今月の日記です
1月1日〜1月31日

トップへ戻る>>先月の日記<<過去日記

お通夜
   2月3日(日曜日)雪のち雨

かねてから病気療養中だった主人の姉が、2月1日の金曜日の午後に亡くなった。
主人より10も年上の姉は若い頃、主人の事をとても可愛がってくれたらしい。
仕出し料亭の女将として若い頃から粋に着物を着こなして凛としている姉は、いつも主人の自慢の
姉だった。
60の手習いで始めた絵手紙はめきめきと上達し、時折もらう絵手紙はほんわかとして暖かく
そのたびに味わいを深くしていった。
又水彩で七福神や虎を好んで描き、出産や新築のお祝いに義姉の描いた掛け軸を貰ったりした。
後で聞いた事だけど、NHK杯で賞を貰った事もあるそうな。
でも生前、義姉の口からそんな事は聞いた事もない。
そんな義姉が腹痛で最初の入院をし、その後も何回となく入退院を繰り返していたが、ついに今回
物言わぬ退院となってしまった。
義姉が逝ったその日の午前に、私の居る病院の検査室で顔をあわせた時、とても弱々しかったの
で「大丈夫?」と声をかけ、一言二言、言葉を交わした後、検査が終わって部屋を出る時に義姉が、
ベットの上から、とてもハッキリとした顔で笑いながら私に「バイバイ」と手を振った。
時々検査室で顔をあわせる事はあったが、バイバイと手を振ることはなかったので、私はあれ
珍しいなと何となく違和感を感じた。
その日の夕方に意識がなくなったと連絡をもらい、びっくりして駆けつけたがもう誰とも口を聞く事は
なく、翌日(2日)の午後3時過ぎに息を引き取った。
今日お通夜で義姉の家に行った時に、病院で書いた遺書があったと言う事を聞き、あの時義姉は
死を覚悟して私に今生の別れを言ったのかもしれないと思うと、姉の生き様をまざまざと見せられた
様な気がする。
知り合いの病棟の看護師も「最後まで病気と闘って、生きる事に一生懸命でした」と言ってくれた。
2年前に父を亡くし今又母を亡くして、残された家族の心細さや寂しさは如何ばかりかと思うが
生きていても、これから来ただろう病気の予後を思うと、どちらにしても忍びない。
最初に病気が発覚してからこれまで、きっと心の休まる日はなかったと思うが、それを微塵も見せ
ず女将に返り咲き息子夫婦を助けて頑張っていたと言う。
お義姉さん、お疲れ様でした。
あちらでお義兄さんと再会して「とっても頑張ったよ」と自慢してください。
そして心安らかに眠ってくださいネ。



明日は週休
   1月29日(火曜日)雨時々くもり


明日は週休なので、今日は夜更かししている。
なぜか休みの前の日は眠たくて、帰ってきてすぐに昼寝(夕方寝?)をしているゆづきの横で
ぐっすり眠ってしまい、目が覚めたらすでに9時を回っていた。
それから風呂に入り夕食の後片付けなどしたら、夜中の1時を過ぎてしまった。

先週の土曜日に1年ぶりくらいで映画『スィーニー・ドット』を見た。
ジョニーデップのミュージカルと言うので楽しみにしていたが、結果は…
美しい妻を奪われた床屋の主人(ジョニーデップ)の復讐劇だけれど、これでもかと繰り返される
残虐な殺しのシーンはホラーにしては『レッドドラゴン』のような工夫もなくて単調すぎるし、ロンドン
と言う町の設定なので無理もないのかもしれないが画面は暗いし、ラストシーンはとても後味が
悪かった。
ポン吉が興味を持っていたけれどR15でとても妊婦に見せられる内容ではないので、やめた方が
良いよと言ってやった。

27日(日曜日)にはセーターが出来上がったので、きょうクリーニングに持って行った。
明日は、りゅうとジョウシンに行き、時間が余ったらゆづきのジャンバースカートを編もう。



エアコン
   1月25日(金曜日)


ここ何日間かの寒さに加えて最近エアコンの効きが悪く、やっぱりこの寒さを乗り切るにはエアコン
では、無理があるかと思っていたが、ポン吉がタイミング良く同じ事を言った。
「この頃2階が寒くてどんどんエアコンの温度を上げて、ついに28度まで行ったけどちっとも暖かく
ならないので、フィルターを掃除したら物凄く効きが良くなったよy(^。^)y」と言うのだ。
それで早速フィルターを外して見たら、まぁびっくり!W(`0`)WOh My God!!
フィルターの網目が全く見えないほどに、びっしりと埃が詰まっているではないか!
フィルターに掃除機をかけてすっかりきれいにした後に、エアコンをつけたらぶぁ〜っと、暖かい
風が吹いてきて、さっきの寒さは何だったの?!と驚くほどの暖かさ。
そう言えば夏に一度掃除をしただけで、金輪際フィルターを見る事もしなかった。
大寒のこの時期に最低温度は0度を下回るほどになり、本気でファンヒーターを出してこようかと
思ったが、単に掃除をしなかったが為のエアコンの機能低下とわかって、深く反省ヾ(_ _*)ハンセイ
これからは、小まめに掃除をしようと思った次第。

ポン吉が子育てを終わった後の就職に向けて、パソコンのワードとエクセルの検定を受けようと
通信教育の資料を取り寄せた。
資料を見せてもらって俄然興味が沸き、ポン吉と一緒に私も検定を目指そうかなと、話をしたが
ポン吉は出産を2ヵ月後に控え、出産後3ヶ月はできないと思うから、半年後に申し込むと言う。
どの道子供が小さい内は、私が家にいるようにならなければ勤めに行けないのだから、それから
でも全然遅くはない。
が、やる気になった私は待ちきれずに一足先に、りゅうを連れて本屋さんに行き、ワードの参考書
を買ってきた。
早速中を見ようとパソコンの前に座り、1ページもめくらない内に、物凄い睡魔に襲われて、
パソコン用のクッションの背もたれに頭を置いたまま、1時間以上爆睡してしまった。
ふと気が付いて目が覚めたら、首が回らないくらい痛くて、暫くは下を向く事もできない程だ。
それから、ゆづきと風呂に入り、茶碗を片付けてからワードの本を開いて見たが、が〜ん!!
私のワードのバージョンは2002なのに買ってきた本は2003で、新しい機能が増えたと書いてある。
私がパソコンを買ったのは2003年の春で、その年の秋に新しいソフトが出たようだ。( ̄□ ̄;)
私は、来年定年退職を迎える身であり、その時にデジタル対応のテレビと一体になった
パソコンを買うつもりでいるので、もう少し我慢して2002で使える機能だけでも勉強しようと思って
いる。
ホームページ以外では文書を作るときにずっとエクセルを使ってきたのだが、最近ワードが
文書を作る為のソフト(今更だけど(;^_^A )であり、どんなに便利な機能があるかを再認識した
ばかりなので、遅ればせながら今度はワードを使ってみようと思っている次第。
そして又…セーターの仕上がりが遠くなる〜〜(>_<)



ポン吉の実家で
     1月20日(日曜日)くもり


昨日中々寝付けなかったので、今朝は10時ごろ主人に起こされた。
遅めの朝食を食べた後、洗濯とトイレ掃除だけをしたら、もうお昼になったので、かねてからの
予定通り、ポン吉(嫁)の実家に皆揃って出かける事にした。
お正月の挨拶も済ませていないので、挨拶のついでにお昼を食べようと、あれこれと食べたい物を
予約しておいたのだ。
ポン吉が浜焼きが食べたいと言い、さばなの?と私は思ったが、丸焼きの大きなさばは、食べて
見ると皮は香ばしく、あっさりとしてびっくりする程のおいしさだった。
又、ゆづきやりゅうがちょうだいちょうだいと、催促して食べたがるが、身も骨も大きいので
ぽろぽろと食べやすく、あっと言う間に平らげた。
カニは越前ガニと松葉ガニを出してもらい、味噌が沢山で物凄く甘く、又足もカニ酢をつけるには
勿体ない位のおいしさだ。
それからブリしゃぶと言うのがお勧めと言うので、頼んで見たが息子と子供達がおいしいと、殆ど
食べた。
カニシャブは身が沢山残ったので、てんぷらにしてもらい、とらふぐの刺身は私と主人が所望した
ので2人で食べてと、ポン吉が言い息子はそう言う物を食べないので、堪能した。(^^♪。
又、ふぐのから揚げはポン吉が頼んだが、コースで頼むふぐのから揚げは、刺身を取った後の身で
作るので、今まで骨付きのものしか食べた事がなかったから、全部が身なのにびっくりした。
もうご飯がおわる頃にポン吉の姉のTisaちゃんが子供連れで、遊びに来たので一緒に食べようと
誘ったが、「まかないを食べるから」とホンの少しだけつまんで行った。
もうお腹が一杯になった頃に、ワカメのしゃぶしゃぶと言うのが出て来て、これもお勧めと言う事
だったが、このおいしさにも驚いた。
茶色のワカメが湯につける事で、きれいな緑色に変わり、しゃきしゃきとした歯ごたえで、ホントに
おいしいy(^。^)y
ワカメがこんなにおいしい物だったなんて、知らなかった〜〜。
もうすっかりお腹が一杯になって、おじいちゃん達の部屋に戻り、子供達を遊ばせながら時間を
過ごした。
そうしている内に、、コーヒーの出前を取ってくれて、Tisaちゃんのお土産の羊羹や、シュークリーム
などを頂いた。
お店はランチの客で一杯で、座敷が空かないからと客を断るほどの忙しさで、Yukiねえ(ポン吉の
母)とは、ゆっくり話をする事も出来なかったのが、心残りではある。
帰りの車の中では昨日の寝不足も手伝って、眠り込んで終い目が覚めたのは家に着いてからだ。
今まで食わず嫌いだった物が、こんなにおいしいと言う事を発見して、世の中にはまだまだ
おいしい物が沢山あるのだと、思い知ったが、これは小さな頃からおいしい魚を食べて育った
ポン吉のおかげに他ならない(*^m^*) ムフッ
帰りついたのは6時半頃だったが、さすがに夕食は食べられない(^^;ゞ
お風呂に入って、孫達は2階に上がって行ったが、りゅうはすぐに眠ったようだ。
沢山遊んで疲れたのだろう。
さぁ、きょうはおいしい物を沢山食べたから、明日からの活力にして頑張ろう。



待機、呼ばれた!?
    1月19日(土曜日)晴れ


今日は、土曜日休みの日だったが、師長が体調を崩したので(ぎりぎりの人数で勤務をしている
職場なので)替わりに急遽出勤する事になった。
午前中の仕事がほぼ終わった頃に、緊急心臓カテーテル検査の介助に付いたので、治療を
兼ねた検査が終わったのは、1時半を過ぎていた。
この1月から勤務交代で外来に降りた先輩のMさんと一緒に昼食を摂って、お互いの近況や
大変さをお喋りし、家に帰ったら3時前だった。
それから、りゅうを連れてホームセンターに行き、家庭用品を買ったが、待機の身では寄り道も
ままならずそのまますぐに帰って来た。
それから何事もなく、土曜日と言う事も有って夜更かしをしていたが、さぁそろそろ寝ようかなと
言う時に待機の電話が鳴った。
これから吐血の患者の内視鏡検査が始まるが、何分で来れますかと言うので、20〜25分ですと
答えたら、病棟の看護師がついていてくれるので、呼ぼうかどうしようかと迷ったけれど、もし
処置になるようなら時間が長引くので、来て欲しいと言う事だった。
それから内視鏡室に電話が切り替わり、知り合いの看護師とちょっと話をして、検査はこれから
始まるというので、行ったわ終わっていたわでは困るので、カメラが入って中を見たら、もう一度
連絡をくれると言う事で一旦電話を切った後、すぐに車のエンジンをかけて白衣に着替えて待った。
わざわざ更衣室に寄って着替えなくても済むように、待機の日は白衣を持って帰る事にしている。
女子寮にある更衣室の玄関の鍵が指紋認証と言う曲者で、手が冷たくなくても中々認証されず
何度も何度もやり直しをさせられる!Σ(-"-;)
皆が出入りする時間帯ならともかく、時間外で遅くなったりした時に、何度やっても扉が開かない
ので痺れを切らして、白衣のまま家に帰った事もあるほどだ。
なので、緊急時にそんなところで時間を費やすわけにはいかないので、白衣を持って帰ることに
した。
それから5分後に再び電話が入り、処置を必要とするような事はないので、来なくて良いと言う事
だった。
で、もう寝ようと思って布団に入ったのが1時半頃だけど、目が冴えて全然眠れないので、起きて
来て、昨日(現在午前2時58分)の日記を書いている次第┐(-。ー;)┌
明日は出かける用事があるので、そろそろ眠らなくっちゃ。



   
カニ
  1月13日(日曜日)晴れ後くもり


朝は良く晴れていたが風が強く、洗濯物が飛んで行きそうな勢いだ。
それにもめげずに洗濯物を干し、掃除を済ませた頃に、息子夫婦はポン吉の実家に出かけて
行った。
パパやママより先に、すっかり準備が
整ったゆづきは、ばあちと遊ぶ。

去年の暮れから2〜3歩歩き始めたゆづきは、
今ではすっかり、上手に歩くようになった。

歩いては転び、又歩くが、
モモちゃん(お尻拭き)で、拭き掃除をするのが
好き。

転んでもただでは起きないのが
ゆづき流の歩き技y(^。^)y
実家から帰ったら、ママと遊ぶ。
マリは私の友人の母親が、作ってくれた
ゆづきのお気に入り。

りゅうは、ちょこまかと動いて中々写真に
おさまらない。
私達へのお土産はズワイガニを
1人に1匹と、豪勢\(^▽^)/

先日テレビで放映していた、手で割る、
上手なカニのさばき方を披露するポン吉に、
カニが大好きな主人は、カニミソを
こぼされないか、身がちぎれないかと
色々文句をつけ、ハラハラドキドキで、今一
信用してない様子。

カニは、身がぎっしり詰まっていて、とっても
おいしかった!
Yukiねえに感謝です!(^。^)アリガトウ♪

ゆづき、お風呂の後はお肌のお手入れです。
私が、化粧水を付けていると必ず寄って来て、
一緒にお肌をペチペチと、たたき出す。

大人のやる事をいつも見ていて、真似をする
しぐさが可愛いやら、おかしいやら((^▽^笑))
れでぃーのたしなみといえば、ごはんのあとは、
おくちもきれいにしなくちゃネ。


ゆづきは言葉を喋っているのではないかと思うような、発音をしょっちゅうしている。
りゅうが最初に覚えた言葉は、「きれ〜い」だったが、ゆづきはどうも「かわいい」と言うような気が
する。
ゆづきは女の子だから小さい時から、皆で可愛いを連発して来たので、可愛いといわれると
飛び切りの笑顔を見せて喜ぶからだ。
歩けるようになった事に続いて、喋りだすのはそう遠くないような気がする。



パチンコ
    1月6日(日曜日)晴れ


久しぶりに暖かい1日になり、洗濯物が良く乾いた。
お昼過ぎにお正月にすっかり負けたパチンコのリベンジにと、出かけて見たが、大当りのたった
1度も引けずに、カウンターパンチの返り討ちにあい、スゴスゴと帰って来た。
あ〜あ!!!お正月の1日目からこの1年を予測するような運のない出だしは、今日で決定的に
なってしまった(-_-;)
で、せっせとセーターを編み、夜までかかって編み上げたので、後は仕上げをするだけだ。
何とかこの冬に2枚目のセーターも間に合いそう。



待機
   1月5日(土曜日)晴れ

 

今日が休みで連休と喜んだのもつかの間、突然の待機を言いつかってせっかくの休みが、最も
憂鬱な日に変わった。
急な勤務交代で待機をやれるスタッフが4人から3人に減ったので、その1人分を3人で受け持つ事
になったのだ。
待機の日は朝8時には起きて、すぐに出かけられるように身支度を整えて、家から1歩も出ずに
待機に備えるわけで、いつ呼ばれるかと携帯ばかりを気にして過ごす事になる。
で、その最初の振り替え待機の今日、午後3時ごろに電話で呼ばれた。
くも膜下出血の脳血管造影で、その後治療をする事になったので、延々5時間かかってしまった。
家に帰ったのは9時前で、すっかり疲れてしまい、遅い夕食を食べてテレビを観ていたらいつの間
にか眠ってしまい、この日記夜中に書いてます(^^;ゞ



ゆったりのんびり
     1月3日(木曜日)くもり時々晴れ


年末の休みは大掃除やら正月の準備で忙しく、何日有ってもゆっくりできないが、年が明けたら
途端にゆっくりモードに入り、食べては寝ての繰り返し。
そんなわけで体重増加は必至の事(^^;ゞ
今年は息子もゆっくりと休みが取れたので、子供達の面倒を良く見てくれて、私は専ら自分の事に
専念する事ができた。
2日は、セーターの後ろ身頃を仕上げた後、夕方から主人と一緒にパチンコに行った。
これがネェ…せっかく確変で大当りを引いても後が続かなくて、2回1セットであっけなく終わり、
その後は打てども打てども大当りを引けず、結局出玉を全部呑まれて、あっちに台を変わり、
こっちに座りして、予定額を全部負けて1日のリベンジならず又も、スゴスゴと帰って来た(-_-;)
今日は、自宅待機の日なので家から1歩も出ず、ただひたすらにセーターを編んだ。
そして前身頃が完成。
明日から仕事始めだけど、明日1日行ったら土曜日が休みなので、連休になる。
そんなわけで今年は、ちょっとゆっくりできるかな(^。^)



お正月
   1月1日(火曜日)くもり時々雪


朝の内は良く晴れて良いお天気だと思ったのもつかの間、10時ごろからどんよりとしてきて
時々雪が舞う寒い1日になった。
皆で朝昼兼用のお節と雑煮を食べて、洗濯を干した。
1月1日は何もしてはいけない慣わしで、掃除や洗濯は2日以降にと言われた物だが、ポン吉に
言うと「え!そうなの?」のと言う返事が返ってきた。
そうだよネェ、かくいう私もそんな事には頓着なく、朝から洗濯機を回している。
3人家族の頃ならともかく、今は小さな子供が2人もいて、一日だって洗濯をサボろうものなら、
次の日に、干す場所さえなくなる始末だ。
やっと、洗濯物を干しおわったら、雪が強く降ってきて意地悪な事(-_-;)

3時にお茶をして、ポン吉が息子と何やら話をしていたが急に、パチンコに行くと言うので、
それなら私も!と、一緒に行く事にした。
3000円で初あたりを引いたけど、単発で2回当ったきり、延々と嵌り結局2人とも負けてスゴスゴと
帰って来た。
足を洗うと言った舌の根も乾かない内に、正月早々パチンコで負けてしまった(;^_^A

それから、迷っていたカシミヤのセーターをやっぱり編む事にしてゲージを取って、製図を描いた。
遅い夕食を食べてから、編み出したがやりだしたらとまらずに、結局12時近くまで編んでしまった。
お正月はパソコン三昧するつもりが、どうやら編み物三昧になりそうだ…
干し柿 干し柿がとぉっても甘くて
ホンットにおいしくできた!\(^▽^)/
こんなにおいしくできたのは、初めての事。
それほど干し柿を好きでないポン吉が
絶賛して、他人にはやらないと
言い出す始末( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

大好きな物には、大好きな器でおいしいお茶を
頂きます。
近頃マイブームのこいまろ茶に、
専用の急須と湯のみでご機嫌!y(^。^)y
熱いお茶を注ぐと、緑の輪が金色に変わる。
パパと出かけていたりゅうが、
風船をもらって来て、喜んで遊んでいた。
風船1
風船2 あ〜あ!
でもいいんだ。
いすをもってきて、とろう。


最初は自分で、アンパンマンの踏み台を
持ってきたが、届かないので鏡台の
椅子を出してやった。
風船4
これ以上は、腰を伸ばせなくて
この引けた腰がおかしい( ̄m ̄〃)ぷぷっ!
相変わらず、腰は引けたまま
風船5
風船6 でもゆづきは「オーッ!!」を連発して
尊敬の眼差しでりゅうを見る。
早い物で、1昨年の暮れに生まれたゆづきが1歳になった。
時々2〜3歩あるくようになり、私達の専らの感心事はゆづきが歩いて、喋れるようになる事だ。