今月の日記です
2月1日〜2月29日

トップへ戻る>>先月の日記<<過去日記

掲示板
  2月27日(水曜日)くもりのち雨


2〜3週間前、掲示板にバラに関する質問の書き込みがあった。
私は質問者のバラに対する愛情が良く感じられて、自分が知っている限りのレスをしたが、忙しさに
追われていたので1〜2日遅れて書き込みをした。
私の書き込みが遅かったのでレスが付かないと思ったのか、あっちこっち検索をしていてやっと
私のページに行き着いて質問をしたのはいいけれど、もう一度見ようと思ったらサイトに行きつけ
なくなってしまったのか、レスを読んだとの返事がない。
初めての訪問者なのでちゃんと読んでくれたかどうかが、気になるところ。
上記の理由であれば致し方ないし、恩に着せるつもりも毛頭ないが、ちょっと残念…。



チョコパチ
   2月24日(日曜日)くもり時々晴れ


寒の名残か風が強くて風花が舞い、とても寒い1日だった。
お昼過ぎに息子夫婦が子供達を連れて出かけたので、主人に誘われてチョコパチに行く事にした。
今パチンコ玉1個が4円していて、大当りをした時に景品に替えると1個約3.3円くらいで換金できる。
チョコパチの店はパチンコ玉1個が2円なので、当然換金率も悪くなる。
今1万円で1時間遊べないパチンコ業界に於いて、ギャンブルと言うよりは遊びの要素が強い
パチンコ店だ。
確かに玉は安いけど寒金率が悪ければ大当たりしても儲けは少ないよなぁと思いながら、この頃の
引きの悪さにうんざりしていたところなので、気が進まないながらも主人が5000円くれるというので
付いて行った。
で、これまた懲りずに『海ものがたり』の台に座り、打ち始めたら結構回る(スタートチャッカーに玉が
良く入る)ので、2000円も使わない内にこれが来なければ当らない(これが来れば高確率で当る)
魚群がさ〜っと通り、期待を込めて見ていたらあっさり外した
で、がっかりする間もなく又も魚群が〜〜〜!!(ノ゚ω゚)ノ*.オオォォォォォォォー
最初のリーチは7の確変リーチ、次は4の単発リーチだけど、当らないよりはましと思って
見ていたら、これまたあっさり外されて私はすっかり戦闘意識をなくしてしまった(-_-;)
案の定それからはスーパーリーチも来ず、7000円を使ったところでやめた。
主人はスロットで大当りを引いたようだがこちらもあっさり出玉を呑まれたところだったので、
一緒に帰って来た。
でも、玉の回りは結構良いし、客も多い。
何より他の人は良く大当りをしていて、足元に置き切れないほどのドル箱(パチンコ玉の入った箱)
を持っている。
これならただの遊びだけでなく、早い段階で大当りを引けば結構儲けも出そうな感じ。
全く回らない店で20,000円使って、大あたりの1回も引けずに帰って来るのなら、チョコパチ方が
よっぽど良いんじゃない?
今日も負けたけど、負けが少なかったのでまぁいいか。



すき焼き
   2月17日(日曜日)晴れ後くもり


昨日の夜11時から死ぬまでのロスタイムと言うのがあって、サッカーの審判のような神様が付いて
回るというドラマを友近がやっていたので、ポン吉に勧められて観ていたら、死の間際に特上の
牛肉のすき焼きを食べると言う筋書きで、余りにおいしそうに食べる物だから、つい今日は
すき焼きにしようと言う事になった。
なので、息子夫婦はりゅうを連れてすき焼きの材料と、ゆづきのチャイルドシートを買いに行った。
ゆづきは今まで赤ちゃん用に乗っていたが、3月になったらもう1人生まれてくるのでゆづき用の
チャイルドシートが必要になるのだ。
今年の冬は12月〜1月が、暖冬だったのでこのまま冬が終わるかと思っていたが、2月のこの寒さは
何と言う事だろう。
今日も朝の内快晴でぽかぽかと暖かく、このところの寒気が漸く緩んだのかと思っていたら、
急にあられが降ってきてびっくりした。ワオ w(°o°;)w
それでも皆が出かける頃には又晴れてきたので、良かったけれど。
チャイルドシート お店に在庫がなくて取り寄せを頼んだらしい。
今は取り付け式だが、ゆづきがもう少し大きくなったら
りゅうと同じように前置きをして、自由に取り外しが
できるようになるらしい。

りゅうの時は最初はとっても窮屈でしかも
大きすぎて可愛そうだったけど、ゆづきは最初から
体にあったチャイルドシートを見つける事ができて
ホントに良かった(*^^)v

ゆづきは女の子だからおとなしいのだとばかり思っていたが、何の事はない!
小さくて自己主張をしなかっただけの事で、今ではすっかりヤンチャ姫だ。
ワードに打ち込んだ文章はあっと言う間に消し去ってくれるし、駄目と言えばおこってキーボードを
バンバンと叩く。
でもネェ…そんなしぐさまでが可愛くて、叱っていてもつい笑ってしまう。(^_^;;;



パーマとカラー
    2月16日(土曜日)晴れ


今日は朝7時に起きて身支度を整え朝食を済ませた後、洗濯を干したらもう出かける時間になって
ゆっくりする暇もなく美容院に出かけた。
去年の暮れから土・日だけの待機が始まったので、待機でない日の土曜日に美容院に行かないと
行きそびれてしまう。
なので、髪を染めるにはちょっと早いけど、パーマもかけたいので予約を入れて出かけた。
美容院の先生が体調を崩して2ヶ月以上休んだので、近くの美容院にやむを得ず2〜3回行ったが
そのおかげで物凄く髪が痩せてしまった。
元々猫毛で細い毛が益々細く、薄くなってしまって心もとない。
今の美容院に通う前に行っていた所だけど、パーマのかかりが悪く3日以内にかけなおして、その
後、髪を染め…それもへナ(天然植物の抹茶らしい)染ではないので、かなり髪が傷むのだ。
でもまだ最初の1回目は気が付かず、2度めに染めた後急に髪が細く頼りなくなったので、気が
付いたという次第\(◎o◎)/!
遠くまで(片道車で30分)行くのも大変なので、近くで済むならそれでも良いわと思い始めていたが、
これは大変!!とやっぱり元の美容院に行く事にしたのだ。
前者の美容院では、パーマとカラーを一緒にするのは髪が傷むからと、頑としてやってもらえなかっ
たが、後者はヘナ染めである上にたんぱく質のパーマ液を使うので髪を傷めないのだそうで、
いつも両方をいっしょにやってもらっている。
でも、先生が1人でやっている美容院なので、休んでいる間に客が減ったのか、土曜日の午前中
だと言うのに私の他には1人の客が来だけだ。
それでも2人の会話を聞くともなしに聞いていると、やはり髪の不具合を訴えて戻って来た人の
ようで、「お友達に、やっているよと教えて上げなくちゃ」と言っていたので、常連の客は遅からず
戻ってくるだろう。

客がいなかったせいもあってか、3時間で両方が終わり昼食を食べて家に帰って来たら誰も
いないので、このところ嵌っているワードをやり、マニュアルを見ながらの実践は今日で一通り
終わった。
ワードは、最初にパソコンを始めたときに少しかじったのと、ホームページを作成するのに使う書式
の設定や、画像の挿入などは殆ど同じなので、覚えるのにそれほど苦労はなさそうだ。
が、文章を書く為に造られたソフトの便利さは、ホームページの比ではなく、文章を打ち込む事さえ
真新しく感じられて楽しいy(^。^)y



バラの手入れ
    2月11日(月曜日)晴れ


土曜日の寒さに打って替わって昨日、今日は陽射しもあって暖かい一日となった。
昨日の昼間に伸び放題になっていたバラの剪定をして、枝を整理しておいたバラに今日は
石灰硫黄合剤を散布した。
以前に使っていた石灰硫黄合剤専用の手動の噴霧器が壊れたので、今度は電池式を買ってみた。
これが以外に調子が良くて、あっと言う間に全部のバラに散布する事ができた。
それから水仙の芽が覗いている場所と、カーネーションの植えて有る花壇の草むしりをした。
暖かいとは言っても2月の厳寒期であり、少し長い時間外にいると手も足も痺れるくらいに冷たく
なる。
それでも午前中は最近になく暖かかったので、ゆづきはじいちゃんに初めて三輪車に乗せて
もらったが、ちょっと緊張気味。
初めての三輪車 私が手を振ると一生懸命手を振って応え
ようとするのだけど、顔が笑ってない。
初めての三輪車にちょっと緊張してるかな?
(*^m^*) ムフッ
3連休は2日休んでもまだ1日残っているのが嬉しいが、何だかんだとあっと言う間に過ぎてしまい
もう明日から仕事だから、今日は早く寝ようかな。



昼の雪
   2月9日(土曜日)雪


お昼に降る雪はこの冬初めての事で、近所の子供達はおおはしゃぎだ。
ユキダルマを作っているのを窓から眺めていたりゅうが、「ぼくもゆきだるまつくりたいな」と言うが、
レインコートがないので、外に出かけられない。
2時過ぎに雪が霧雨にかわった頃、主人がりゅうを連れて外に出た。
雪遊び1 雨に濡れない様に折りたたみの軽い傘を
さして、長靴を履いて準備万端整った。
1歳の頃にもらった長靴が今頃やっと役に立つ。
雪の冷たさなど物ともせずに、喜び勇んで
駆け回る。
雪遊び2
雪遊び3 ユキダルマを作ろうと一生懸命雪を
すくうので、見てる間に手が真っ赤に
なってしまった。

果ては雪の上に座り込んで、お尻が濡れても
全然平気。
喜んで走り回るので、ついに傘の骨が外れた。


その頃ゆづきは…
昨日の夜更かしがたたって爆睡中。
雪遊び4
あ〜いにきたよ。 ママの携帯の、パパの着信音を覚えて
りゅうが「あ〜いにきたよ♪」と口ずさむので
いつの間にか、ゆづきが真似して歌うように
なった。
りゅうは家の中に入るのを
ひとしきり嫌がったようだが、諦めて
上がってきた。

りゅうの手が氷のように冷たいので、
私が手を握って暖めてやったら
今度はじいちゃんの手を握って一生懸命
暖めてあげようとする、やさしいりゅう(^。^)
雪遊び5
怒った顔 いつもニコニコ笑ってばかりいるゆづきが、
怒ると最近こんな顔をするようになった。

わたしだって、おこるのよ!
時々何を思ったか急に掃除を始める。
それよりズボンのホックを全部外すのは
やめて!ワオ w(°o°;)w

お掃除1
お掃除2 こんな子供の掃除でもけっこうきれいに
なるものだ( ̄m ̄〃)ぷぷっ! 
そんなわけ(どんなわけ?)で、孫達が日々成長していくのを見るのが楽しい。



お通夜
   2月3日(日曜日)雪のち雨

かねてから病気療養中だった主人の姉が、2月1日の金曜日の午後に亡くなった。
主人より10も年上の姉は若い頃、主人の事をとても可愛がってくれたらしい。
仕出し料亭の女将として若い頃から粋に着物を着こなして凛としている姉は、いつも主人の自慢の
姉だった。
60の手習いで始めた絵手紙はめきめきと上達し、時折もらう絵手紙はほんわかとして暖かく
そのたびに味わいを深くしていった。
又水彩で七福神や虎を好んで描き、出産や新築のお祝いに義姉の描いた掛け軸を貰ったりした。
後で聞いた事だけど、NHK杯で賞を貰った事もあるそうな。
でも生前、義姉の口からそんな事は聞いた事もない。
そんな義姉が腹痛で最初の入院をし、その後も何回となく入退院を繰り返していたが、ついに今回
物言わぬ退院となってしまった。
義姉が逝ったその日の午前に、私の居る病院の検査室で顔をあわせた時、とても弱々しかったの
で「大丈夫?」と声をかけ、一言二言、言葉を交わした後、検査が終わって部屋を出る時に義姉が、
ベットの上から、とてもハッキリとした顔で笑いながら私に「バイバイ」と手を振った。
時々検査室で顔をあわせる事はあったが、バイバイと手を振ることはなかったので、私はあれ?
珍しいなと何となく違和感を感じた。
その日の夕方に意識がなくなったと連絡をもらい、びっくりして駆けつけたがもう誰とも口を聞く事は
なく、翌日(2日)の午後3時過ぎに息を引き取った。
今日お通夜で義姉の家に行った時に、病院で書いた遺書があったと言う事を聞き、あの時義姉は
死を覚悟して私に今生の別れを言ったのかもしれないと思うと、姉の生き様をまざまざと見せられた
様な気がする。
知り合いの病棟の看護師も「最後まで病気と闘って、生きる事に一生懸命でした」と言ってくれた。
2年前に父を亡くし今又母を亡くして、残された家族の心細さや寂しさは如何ばかりかと思うが
生きていても、これから来ただろう病気の予後を思うと、どちらにしても忍びない。
最初に病気が発覚してからこれまで、きっと心の休まる日はなかったと思うが、それを微塵も見せ
ず女将に返り咲き息子夫婦を助けて頑張っていたと言う。
お義姉さん、お疲れ様でした。
あちらでお義兄さんと再会して「とっても頑張ったよ」と自慢してください。
そして心安らかに眠ってくださいネ。