芍薬



育て方はこちらにもあります。

芍薬は秋に植えます。
花壇に植えるときは株の大きさにも寄りますが、40cm四方の植え穴を掘って、
油粕・骨粉・魚粉の入った有機質肥料を茶碗一杯と、
鶏糞・腐葉土を全部でバケツ一杯になる位に混ぜて、植え穴の一番底に入れます。
その上から根に直接肥料が付かないように、土をかぶせます。
その上に株の根を広げて置いて3cmくら覆土します。
株の周りに溝を掘って水を注ぎ水が土に沁みてから、溝を埋めておきます。
芝の刈り草や腐葉土などで、マルチングをして置くと防寒になりますし、春に新芽が伸びてきた時に
葉を汚したりしません。
又バラ同様に、黒点病の予防にもなります。

芍薬の他には、バラやボタンなどもこの方法で植えつけます。


Top              戻る