりお菓子&パン作りに目覚めて、昨日はチーズケーキを作っていた。
手作りパンの方は「どうにも生地が膨らまないの」と諦めて、材料を入れておくだけで
パンが焼けると言うパン焼き器を買って来た。
材料を入れてから5時間くらいかかるが、焼きあがりはさすがに、しっとりとしていて
市販の物と比べると遥かにおいしい。
おかげで息子の幸せぶとりは私にまで伝染(?)して、体重増加指数上がりっぱなし
の今日この頃である。( ̄□ ̄;)ガーン



春の雪
  3月25日(金曜日)晴れ


朝ゴミ出しをしようと外に出ると、風が強く吹いて前が見えないほどの雪が斜めに
降っていた。
今日は強い寒気団が来て、真冬並の寒さになるとは言っていたが、この雪には
ビックリした。
名残の雪にしては、ちとすごいんじゃないかい?(*_*;
しかも、ゴミを出す場所は遠くて片道200mはあるので、私はすっかり諦めて、
朝食を摂っていたが、雪はすぐにやんだので慌ててゴミを出しに行った。
週2回のゴミ出しの日に、1回でもサボると、もう収集が付かないくらいのゴミの山だ。
なぁんでこんなにゴミが溜まるのかしらン( ̄〜 ̄;)??
ゴミが溜まるほどお金が貯まると嬉しいのだけど、逆にゴミの分だけお金が出て行く
ような気がする(~_~;)
ゴミを溜めて困るのは、カラスがゴミを漁るからだ。
生ゴミは処理機にかけるけど、みかんの皮や三角コーナーの使用済みの網でも、
カラスは漁って行くので、ゴミの袋にコンテナを被せている。
それでも、量が多くなるとはみ出してしまうので、そこからつつかれる。( ̄□ ̄;)
そんな訳で週に2回のゴミ出しは、とても貴重な日なのだ。

昼間は良く晴れたが温度は上がらず、勤務を終えて帰る夕方には、又ミゾレの様な
物が降っていた。
この寒気は明日には緩むらしい。
そろそろ桜の開花宣言が聞かれる頃で、待ち望んだ春の到来かしら。\(^o^)/



日向夏
  3月22日(火曜日)雨


春に3日の晴れなしと言うそうな…ホントに昨日のお天気が嘘のような雨が降り
…それもかなり強く降っている。
そうして一雨ごとに暖かくなり、後どれ程もなく桜が咲き出すことだろう。
私はパワージューサーを買ってからずっと、飽きることなくフレッシュジュースを
飲んでいる。
今日宮崎の姉から、日向夏(みかん)が届いた。
その前に送ってもらった高岡文旦(みかん)が、ちょうど昨日でなくなったところなので、
ラッキー!y(^。^)y
日向夏はそのまま食べても勿論おいしいが、たまにある酸っぱい物はジュースの
材料に最適(*^^)v
リンゴや野菜にレモンを加えると不思議においしくなるのだけど、みかんの酸っぱさ
がレモンの代わりになって、とても重宝する。
ダンボールにいっぱいの日向夏はジューシーで甘酸っぱくて、そのまま食べて良し。
ジュースにして良し。
今年はポン吉が妊娠している事もあって、普通のみかんに始まってデコポン2箱、
高岡文旦2箱と、そして今回の日向夏。
みかんが我が家で途切れる事がない様に、次々と送ってくれる姉に感謝です。
園芸店で2500円のバラの苗が高いから、挿し木用の安いバラを買って来たという姉に
みかんの方がよっぽど高いだろうにと、少し可笑しいけど深く感謝です。



春の陽気
   3月21日(月曜日)晴れ


昨日と打って変わって良く晴れた1日だったが、おかげで外に出るとくしゃみ、鼻水の
連発で、結構うっとうしい。
きれいに咲いたカトレアのバルブが萎びて、根ぐされを起していそうなので
鉢を小さくして植え替えをした。
もう1つこちらは完全に葉が落ちて、瀕死の重傷のミニデンファレも余分なバルブを
取り除き助かりそうな所だけを残して植え替えたが、上手く行くかどうか…。
毎年夏と冬の2回咲き、花立ちも多くとても気に入っている花だから、何とか助かって
欲しい。
それから外に出て、去年の秋に挿し芽をしたカーネーションがそのまま鉢床に置いて
あったので、花壇に植え付けた。
あんなに広いと思った花壇も、後はグラジオラスを植えるスペースを残してもう
花(苗や球根)でいっぱいになってしまった。
水仙やユリが少しずつ芽を出してきたので、嬉しい。



ランチ
   3月20日(日曜日)くもり


天気予報では今日も晴れのはずだったのに、朝からどんよりとして結構寒い。
毎月2000円ずつ貯めて姉と2人で贅沢な食事に行くのだけど、今日はその日。
前回はいつ行ったか忘れるくらい前だったので、2人で\69,000貯まっていた。
フレンチを食べても充分おつりが来るので、\30,000を2人で分けて臨時のお小遣い
をつくり、フレンチレストランが柳ヶ瀬の真ん中だった事もあり、帰りはデパートに
寄って買い物をした。y(^。^)y
フレンチはポン吉のお勧めの店で、接客態度も感じ良く、料理も申し分なく
おいしかった。
ただ残念なのは、メインディッシュが牛ヒレでなく、カモのソテーだった事だ。
私も姉も、カモは食べられないほどではないが、好きというわけでもない。
なので、半分ほど残してシェフに「お腹いっぱいですか」と聞かれたので、「できれば
カモでないほうが嬉しかった」と、正直に言った。
シェフとしてはわざと目先を変えたようで、「ではこの次は牛フィレにします」と言って
くれた。
その後デパートでゆっくり婦人服や靴や小物などを見て回り、姉は春物の
アンサンブルを買い、私はブラウスを3枚買った。
スカートも欲しかったけど、如何にも春らしいフレアーやプリーツのスカートは、
見た目には良くても試着してみると、余りしっくりこない。
唯一気に入ったタイトスカートは(これは本当に気に入ってどうしても欲しかったけど)
悲しいかなワンサイズ小さく(5号)て、泣く泣く諦めた。
しかも今日買ったブラウスに、ぴったり合う色だったのに!
どんなにデザインが良くても、お尻ピチピチじゃなぁ…┐(-。ー;)┌

夕方には家路について、夜にはjunkoさんと映画を見る約束だったのに、最初は
それ程でもなかった頭痛がどんどんひどくなって、薬を飲んでも治まらず
約束をドタキャンして、ベッドにもぐりこんで頭を抱えて寝てしまった。
目が覚めたら午後8時半を回った所で、それからラーメンを作って食べてテレビを
見ていたら、やっと楽になってきた。
只今午前0時14分。
今日が日曜日なのに、明日も休みなのが嬉しいが、夜更かしをしないできょうは
もう寝よう。



一周忌
   3月19日(土曜日)晴れ

出かけるのが勿体無いくらい良く晴れた朝だったが、今日は主人の母の一周忌
なので、朝9時半には洗濯物だけをかろうじて干して家を出た。
法要は住職の都合で大幅に遅れて、11時から始まった。
お彼岸の入りと言う事もあって住職は忙しいらしく、きっちりとお経だけをよんで
お説教もなしに昼食を済ませて、さっさと帰って行った。
私達は去年、母が亡くなってから49日までの長くて取り止めのないいお説教に
うんざりしていたので、やれやれと胸を撫で下ろし皆でゆっくり食事をしながら、
久しぶりに会う人たちとお喋りを楽しんだ。
私は主人の姪達との会話が楽しくて、ついつい歳を忘れて話し込んでしまった。
やがて皆が三々五々と帰っていき、私達も夕方には家に帰って来た。

その後でHCに行き、家庭雑貨を買った後、残り物で夕食を済ませ、のんびりと
テレビを見て時間を過ごした。
が、11時も過ぎてからメールの返信を書こうと思い、写真の1枚も送ろうかと
先日撮った洋ランの写真の編集を始めたら、すっかり遅くなってしまったので、
今日はもう寝よう。
只今午前0時45分(-。-)。。zzZオヤスミ



記念樹
  3月13日(日曜日)くもり時々晴れ

昨日に引き続き今日も寒さが厳しくて、とても外に出れる気分ではない。
午前中に掃除洗濯を済ませて昼食を摂り、きれいに咲いたカトレアとコチョウランの
写真を撮った。
果樹は2日前に届いたので、たっぷり吸水させて仮り植えをしておいたが、それでも
そのままにしておくのは忍びない。
当初の予定では、4人で穴を掘って植えつけるつもりだったが、
ポン吉は熱が上がったり下がったりで、とても外には出せない。
息子は昨日の埋め合わせに出勤したし、主人は女子マラソン中継を見ている。
なので、私は完全防備で外に出て、とりあえず1つ分だけ穴を掘った。
穴を掘るのは重労働なのですぐに汗が出るほど暑くなり、マフラーをはずしていると
主人が外に出てきた。
主人に1m四方の穴を残り2つ掘ってもらい、私は最初の穴に肥料を播き、
掘り上げた土に腐葉土と牛糞堆肥を混ぜ込んで穴に戻し、イチジクを植えつけた。
後の2つも同じようにして、記念樹になる桃は一番良い場所に丁寧に植えた。
それから周りに溝を掘ってHB101の1000倍液を流しこんで、水が沁み込んでから、
土を被せてマルチングに藁を敷いて完成。(*^^)v
一番大切な桃は継目が外に出てはいるものの、なんだか少し深植えになったような
気がする?(; ̄ー ̄)...ン?
…どうしようかなぁ。
今更苗を引き上げるのもなんだし、周りの土を少し削ってやろうかしら。
花壇に3本苗木を植えただけなのに、気分はすっかり果樹園だ(*^m^*) ムフッ



風邪
  3月12日(土曜日)くもり


時々雪が舞うような、昨日とは比較にならない寒さが戻ってきた。
ポン吉は疲れが出る頃ではないかしらと思っていたら、案の定風邪を引いたらしい。
午前の勤務を終えて帰ってきたら、咽喉が痛くて37.5度まで熱発したと言う。
私は夕食に温かい物でもと思い、買い物に出たついでに他の用事をしていたら、
午後3時には38.5度まで熱が上がってきたので、息子に電話をして病院に行くと言う。
(ポン吉から「病院に連れて行って」とのメールを見落として、気がついてすぐに家に
帰ったが、一足違いで息子に連絡をした後だった)
病院から帰って息子は再び会社に行き、私達は主人と3人で食事をした。
今日はちげ鍋にして、鶏の手羽元と豚肉を入れたら、なんとも言えない良い出汁が
出てちょっとびっくり!(ノ^ー^)ノ☆パチパチ
ポン吉は熱があって「腰が痛い、足が痛い」と言いながらも、「おいしい、おいしい」と
沢山食べてくれた。
7時ごろに夕食が終わったが、10時に帰って来た息子が食べるのと一緒に、2階から
下りて来て、「すっかり熱が下がったのでお腹が空いた」と言う。
「さっきあんまり食べられなかったので」とつぶやいたポン吉の事を主人に話しながら
私は笑い転げてしまった。( ̄m ̄〃)ぷぷっ!
父の事もあり、ポン吉に食欲があるのが何より嬉しい。
食欲は健康のバロメーターであり、食べられさえすれば回復も早いだろう。
ポン吉の涙を見るのは、つらい。
好きな物を沢山食べて、笑っていたら、それで良い。

この日記を読んで、お悔やみを下さった方々にありがとう。
そのお気持ちが、とても嬉しいです。
ポン吉はこの通り元気なので、私もホッとしています。
お腹の子供はエコーで見てもらったら、(あくびをしていたらしい)とても元気です。
時間の都合ですぐにお返事が出来なくて申し訳けありませんが、この場を借りて、
ありがとうを言わせて頂きます。



お葬式
   3月11日(金曜日)雨


まるで故人を偲んで泣くかのように、終日雨の1日だった。
が、土砂降りでないのが救いで、葬儀に参列する人にも出棺の時にも困る程の
事はない。
涙が乾き切る事はないが、それでも大役を終えてポン吉の母はやっとホッとできた
ようだ。
やれるだけの事は全てやったと言う満足感と、これからの生活を思えば泣いて
ばかりはいられないと、ポン吉の父がやり残した志を「きっと私がやり遂げます」と
涙を拭いて笑顔を見せる。
年老いた両親は娘(ポン吉の父の妹)に肩を抱かれ、涙が乾く事はなく見ているのも
つらいが、それでも「ひ孫の誕生を楽しみにしています」と言ってくれる。
私達にも待望の孫が、少しでも元気を分けてあげられるならどんなにか良いだろう。
時の流れに悲しみを癒せるほど、たやすい事ではないと思うが、どうか心安らかに
なれる日が早く訪れますように。



お通夜
  3月10日(木曜日)晴れのち雨


去年の暮れに何度目かの入院をしたが、皆の生きて欲しいとの願いも、家族の
…とりわけポン吉の母の献身的な看護も祈りも届かず、3月9日の深夜に、
ポン吉の父が亡くなった。
発病してから3年間、癌と闘い続けて力尽きてしまうまで、どんなに理不尽な思いを
してきたことだろう。
入院当初、僅かでも希望が見える内は励ます事も出来たけれど、もう自分で覚悟を
決めてホスピスに転院してからは、私はかける言葉さえ見つからなかった。
年老いた両親が健在で、まだ未成年の末っ子とTくんを残して、どんなにか
心残りがあっただろう心中は、察するに余りある。
それでも最後は眠るように静かだったと、ポン吉が言う。
享年59歳と言う年齢は天寿を全うしたとはとても言い難く、弔問に訪れる人は
皆涙した。
それでもたった1つの救いは、急逝でない事だ。
長い闘病生活の中で、周りの皆にそれなりの覚悟が出来て行ったようだった。
私はポン吉の身体に障らないかと心配するが、ポン吉は足繁く病院に通って
「沢山話をしたから、思い残す事はないよ」と言う。
思い残しがないはずは決してないが、それでも受け入れるしかない事なので、
気丈に振舞っているのだろう。
ポン吉の母にしろ、年老いた両親にしろ、どんなに覚悟を決めてみても
仕方がない事と思ってみても、心底ではやりきれなさでいっぱいだろう。
現にこの私でさえ、癌と言う病気の計り知れない頑固さに無念の思いで、
いっぱいなのだ。
13時間に及ぶ大きな手術を受けたと言う。
その傷がやっと癒えたと喜んで、僅か2年後の再発とは。
私達は親戚になって、まだ1年しかたっていない。
家を建てるときも、ずいぶん相談に乗ってもらって、心強かった。
在りし日の、ポン吉の父の凛とした静かさと人柄の良さを思うとき、孫を囲んで、
これからあるだろう沢山の楽しい時を共に過ごしたかったし、もっともっと生きて、
ポン吉を見守って欲しかったと切に思う。
この無念さはどこにぶつけようもなく、ただつらく悲しい。



インターネット
   3月6日(日曜日)くもり時々晴れ


昨日と言うか、今日の夜中に目が覚めて日記を書いた後で、インターネットで検索を
した。
最近、心臓カテーテル検査に付く機会が時々あって、検査の方法や内容を詳しく
調べたいと思い、看護師の為の参考書を探して近くの本屋さんを回ったが、
どうしても見つける事が出来なかった。
で、インターネット検索をしたのだけど、素晴らしい!(ノ^ー^)ノ☆パチパチ
私が知りたい事が、詳しく分かりやすく解説してあって、ここ最近のレポートの作成に
とても役立っている。
私、この頃お勉強が好きになって"r(^_^;) ポリポリ
…診療所でぬるま湯につかっていたので、すっかり頭の中が錆び付いてしまって、
英語の頭文字ばかりが飛び交う検査室で、意味の解らない事に戸惑うばかり。
そんなときに、このインターネット!ホントに心強い味方です。

そんな訳で今日も朝起きたら、10時前。
一応8時に目覚ましをかけて寝るのだけど、最近起きられた試しがない(~_~;)
でもまぁ午前中に掃除洗濯を済ませ、お昼はポン吉が作ってくれた焼きうどんを
食べて、午後からキンギョソウを花壇に植えつけた。
去年種を播いて苗を育て、ポットに移したまではよかったが、葉の色が赤茶けて
枯れてはいないが生長もしていなくて、外からはどうなっているのか良く分からない。
それでもポットから抜いてみると、根はしっかりとついている。
とりあえず花壇に植えて、新しい芽が出てくれば万々歳だけど
どうなる事やら( ̄〜 ̄;)??
少し遅れて播いたストックも小さな苗のままで、春が来て暖かくなったら大きくなるの
かしら?
そろそろ通販カタログで、グラジオラスや春植えの球根を頼まなくては、植え付けに
間に合わなくなるし…。
これからどんどん暖かくなる春は、園芸作業が山積みで、嬉しい悲鳴を上げている。



お茶の時間
   3月5日(土曜日)晴れ


午後3時ごろ友人のTとその妹さんが、ケーキを持って遊びに来てくれた。
家に来る前にランチ食べ放題の店に寄って来たので、何も食べられないと言うので、
私はフレッシュジュースを作って出した。
私はあれから毎日飽きる事もなく、フレッシュジュースを飲んでいるが客に出しても
好評だ(*^^)v
彼女達の専らの関心事は、少しずつ咲き出したコチョウランと、美しいカトレアだ。
Tの妹は、温室がなくても育てられるカトレアを、どうしても育てたいらしい。
どうせ育てるのなら気に入った花を買いたいのだけど、中々普通の花店に置いて
ないと言うので、私が「今年株分けできそうな物を上げるから」と、と言う事になった。
今年楽しみにしていた名古屋ドームの世界ラン展は、未だに開催の兆しがなく
「今年は愛知万博で開催中止になったのだろう」と、しきりに残念がって今度、
都合の良い日に洋ラン生産農園に連れて行ってと頼まれた。
先日行った免許証更新会場から遠く離れた場所にあって、以前はTと2人で足繁く
通ったものだが、若い店主になってからは原種に近い趣味の花に偏って、最近は
すっかりご無沙汰だ。
それでも又違う花があるかもしれないからと、Tにせがまれて「では今度行こう」と
言う事になった。
でも…見れば買いたくなるのは必至だし、これ以上置く場所もないし… o(´^`)oウー
約束したから、と言うか…させれられた((Tには珍しく)から、行かねばならぬわなぁ。

夜はボーンスプレマシーを見ようと思い1人で劇場まで行ったが、出掛けに食べた
焼きそばがいけなかったのか、嘔気がしてお腹の調子も良くない。
イトーヨーカドーに着いて、先に用事を済ませているうちに良くなるかもと思ったが
一向に良くなる気配はなく、昨日は夜中に目が覚めて余り寝ていないのも重なって
気分は益々悪くなってきた。
これではとても映画を楽しむ気分ではないので、結局そのまま引き返してきた。
帰り着いたらすぐに、パジャマに着替えてテレビをつけ布団にもぐりこんだら、
そのまま眠ってしまったらしい。
きょうも又夜中に目が覚めて日記を書いているが、
ただいま午前1時48分…正確には昨日の日記と言う事になる(^_^;)



運転免許更新
   3月2日(水曜日)晴れのちくもり


誕生日が主人と同じ3月なので、毎回一緒に手続きに行っている。
今回もそのつもりで同じ日に休みを取って、帰りに梅林公園にでも寄って帰ろうと
考えていた。
前回まではフレックスタイムだったので、2人の受付時間が違うのを無視して
適当な時間に行こうと相談していたら、ポン吉が規則は突然変わるので確かめた
方が良いと言う。
私は、半信半疑で電話をしたが主人は10時半、私(優良ドライバー)は8時半か
13時半の2回しか更新の受付ができないと言う。
更新会場までは車で50分弱かかるし、山奥で何にもない自動車学校の建物の中で
待っているのもつらいので結局別々に行く事にした。
それにしても分かりづらい場所で何回か言っているから良いようなものの、それでも
曲がる場所をひとつ間違えば、どこへ行ってしまうかわからない。
ところが!だ。
会場のすぐ側まで行っても看板の1つも、立ってないのはどういう事?
せめて主要道路から会場に曲がる交差点くらいには、看板を立てて欲しいわよ。
1回の講習に150人程度の人数が集まり、それが1日に何回?
そして毎日それ以上の人数が更新や交付を受けていると言うのに、そんな場所に
標識どころか看板1つ立ってないなんて!!Σ(-"-;)
あれは迷う。
方向音痴の私でなくても、初めての人は絶対迷う。
しかも時間に制限が有るのだから、もっとちゃんとするべきだ!
よっぽど係員に言ってやろうかと思ったけど、後は5年後にしか用事がないので
黙って帰って来た(^^;ゞ
帰りは信号の上の道路標識に私の町の方向案内が随所に有ったので、来た道と
逆になるのにかかわらずスイスイと帰って来た。
…で、やっぱり思う。
協力費だ何だと5千円弱払ってきたけど、そんなお金を取るのだから、やっぱり
このくらいの親切はあって当然ではなかろうか!(;一_一)

早めの夕食を済ませてさぁお風呂に入ろうと思ったら、宅配のお兄さんが来て
サカタのタネからバラの苗を届けてくれた。
で、早速明けてみたらまぁビックリ(*_*;
立派な苗ではある。
新芽も出ている。
でもっ!根にミズゴケもピートモス(湿らせた用土に根を巻いて保護する)も
巻いてないってどういうこと?!
つまりバラの苗は、ナイロンの袋に入っていて根は裸!
届いてすぐに、植えられない場合がある。
だからと言って、根を24時間以上水につけっぱなしでは、窒息してしまう。
外に出しておけば、根が乾燥する。
どちらにしても苗を弱らせて、良い結果にはならないでしょう!!?
荷物だって、何かの都合で遅れることがあるかもしれない。
これは、如何にも不親切と言うもの。
今まで色んな所で苗を買ったけれど、こんな根を裸で送ってきたのは
初めて!( ̄□ ̄;)
私はどうしようかとしばらく考えた末に、家中の電気をつけてカーテンを開け、その光
を頼りにバラを植えた。
それも幸いに先日バラを植えたときに、植え穴を掘って土の準備をしてあったので、
出来ただけの事。
天下のサカタともあろう物が、これはちょっと頂けない!
今日は…不満だらけの書き込みでした。"r(^_^;) ポリポリ



幻のポポー
   3月1日(火曜日)晴れ


仕事が終わって帰ってくるとシュークリームが山ほど作ってあって、「一皿はTamiさん
の分だよ」とポン吉が言う。
私がTamiちゃんと呼ぶ友人の事を「Tamiさん」と呼ぶポン吉が微笑ましい。
夕食が済んで早速持って行くと「この前のアップルパイもとても美味しかったわ」と
Tは手放しで喜んでくれた。
そして帰りには、ミニトマトや菜花やホウレン草を沢山貰って来た(*^^)v
青果市場に勤める彼女は、野菜や果物を安く買えたり余った物を貰ったりするのだ。

ところで…ポン吉が楽しみにしていたポポーの苗木は、在庫切れとの連絡が来た。
一度は食べてみたいと、思いっきり奮発して、受粉樹共に2本で\13,800也を
自腹で振り込んできたポン吉は、とてもがっかりしていた。
私は値段を聞いてビックリしたが、それ程に食べたかったのかと、
少し可笑しい( ̄m ̄〃)ぷぷっ!
それでも立ち直りは早く、今度は「パイナップルで頑張るぞぅ~」だってさ(*^m^*) クスクス
「上手く育つかしら?」と2人で散々考えた末のポポーの栽培は、苗を見るまでもなく
儚く潰えた夢でした。(~_~;)