八重咲きキンギョソウ(マダムバタフライ)

キンギョソウ ストック 花が咲いた 2005年春



キンギョソウは、 耐寒性は強いのですが、本格的な寒さが来る前に充分に根を張らせるために
晩夏に種を蒔きます。
キンギョソウの種は小さくて、播種後に上から水遣りをすると種が流れてしまいます。
受け皿のついた市販のピート板を使うと、失敗なく苗を作れます。
本葉が2〜枚枚見えてきたら、込み合ってるところを間引いて、良い苗を残します。
本葉が5枚以上になったら移植しますが、園芸雑誌などではいきなり本植えをしないで、
ビニールポットなどに鉢上げして充分に根を張らせてから、定植するようにと書いてあります。
私は、それを省いて花壇やプランターに直に植えますが、特に枯れる事もありません。
苗が10cmくらいに育ったら、丈夫な脇芽だけを残して摘心します。
そうすれば脇芽が平均に伸びて、揃って咲きます。

キンギョソウ発芽状態jpgイメージ

一番左がトールバタフライ
中央がアポロパープル(大輪多花性の新種)
一番右がマダムバタフライ(八重咲き)

2003年10月12日撮影

先月(9月14日)ピート板に播いた
種から発芽して、ここまで育ちました。
通常は本葉が2枚出たところで間引き
をするのですが、元々発芽率が悪い
ので、そのまま育てました。
左の2種は種にコーティングがされて
おらず果たして発芽するものかと心配
しましたが、結果はご覧の通り。
但し3種とも品種が違うので、生育の
違いは一概には比較できません…。

間引き…混み合っている所を引き
抜いて風通しを良くしないと、
徒長して立派な苗に育たない。

コーティング…極小粒なので、種を
保護する為に白く覆ってある。
キンギョソウポット上げjpgイメージ

植え付けました

苗床から苗を取り出すときは、
割り箸で掴んで一つずつ丁寧に
掘り出します。
バカの一つ覚えのようですが(^^;ゞ
腐葉土:小粒赤玉土を3:7で
混ぜた用土に植えつけました。

球根植物ではないので、市販の
草花培養土を使っても良く育ちます。
ポット上げしたあとは、プランターや
平たい容器に並べて置くと、管理が
楽です。

キンギョソウ…紅紫と白を花瓶に投げ入れてjpgイメージ

キンギョソウ(トールバタフライ)
濃い紅紫(アポロパープル)
2004年5月1日

途中の生育状況を全て
パスして…突然!花です(~_~;)

キンギョソウが咲きました。
今年は畑に預けっぱなしで手入れが
出来ず、曲りくねって咲いています。
花瓶に活けての撮影ですが、
この花びらの形が大好きです(*^^)v



切花用(一本立ち)ストック

ずぼらな私が毎年種から育てるものに↑のキンギョソウと、もう一つストックがあります。
ストックは耐寒性に弱く、もうずっとプランターで育ててきましたが、
作業の都合で花壇に移植した後、プランターに定植しました。
かなり育ってから移植したのがいけなかったのか、プランターのストックは見るも無残な
生育でしたが、花壇に残したストックは見事な大苗に育ちました。
写真がないわけは…育つと思わなかったので、伸び放題にして支柱も立ててやらなかったので
鑑賞に堪える姿ではなく…悪しからず(^^ゞ
雪に埋もれて萎れていても、晴れてくればしゃっきと起き上がり、春には素敵に花を
咲かせてくれました。
来年はちゃんと世話をして、花をお目にかけます。
去年の花はこちらにあります。
プランターで育てる場合は、10日に1回位ハイポネックスの1000倍溶液を散布してやると
よく育ちます。
元肥は植え付けのときに必ず土に混ぜ込んでいますが、液肥をやった年とそうでない年の
生育の差には歴然としたものがあります。
用土は、草花用園芸用土なら何でもよく育ちます。

いきなりですが…2005年春花壇で花が咲きました。

ストック発芽状態

ピート板に播いたストック

こちらも9月14日に播種しました。
もう少し早く8月下旬からでも
播けます。
本葉が出揃った頃に間引きして、
丈夫な苗だけを残しました。
間引きの時に生育の良いものだけを
残すと花色が偏ってしまいます。
茎の色や生育の早さを見て、
バランスよく残しましょう。
ストック…いきなりプランターに定植jpgイメージ

植え付け直後なので葉が萎びた物もある
↑のキンギョソウのように、
ポット上げをして苗を大きくしてから、
プランターに植えつけるのが
一般的ですが、割り箸で掴んで
そのままプランターに植えつけ
ました。
毎年この方法で、苗を駄目にした事
はありません。

完全に根付いたら、10日に1回位の
割合でハイポネックスなどの1000倍
液肥を水遣り代わりに施します。
ストックjpgイメージ…色とりどりに満開です
ストック(切花用一本立ち)
2004年1月31日

柔らかな日差しを浴びて…
ストックが満開です。
花の少ない時期に重宝します。

もう一つの方のプランターも
同じように咲きました。
濃い紅色ストックjpgイメージ
ストック(ディープパープル)
苗の段階で花色を選べないのが
残念!
今年は淡い色が沢山出ました。
私としては、このくらいの濃い色が
好き!(^^♪

ストック(春の花壇で)

2005年春です。
今年はストックが3回咲きました。
1回目は2004年の暮れに
プランターで。
2回目は3月27日春花壇で
←ご覧の通りです。
今年は雪が少なかったせいか
茎が折れ曲がる事もなく
真っ直ぐに育ちました。(*^^)v

3回目はポットで冬の間を過ごし
春になって、花壇に植えつけてから
5月中旬に咲きました。
ストックは播種の時期をずらせば
半年くらいは楽しめます。

Top           戻る