今月の日記です
7月1日〜7月31日


トップへ戻る>>先月の日記<<過去日記

エジソンの箸
    7月30日(金曜日)くもり時々雨


連日35度を超す暑さも昨日一日中降った雨と、今日曇っていたために少し和らいで、家の中は
クーラーが良く効いて過ごしやすい日になった。
りゅうは5歳になるのに箸が苦手で、あれこれ練習用の箸を買ってくるけれど、指に合わせるのも
難しい上に何より本人に根気がなくて、いつも途中で投げ出すことになっていた。
が!!ホームセンターでエジソンの箸なるものを見つけて、とても簡単そうなので買ってみた。
  りゅうにと思って買ってきたのに、
最初に飛び付ついたのはゆづきで、泣き喚いて
離さないので、次の日に3人分買いに行くことに
なってしまった。

日曜日のお昼ご飯の時のこと
ゆづきは教えもしないのに、親指と人差し指と
中指を器用に輪の中に入れてうどんを
上手につかんで口に運ぶ。
さつきには無理だと言うのに自分も兄姉と
同じように使いたがるが、こちらは
指を一本ずつ入れてやっても
曲げる事を知らないのですぐに抜けてしまう。 
その内「できな〜〜い!」と泣きだすが、
フォークを出してやってもそれは「いやーっ!」
と、泣き叫ぶ。
遂に「たべさせて〜〜」と言いだす始末。
りゅうは知らん顔をしているが、ゆづきが
食べさせ始めた。
さつきはとても嬉しそうに、うどんを口に入れて
もらう。 
 
  ゆづきは「わたしもたべるの!!」と一旦は
食べさせるのをやめたが、さつきが余りに
泣くから又食べさせて、ついには完食するまで
根気よく食べさせたあと、自分もちゃんと
食べた(ノ^ー^)ノ☆パチパチ
りゅうもゆづきもこれなら難なく使えるので
ものすご〜〜く気に入って
「ほいくえんにもっていく」と言いだした。
で、全部で五膳買いそろえたが、家で使うのが
3人。保育園に持って行くのが2人。
でも洗い替えがないとやっぱり不便なので、
保育園用として、もう2膳買い足すことにした。
一膳980円を全部で
7膳W(`0`)WOh My God!!
子供が多いと何かと物入りです┐(-。ー;)┌
 
  息子は最近まで、さつきは3歳だと思っていた様
で、そのくらい何でも自分でやりたがる。
歯磨きも兄姉の真似をして、コップに水を汲み
前歯や奥歯をごしごし磨く。
 水道の水も自分で出さなきゃ気が済まなくて、
よじ登ってお腹を押さえるので、うんうん
言いながらコップに水を汲む。、
それから台に降りて、上を向いてガラガラと
うがいをする( ̄m ̄〃)ぷぷっ!
でも吐き出す場所が近すぎて
時々胸を濡らす事もあり、そのたびに
着替えさせるので洗濯物の多い事!

まぁネ!いつもこんなに良い子なら大助かり
だが、普段はこちらが歯磨きをしてやるのが
殆どでそれでも中々すんなりとはいかず、
口をつぶって開けなかったり、「いーして」
「あーして」と言うのに、わざと遊んだりして
一日の最後の仕上げは結構多難f(^〜^;)
でもこのスタイルだけは、どんな時でもありです。
 



アクシデント
     7月17日(土曜日)晴れ


梅雨の終わりの雨が殆ど1週間降り続き、洗濯物が大変だったが主人が家に居て、タオルは
乾燥機で乾かし、子供の物や薄物は浴室乾燥機にかけたりしてくれたので、一日も欠かせない
洗濯も溜まって困ると言う事はなかったので、とても助かった。
長かった梅雨もやっと明けてきょうは良いお天気だったが、私は仕事だったので主人が映画
(アンパンマン)を観に皆を連れて行ってくれた。
私が仕事から帰ってくるとすっかり疲れていて、夕食の時間に急に寿司が食べたいと言って
りゅうと一緒に自転車に乗って出かけた。
私はゆづきとさつきと一緒にシャワーをしていたら、玄関のチャイムが鳴ったが出れずにいたら
頻繁に鳴るので、洗い終わったゆづきにバスタオルをかぶせて開けてきてと頼んだ。
りゅうがものすごく泣いているので、ビックリしてわけを聞いたら「じいちゃんがたんぼにおちて
けがした〜〜〜!!」と言うので「救急車が来たの?」と聞いたら「けがをしたの!!」と言う。
私はびっくりして服を着て出かけようとしたら主人が帰ってきたが、脛から血を流し「肩が痛い」と、
言う。
裸にして見たが腫れてもいないし、肩も動く。脛の出血も止まっていたので、範囲は広いがそれ程
深い傷ではなさそうだ。
汚れていたので、シャワーをしようとりゅうと一緒に風呂に入ったら、再び出血して風呂場に大量
の血が流れ出したので、ビックリしてりゅうがまた泣きだした。
ゆづきとさつきも「じいちゃんだいじょうぶ?」と代わる代わる声をかけていたが、これまた血を
見て、泣きだしてしまった。
私が応急処置をしたのち主人は頭だけ洗い、私がりゅうをシャワーで洗った。
その後詳しく話を聞くと、りゅうがあんまり速く走るので追いつこうとして、バランスを崩して田圃に
落ちたらしい。
りゅうがすぐに「じいちゃんだいじょうぶ?」と言って、自転車を引っ張り上げ(主人が足で押して)
手を伸ばしてじいちゃんを引っ張ってくれたが、中々起き上がれない。
そこへ中学生が通りかかって、引っ張り上げてくれたらしい。
「今の中学生は、良い子やなぁ」と主人が、しみじみと言い、ゅうに向かって何度も何度も
「りゅう、ありがとうな」と言っていた。わけを聞くと、
りゅうは「じいちゃん、よごれたからいっかい、いえにかえろうね」と言い、「ぼく、しらせてくるから、
じいちゃんは、ここにいてね」と言って、一目散に自転車に乗って家に帰ったそうな。
後で場所を聞くとずいぶん遠くまで行ってた様で、よくちゃんと帰って来れたなと感心した。
が、案の定帰る道が分からなくなって、不安で泣いたようだ。
それでもちゃんと後戻りして、じいちゃんより先に家に帰ってきたが、チャイムを押しても誰も出て
来ないので余計泣けてしまったのだろう。
主人はりゅうがものすご勢いで走って行き、すぐに見えなくなってしまったので、りゅうも田んぼに
落ちたんじゃないかと本気で心配したそうだ。
りゅうが「じいちゃん、だいじょうぶ?ほんとにだいじょうぶ?」と、とても心配しながら付いて回る。
私が「大きいバンドエイドを買いに行こう」と誘っても「じいちゃんがしんぱいだからいかない」と
言ったが、「アイスクリームを買ってあげるよ」と言ったらあっさり付いて来た( ̄m ̄〃)ぷぷっ!
3人連れて歩いていたら斜め向かいの家で、ゆづきと同い年の子が両親と一緒に花火をしていて
「いっしょにやろう」と誘われたので、しばらく花火をしていたら主人が出てきたので私は3人を
置いて、車で薬局まで走った。
それにしても5歳ってすごい!!(ノ^ー^)ノ☆パチパチ
その場では泣きもせず、重たい自転車を引き上げて(後で主人が火事場の馬鹿力だろうなと
言うくらいだから、相当大変な事だったのだろう)、じいちゃんも引っ張り上げようとして、
家の者に知らせようと自分一人で家に帰ってくるなんて、主人が田んぼに落ちた災難より、
りゅうのその行動が嬉しくて私は、しつこくその時の状況を聞いた。
私は最初おろおろと泣いていたのかと思ったが、話を聞くと勇敢そのものでちょっと嬉しい。



日本脳炎予防接種
    7月9日(金曜日)くもりのち雨


ゆづきの日本脳炎の2回目の予防接種に、保育園をお昼には早びけさせて連れて行った。
1時半からの受け付けに2時過ぎに行ったにも関わらず、ものすごく沢山の人でびっくりした。
若い頃ここでアルバイトをしていたので、その頃一緒に働いた保健師さんもいて「多いネ?」と
聞いたら、人数は1回目と殆ど変りないけど、子供の診察に時間がかかっているそうな(´O`;
ゆづきは待っている間に、長椅子の上で離乳食のサンプルをみていたら男の子に押されて転び、
私に「あのこが、どん!て、した!」と、身振り手振りで泣きながら訴えた。
私は見ていたが大した事はなかったので、何も言わなかったが男の子のママが「だめでしょ」と
しつこく叱っていた。
が、実は同じクラスの子だったらしく、それから2人で大笑いしながらホールの中を走りまわって
汗びっしょりかいていた。
行ってから接種が終わって帰るまでに1時間くらいかかったが、その間ずっと一緒にじゃれあって
いたので、退屈することなく過ごせたようだ。
が!接種の時はやっぱり少し嫌がって泣いた。
でも、すぐに泣きやんで、男の子からおやつをわけてもらって、仲良く食べていたy(^。^)y
それにしても注射の前は知らないが、終わった後もずっと泣き叫び、休憩が済んで帰る時になって
も、センターの玄関で今度は怒って(注射されたのを)帰らないと喚いている女の子が1人いたが、
そんなのをみているとゆづきがそうでなくて、良かったとつくづく思うf(^〜^;)
日本脳炎の予防接種は急遽国から許可が下りたらしくて、慌ただしく小児科でなくて保健センター
まで出向かなければならないので、それに合わせて休みを取っている身としては、風邪をひいたり
熱を出したりして延期になるのが一番困るので、何事もなく無事に2回目の接種が終わって
一安心だ(´▽`) ホッ



保育園七夕祭り
    7月3日(土曜日)雨


せっかくの保育園祭りだと言うのに、あいにくの雨で移動が大変だったが、朝から浴衣や甚平に
着替えて子供たちはご機嫌で登園した。
  最年少未満児クラスのタンポポ組の踊りが
終わった後は、チューリップのさつきの番です。
さすがのさつきも緊張気味で、舞台に立ったが
曲が始まると堂々の踊りっぷりで、まぁその
可愛い事!
ただの一度も振りを間違えることなく、
踊り切った(ノ^ー^)ノ☆パチパチ
ゆづきも珍しく緊張気味で舞台に立ったが
曲と同時にいつもの調子でニコニコ
しながら上手に踊った。

ささのはさらさら、のきばにゆれる♪
おほしさまきらきら♪そらからみてる♪

 
  歌に合わせて腰を器用に左右に振り
のりのりでカレー音頭を披露した。

にんじんたまねぎじゃがいもさん♪♪
ぎっこんかっこんおいしいぞ〜!
ビーフカレー〜 ♪
踊り切ってホッとしたのか幕が下りる前に
「ばあちばいば〜い!!」
と舞台の上から手を振った。
 
  りゅうはとても緊張した顔で舞台に立ったが、
曲が始まってもそれが解ける事はなく、終始
この顔で踊った。

はながさおんど、あしたもつきがのぞいてる♪
まるいのに〜〜♪やー 

それでも手の指先まできっちり力が入っていて、
メリハリをつけて、とても力強く踊った。

ゆいゆいゆい♪ゆいゆいゆい、
ゆいまーる♪♪
みんな、まってたおまつりだ〜♪

家に帰ってからも「てのさきはこうだよ。
こんなふうにまがっていたらいけないんだよ」と
教えてくれる。

 
  りゅうは、指の先まで
本気出して踊ってます(*^m^*) ムフッ
七夕祭りは午前中に終わったので、お昼に
うなぎを食べて、帰りに大型ホームセンターに
寄って、自転車をみてきた。

りゅうの自転車を買おうと思ったのに、
ゆづきがピンクの自転車を気に入って
もううすっかり自分の物になった気でいる(^^;ゞ 
 
  さつきも一人前になった気で、
りゅうと一緒に、足も付かないような大きな
自転車にまたがってみるが、当然
前に進めるはずもない( ̄m ̄〃)ぷぷっ!
翌日(7月4日(日曜日)は良く晴れたので、
早速自転車に乗せてみた。
が、2〜3歩前にこぐ事は出来るが
ハンドルが上手く切れないので、すぐに
道の端まで行ってしまい、超不機嫌のゆづき。
遂には自転車に乗らないと言いだす始末。
せっかくヘルメットまで買ってもらったと
言うのにf(^〜^;)

でも根気よく教えれば、
その内乗れるようになるでしょう。