今月の日記です
3月1日〜3月31日


トップへ戻る>>先月の日記<<過去日記

たまには園芸ネタ(^_^;;;
     3月31日(土曜日)くもりのち雨


午前中の仕事が終わってから、歯科医院に行き治療をして貰った。
何とも頼りのない先生で、ポン吉は悪い歯を見つける事が出来なくて、氷を当てられた上に
良い歯を治療されたので、ちっとも痛みが治まらず他の医院に行ったら、すぐに治して貰った
らしく、「おかあさん、絶対にあんな所に行くの止めやぁ」と言うけど、私は結構気に入っている。
何より混んでいないのが良くて、行くとすぐにやって貰えるし、私はとりあえず間違う事なく
痛い歯を治療してもらっている(*^m^*) クスクス

しばらく寒い日が続いたが、ここ2〜3日の暖かさに誘われて、花壇の花があっちこっちで
咲き始めた。
ひげなでしこやラナンキュラスは、蕾に色が見え始めたばかりだが、水仙がきれいに咲きだした。
芍薬も赤い芽を沢山出してきて、スイートピーも花茎を出してきた。
ついでに言うと、去年の秋に播種して植えたストックも、花の少ない時期に次々に咲いて
沢山の切花を飾り、つい先日最後の花が終わったところだ。
播種して植え付けの写真を載せたのだから、やっぱり写真を撮っておくべきだったかも?(^^;ゞ

りゅうの記念樹にと植えた桃も、一昨年と去年で始末に終えないほど大きくなったので、
わけも分からずに剪定をしたが、沢山の花を付けた。
でもこの花って、実がなる枝の花かしらん?
夏乙女…植え付け初年度 2005年4月16日
夏乙女

植えつけたばかりで、まだ支柱で
支えてある。

枝を育てるために涙を呑んで( iдi )ハウー
去年までは小さな実が
付いた時点で全部千切り捨てた。
あれから2年経った春。
こんなに見事に育ったけれど
桃栗3年・柿8年
今年は食べれる実がなるかしら?
夏乙女3年目
去年から植えっぱなしの水仙 久しぶりに花の写真。
園芸日誌のつもりで始めたこの日記、
今ではすっかり育児日記になりにけり。

同じような事を、カールおじさんにも、
言われてしまった(*^m^*) ムフッ
ちょうど今、ポン吉が私の日記を覗いて
「おかあさんが、珍しくお花の日記を書いてる」
と言う(^_^;;;
桃の枝が繁って陽射しを遮る頃には、
葉が枯れてしまっているので、
木の根元でも
日照時間は十分確保できる。

それにこんな環境では他の花を植えるのに
適していないので3〜4年は
植えっぱなしにできるのが嬉しい。
八重咲き水仙(タヒチ)
明日は毎年代わり映えのしないコチョウランではあるが、きれいに咲いているので、
やっぱり撮影しておこうかなぁ?
今年はなぜか、カトレアもシンビジュームもホントに出来が悪かった(-_-;)
何でかなぁ( ̄〜 ̄;)??



遊んで貰ったよ。
     3月25日(日曜日)くもりのち晴れ


朝の内どんよりとしていた空は、午後から日が挿してきて、時折強い風が吹いてはいたが、
風が温かいので、りゅうを連れて外に出た。
バラの花壇にニョキニョキと生えてきたスギナを取っていたら、主人が出て来てりゅうを
預かってくれた。
塀の向こうに近所のお姉ちゃんの姿を見つけて、主人が「お姉ちゃんがいるよ。遊んで
もらえ」と言ったら、一目散に駆けて行った。
そばまで行ったら、しばらくもじもじしていたが、お姉ちゃんは遊んでくれそうな雰囲気だ。
縄跳び おねえちゃん、あそんで。

良いよ。
じゃぁ、なわとびをしようか。
わあい!わあい、なわとびだぁ〜!!
ぼく、はじめてさわるよ。
うれしいな!!


ぴょん、ぴょん、ぴょん
縄跳び嬉しいな
おかし、おいしいネ! たくさんあそんだから、ばあちが
おやつをくれたよ。
おねえちゃん、これどうぞ。
おねえちゃんは、いちりんしゃにも
のれるんだよ。
でもりゅうは、さんりんしゃも、
ひとりじゃのれないの。
おねえちゃんって、すごいなぁ。
1輪車
腕枕 その頃…ゆづきは腕枕?でお昼寝です。

う〜ん、おにいちゃんがいないと
しずかにねむれるわぁ
沢山遊んだから、夕食を食べてる間に
眠たくなってきたらしい。
目がだんだん閉じていくので
名前を呼んだら一瞬目を開けたが…

ふわ〜ぁぁぁ…
眠い
寝ちゃった。 次の瞬間、ついにダウン。

もう、げんかい(-。-)。。zzZ
近所のお姉ちゃんは、とってもおりこうさん。
おやつの時に、「ジュースがなくてお茶でごめんね」と言ったら、「持ってきましょうか?」と言う。
年齢を聞くと、1年生と言う。
中学生では、ちょっと幼い感じがしたので、遠慮がちに「エ?中学生?」聞いたのだけど、
小学1年生だと言ったので、ホントにびっくりした。
言葉遣いもしっかりとしていて、どう見ても4年生くらいには見えるのだけど?。

えくぼの可愛いお姉ちゃんは、1輪車に乗ってみせたり、任天堂DSを持ってきたり、長い時間
りゅうを遊んでくれた。
すっかりご機嫌のりゅうは、いっぱい走り回ったのですっかり疲れたらしく、夕食の途中で
ついに眠ってしまった。

夕食の時間、ポン吉がケーキを出してきて、「誕生日お目でとう」と言ってくれた。
デコレーションケーキがなかったので、ショートケーキにしたと言うのだけど、私はすっかり
きょうが誕生日である事をを忘れていたので、とっても嬉しかった。
誕生日や母の日を祝って貰う事など、ポン吉が嫁に来てからの事なので、女の子って良いなって
つくづく思う、今日この頃y(^。^)y
例のごとく、食い気が先に立ってケーキの写真は、撮らず終いで気が付いたら皿は空。
りゅうの写真がこれだけあるなら、ケーキの写真の一枚くらいは、載せて欲しいと思う
だろうが…ポン吉も同罪じゃないかい?( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

そして11時16分、りゅうはまだ起きる気配はなくポン吉が2階に寝かせに行ったが、
朝まで眠るだろうか?



フィギュアスケート
     3月24日(土曜日)くもり後雨


この1週間は、ずっとテレビのフィギュアスケートに釘付けだった。
高橋大輔、史上初日本男子銀メダルの快挙!
浅田真央の愛くるしい表情や演技は見る人すべてを魅了させずにはおかないが、私は
何と言っても気になるのが、安藤みき(どんな漢字?)
真央ちゃんがフリーで最高の滑りを見せた後も、気になるのはみきちゃんの事ばかり。
オリンピックの失敗や、肩の故障など苦しい事が多くて、何とか勝たせてやりたくなる。
最後にみきちゃんがリンクに出てきてから、滑り終わるまで心臓がドキドキして、まるで親の
気分である(^_^;;;
そうして、落ち着いた演技を見せる中、私はポン吉と一緒に見ていたが、「これでみきちゃんが
勝てなきゃ、贔屓だわ」とぶつぶつ。
ポン吉はどちらかと言うと真央ちゃん派だけど、私に同調してくれる。
そして薄氷一枚の僅差で、みきちゃんの勝利が決った時は、思わず一緒に泣いてしまった。
それでも、真央ちゃんのガッツポーズや、泣き顔も又、かわいくてかわいくて、やっぱり泣いた。
日本人選手が表彰台で1位と2位を独占するなんて、感動!!
ホントにホントに素晴らしい演技を見せて貰って、感動と興奮の夢のような一週間だった。



留守番
   3月20日(水曜日)晴れ


春分の日にふさわしく、ここ一週間の寒さが漸く緩んで、暖かくなって来た。
午前中はりゅうとずっと外にいて、草取りをしたり洗濯物を干したり、散歩に行ったりした。
洗濯物を干していると、「抱っち抱っち」とせがむので、「りゅうくんお手伝いして」と言うと「うん」と
返事をする。
洗濯籠を下に置いて、「1つ頂戴」と言うと、洗濯籠の中から一枚取り出して渡してくれる。
干すのに間に合わないほどどんどん取り出してくれるので、「ちょっと待っててネ」と言えば、
「ハイ」と言って、手を休める。
そうして全部の洗濯物を干しあがるまで、お利口さんでお手伝いをしてくれた。(*^^)v
それから草取りをしたが、時々背中に抱き付いてきたり、石を拾って渡してくれたり、教えたら
小さな草を「プチン」と言いながら、引き抜いて(千切って)おとなしく遊んでいた。
一旦家の中に入ったら、ポン吉が夕食の支度(りゅうが邪魔をしない時に平日でもとりあえず
夕食の支度だけはするのだそうな)でまだ忙しそうにしていたので、もう一度外に出た。
りゅうを三輪車に乗せて、時間をかけて近所を散歩して来た。
ついこの間まで、三輪車のペダルに足がかからなかったのに、今では無理なく足を乗せている。
家の前まできたら近くのアパートに住んでいる親子連れにあって、少し話をした。
りゅうより2ヶ月遅いその子は「未熟児で生まれたので小さいの」と、お母さんが話していた。
りゅうが「お家」と言うので、家に帰ったが、 現代の医学にはホントに脱帽。
1500gで生まれたと言うその子は、昔だったら絶対助からなかっただろうに、今おかあさんと
一緒にバイバイをしている。
ゆづきも妊娠初期からずっと、出血が続いたが薬を飲み続け、命が助かったら今度は後遺症を
心配したが、元気に生まれてきてくれて、本当に良かったと思う。
昼食を済ませてからポン吉はりゅうを連れて出かけて行ったので、私はゆづきと留守番だ。
それにしてもゆづきはおとなしく、お腹が一杯なら目が覚めていても泣かないし、抱っこすると
すぐに眠ってしまう。
そんなわけで今日はゆっくりパソコンに向かう事ができているが、そろそろ台風の目が帰って
来る時間だ(*^m^*) ムフッ

ぼく、いちできるよ。 ん?たいふうのめ?!Σ(-"-;) シツレイナ

ぼくネ、いちができるようになったよ。
でもネ、ブイはまだむつかしいな。 でも、ブイはちょっとむつかしい。
ゆづき、ないたり ゆづきの百面相

泣いたり

だって…おなかがすいて、いるんだもん。

ばあち、しゃしんとってないで、
みるく、ください。
笑ったり

わたし「かわいいね」といわれると
ついわらってしまうのよ。
わらったり
おしゃべりもできるよ。 おしゃべりしたり

そうよ、おんなのこだから
おしゃべりするの、だいすきなの。

ママと、ばあちが、「お兄ちゃんより沢山
お話しするわね」って、はなしていたよ。
そして…なぜか憮然

・・・ ・・・ ・・・

わたし、ふきげん。
このかくどでみるふうけいって、すてき。 3月20日 ゆづき3ヶ月

ついに頸がすわったよ。y(^。^)y

かおをあげると、そとのせかいが
ちがってみえるわ!



春うらら
  3月18日(日曜日)晴れ


朝起きたら私が一番遅くて、皆もう朝食を食べていた。
いつもの様にゆっくり朝食を食べた後、掃除洗濯を済ませたら、息子夫婦がりゅうを連れて
出かけたので、私はゆづきを主人に頼んで外に出た。
花壇には春の花が揃って芽を出しているが草も又、活き活きと活躍の場を延ばしている(-_-;)
芍薬が真っ赤な芽を出しているので、その間の草をとりユリの花壇の草を抜いた。
それだけで裕に1時間かかり、主人に呼ばれてゆづきのオムツ(ウンチ)を替えたついでに、
ちょっとおやつをして…シュークリーム1個に、桜餅を食べれば全然ちょっとじゃないかも(^_^;;;
スーパーの袋に3つほど溜まったぼかし(生ゴミを処理した物)を花壇にまき、花の終わった
プランターの古土と一緒に、スコップで混ぜ込んだ。
風はそれほど強くはなかったが、日が照らなくなると急に寒くなったし、そろそろ疲れたので
今日の作業は終わり。



歯科にて
   3月14日(水曜日)晴れ後くもり


今日は週休で、午前中に歯科に行った。
暖冬の最後の抵抗なのか、朝夕の気温は平年を下回り、日中でも風が冷たくてとても寒い。
歯科の待合室で私は任天堂DSの、最近撲滅ゲームをしながら、順番を待っていた。
2人しかいない医院の待合室で、足元が冷えて寒いので私と同年代位の男性に断って、
電気ストーブのスイッチを入れたら、彼はストーブの近くの席を譲ってくれた。
それをきっかけに話し出したのだが…。
スカートにストッキングだけの私を見て、「女の人はそんな格好をしているから、寒いわな?
こんな事を言っては何だけど、家の嫁は一度もそんな格好をした事はないよ。スカートは持って
いないらしい。いっつもズボンを履いてて、たまにはおしゃれをして欲しいと思うんだけど、
そんな事は言えんしね。家の奴も仕事柄結構おしゃれで、スカートをよく履いているけど、
まぁ歳を取って来たんで、仕事を辞めさせたんだわ」
奥さんもお嫁さんも美容師さんらしい。
私は適当に相槌を打っていたが、そんな初対面の顔も知らない奥さんや職業の話なんか、
全く興味がない。
自分の仕事がどうのこうのと言い出したときには、さすがに相槌を打つのも嫌になって、
無視を決め込んだ。
そんな事より私は細菌撲滅のステージをクリアする事の方に、よっぽど興味が
あるんです!!Σ(-"-;)
その内自分の順番が来て、診察室に入って行ったけど、何なの!一体。
いるんだよネェ。こんな人┐(-。ー;)┌

午後からは遅めの昼食を食べて、友人のTの家にりゅうを連れて行くわと言ったら、ポン吉が
「猫が見たいから私も行く」と言う。
冗談かと思ったら本気だったらしくて、Tに電話をして了解を貰ったら喜んで
ついて来た( ̄m ̄〃)ぷぷっ!
それから祐月を連れてお邪魔したが、りゅうとポン吉は喜んで猫を撫で回していた。
りゅうは先日連れて行ったときには、私にしがみついて離れなかったが、今日はママが一緒
だからか、Tの主人がいないからか、とてもリラックスして良く遊んでいたので、1時間くらい
いたが、お互いに夕食の準備もある事なので、帰って来た。
今日は寒いので、園芸をする気にもならず、久しぶりにゆっくりの休暇だった。



病院のはしご
   3月10日(土曜日)晴れ後くもり


1昨日から左の奥歯が痛むので、今日は朝から歯科医院に行った。
X線写真を撮って、歯根が炎症を起こしているのでしょうと言う事で、かぶせてある歯に穴を
開けて薬を塗って貰った。
来週の予約をして医院を出てから、メガネを取りに行きそのすぐ側に、耳鼻科があるので、
ついでに減感作療法の注射を受けてきた。
2年前に作ったメガネが見難くなってきたので、作り直したのだけど、必要のない矯正が
してあったらしく、前より余計に見辛くてその上かけていると、気分が悪くなるので、再度視力を
測って作り直して貰ったのだ。

お昼過ぎに息子夫婦がりゅうを連れて出かけたので、私はゆづきと2人で留守番をした。
ゆづきが寝ている間に、掃除洗濯をして、メールの返事を書いた。
キッチンを片付けていて、ふっとゆづきを見ると目が覚めてニコニコと笑っている。
しばらくゆづきとお話をして、オムツを替えてやろうと外してみたら、まぁびっくり!
沢山のウンチをしているのに、なんでこの笑顔?
ウンチをきれいにしてやったら、満足したのか又眠ってしまった。
ゆづきの子守はまだまだ楽だわ。(*^^)v



夏日
  3月4日(日曜日)晴れ


主人に起こされて目が覚めたのは、10時半を回った頃だった。
私が遅めの朝食を済ませても子供達はまだ起きて来ないので、痺れを切らした主人に
促されてりゅうを起こしに行った。
まだ布団の中で眠っているりゅうを抱きかかえて階下に下りてくると、さすがに目を覚ましたが、
沢山寝たので機嫌は良い。
余りに外が暖かいので、主人は外でご飯を食べようとりゅうを連れ出した。
お庭で朝食 おにわで、たべるおにぎりは
いつもよりおいしいネ
あ〜あ!てについちゃった。 お庭で朝食2
デザートもあるよ。 ばあちのねえちゃんがおくってくれた
たかおかぶんたんを
ばあちにむいてもらったよ。
すっぱいけど、みかんはだいすきなの。

(カメラを向けると必ず良い顔をする。
自然な表情がとれないのが
この頃の悩み(^_^;;;  )
ごはんのあとは、きがえてしばふであそぶの。
は〜っ!きもちいいなぁ。
芝生で寝転んで
ネェネェ、かぎをあけてよ。 もう、おにわであそぶのは、あきちゃった。
ねぇねぇ!じいちゃん、おそとへいこうよ。
上着も必要なく、外に居ると暑いくらいだったが、それもそのはず夕方のニュースできょうは
25度の夏日を記録したと言っていた。
だがこのまま暖かくなるわけでもないらしく、明日は雨が激しく降って春の嵐になるそうな。

そう言えばゆづきは先週の土曜日の夜から、良く眠るようになった。
多い時は8時間くらいはたっぷり眠るようで、このままリズムが整ってくれる事を願うばかり。



ゆづき初節句
   3月3日(土曜日)くもり時々晴れ


今年の冬はホントに暖かくて、寒さを感じる事もなくもう3月になってしまった。
今日も朝からぽかぽかと良い陽気で、上着なしで外に出ても平気なくらいだ。
りゅうはじいと外に出て、庭の枯れた芝生の上を走り回り、寝転んだり洗濯物を干して
いる私に抱き付いたりして、大はしゃぎだった。
午前中に部屋の掃除を終わらせて、昼からカーネーションに支柱を立て、花壇の
草取りをした。
冬の間放っておいた草はしっかりと地面に根を張っていて、終わった後に爪が痛い。

今日は、ゆづきの初節句だが、特別に何をすると言う事もなく、皆でうなぎを食べに
行った。
近くに住むポン吉(嫁)の姉も途中で加わって、賑やかに食事を終えた。
ゆづきはそろそろ2ヵ月半になり、もう首が座ったかと思うくらいにしっかりして来た。
起きていてもお腹が空いたり、オムツが濡れていなければ、おとなしく目を開けているが、
こちらが気が付いてあやしたりすると、必ずニコ〜ッと笑う。
それから「あー、うー」と大きな口を開けて、一生懸命喋る。
最初の内は偶然かと思ったが、偶然と言うのはそう何回も繰り返したりはしないはず。
「ゆづきはきっと、分かって応えているんだよ」と、家族全員がご満悦だ。(^^_)ルン♪
ゆづきが笑った。 ばあち、おはなししてね。
おはなししてると、とってもうれしくなるの。 ゆづきが、笑ったよ。2
昨日、向井あきのドキュメンタリードラマをやっていた。
私はちょうど半分が終わったところでテレビを付けたが、ドラマを見て久しぶりに泣いた。
2度の代理母出産に失敗して、3度目の挑戦をしようかどうしようかと迷うところから観た。
代理母出産と言う形で子供を欲しがる向井を、他人は傲慢だ、自己中心的だと、
誹謗中傷するが、果たしてそうだろうか?
私は結婚して3年間子供が出来なかった。
私より後から結婚した友人が、子供が出来たと喜ぶ様を見て、笑顔で
お祝いの言葉を述べながら、陰で泣いていたつらさは今になっても忘れない。
女に生まれたら、誰でも普通に子を持つ事が出来るはずなのに、なぜ私のところには
赤ちゃんが来ないの?と。

生みっぱなしで他人に渡す親もいる。
子供を置いて遊びに行き、帰って来ない親も居る。
果ては我子が邪魔になったと、手をかける親まで居るのに、他人の子宮を借りるからと
言って、非難できる程、人は無欲な人生を送っているのだろうか?
愛する人の子供を欲しいと、願って何が悪い。
確かに代理母の身体にかかる負担を考えれば、諸手を上げて賛成とは言い兼ねるが
それを承知で産んでくれると言う人が居るのなら、それは両人の問題であって
他人がとやかく言える事ではないような気がする。
代理母は2度失敗すると、3度目は代理母を変える決まりになっているらしい。
2人目の代理母は3人の子供の母親で、子を持つ幸せを向井にも味わって欲しいと
言う。
代理母(シンディーと言ったかしら?)は、最初の対面の時に、私の好きな言葉に
「私の上には、いつも雨が降っているけれど、あなたが傘をさしかけてくれた。」と
言うのがあるの。
傘をさしかけた人は濡れるけれども、私は傘をさしかける人でありたい。だから、
向井に是非、子供を抱かせて上げたいのだ」と言う。
そうして双子を妊娠、帝王切開で出産し、向井とその夫が子供をその手に抱いた時に、
私は、一緒に泣いた。
泣ける映画が好き。泣けるドラマが好き。
最近は前評判は良くても、中々泣ける程の感動がない。
でも、昨日は久しぶりに泣いて、とっても気持ちが良かった。
代理母出産は日本では認められていないからと、未だに彼らの子供は日本国籍を
得ていずに、出生届けの受理をめぐって今、最高裁の結果を待って居るらしい。

私は結婚して4年後に、たった一人息子を持つ事が出来たが、そのおかげで嫁が来て
孫が2人も生まれて家族が倍になった。
お金はないけど、孫と暮らせる幸せを日々感じて居る。
不妊治療は病気ではないと言う観点から、ずっと保険適用ではなかったが、いつから
なるのかなったのか、保険が使えるようになるはず。
不妊治療のつらさに経済的な負担。
赴任で悩む人達に、この経済的な負担だけでも軽くなる事を、喜ばしく思う。