布綿布JPGイメージ サイズ33.6KB
茶碗蒸し     どて焼き   焼きそうめん   
豚の角煮      ごぼうの豚肉巻き


 茶碗蒸し(4人分)  

茶碗蒸しJPGイメージ サイズ26KB
 
(プロに近い味の茶碗蒸しは、だしと卵の割合、調味料の
 分量
が決め手です。面倒がらずにこれだけは覚えましょう)
 もう一つの隠し味、えびを加えることで、だしが格段に良く
 なるので、安いえびでもかまいません。必ず使いましょう)




@水に昆布を入れて、5分くらい置く。火にかけて沸騰寸前に鍋から取り出して、
  鰹節を入れる。30秒沸騰させて、鰹節が沈むまで待ってから、こして冷ます。
A一口大に切った鶏肉と背ワタを抜いたえびを、しょうゆ、酒少々につけておく。
B
干ししいたけはお湯につけて戻し、食べやすいように切る。
C
銀杏は、むいて茹でておく。ナルト、又はかまぼこは斜め切りにする。
  

  
銀杏の調理方法
    ★カラを割って茶封筒に入れ、封を下にして(のりはつけない)
     電子レンジで3〜40秒加熱して、熱いうちに薄皮をむく
   ★殻を割って中身を出し、沸騰したお湯でゆでる
   ★殻を割ってフライパンで焼き、熱い内に薄皮をむくの内、どの方法でも良い。


D
三つ葉は洗って3〜4cmの長さに、切っておく。
E下記の調味料を合わせて、泡だて器でよく混ぜる。      
  

  だし汁
(しいたけの戻し汁を加えて)2カップ
  たまご3ヶ
(150ccくらい)
  みりん大さじ2
  塩小さじ2/3
(下味が付いているので、少なめでも良い) 

Fよく混ぜ合わせたら、【不織布】または【ざる】でこす。

  
  
◎ここがコツです
  (小皿に少量とり電子レンジで加熱して、味を見てもう一度味を調える)


G茶碗にABCを入れてFを4等分に分けて加える。 
H深めのなべに茶碗が半分つかるくらいの水を用意して、沸騰させる。
I茶碗にふたをして、鍋に入れこちらもふたをする。
J中火で3分弱火で7分加熱。途中でふたを取り三つ葉を加える。
  時間になったら、塗りばしをさしてみて、透明な汁が出れば出来上がり。
  加熱しすぎしたり、火が強すぎると、【す】が立つので、注意しよう。   



 どて焼き

どて焼きJPGイメージ.サイズ23.3KB
 (野菜はお好みで何でも入れて、逆に下記のものを全部
 入れなくても、勿論OK。 普通は牛すじ肉が一般的だが、
  肉の脂身が苦手と言う方に、少し硬いけど、
 牛角切りモモ肉がお勧め)




@
豚ホルモン1パック(ボイル済み)を、あくを取りながら もう一度ゆでて、
  流水ですすぐ。(【リ□ド、あくも油もとるシート】が便利)
A
牛肉角切り(または牛すじ肉)は一口大に切る。
B
大根、人参は大きめの乱切り、ごぼうは乱切りにして水にさらす。
  (人参は別にしておく)
 
こんにゃくも乱切りにして、沸騰したお湯でゆでて臭みを取る。

C材料がかぶるくらいのだし汁に@ABを入れて、
しょうがの絞り汁とローリエ1枚
  加えて圧力鍋で20分加熱、火を止めたらすぐに流水の下で圧をさげる。
 
(★圧力鍋が無ければ、材料が柔らかくなるまで、あくを取りながらじっくり煮込む)

D鍋の圧が下がったら、ふたを開けて再びあくを取り除きBの人参を加えて、
E
赤味噌を溶かしいれ、砂糖、味りん、隠し味にしょうゆ少々で甘辛く味をつける。
 
(★ガラスのふたのように、中身が見えるふたがあると便利)
  汁が煮詰まってくると辛くなるので、最初は薄めに味をつけ、人参が柔らかくなったら、
  ふたをはずして味を調え、強火にして煮汁を半分くらいまで煮詰める。
 
Fお皿に盛って、
小口切りのねぎを混ぜると美味。



 焼きそうめん

焼きそうめんJPGイメージ.サイズ41.7KB
 (夏の間に買いすぎたそうめんが、残っていませんか?
 そうめんは古くなるほど美味しい(らしい)から、
 そのまま夏までおいても良し。
 お味噌汁の具にしても、ニュー麺にしてもおいしいけれど、
 ちょっと目先を変えて、焼きそうめんにしてみませんか)



@長ネギ1本は斜め切りにする。
A
そうめん(50g)2把(一人分)はたっぷりのお湯で、硬めにゆでる。

Bなべに油を熱して
とき卵をさっくり炒め、ねぎを加えてさらに炒める。
Cねぎがしんなりしたらそうめんを加えて、
塩、こしょうで味を調え、
 しょうゆ少々を  なべ肌に回しかけて、香りをたたせて火を止める。

D皿に盛って、熱々をいただく。




 豚の角煮


豚角煮jpgイメージ29.9kb 
 豚の脂身が苦手という方に、肩ロースを使った角煮は如何でしょうか?
 角煮は、煮込むのに時間がかかるので、圧力鍋を使うと早くできます。
 そうして夕食の後片付けの時に、お肉を茹でておいて、
 朝食の支度をしながら、味付けをすることができますから、
 忙しい方にも簡単に、おいしい角煮が作れます。

 圧力鍋はなぜかアクが殆ど出ないので、アク取りの手間も省けます。

@鍋にたっぷりの水と酒1カップをいれ、塊のまま豚肉1kgを入れて、
 臭い消しにねぎの青い部分や生姜の皮、ローリエ1枚を加えて、水が半分くらいになるまで、
 2時間ほど煮る。
 アクはこまめに取り除く。
 (圧力鍋なら25分加熱したら、火を止めてそのまま冷めるまで置く)
A@を冬なら常温で、夏なら冷蔵庫に入れて置く)

B朝になったら油が固まって浮いているので、箸ですくって取り除き、豚肉を別の容器に
 移しておいて、不織布などでスープをこす。
C豚肉をやや大きめに切って、鍋に戻しスープと長ネギ1本、生姜の線切り
 調味料(しょう油100cc、砂糖、味りん各50cc)を加えて、味がしみるまでコトコトと煮る。
D(電子レンジで)茹でた青梗菜を鍋に入れて、一煮立ちさせたら皿に盛り付ける。




ごぼうの豚肉巻き


ごぼうの豚肉巻きjpgイメージサイズ28.2kB 冷めてもおいしいので、お弁当のおかずにも最適。
 
 
 @ごぼうは皮をむいて、4cmくらいの長さに
   縦に4つ割りにして水にさらす。。
 A薄切り豚肉を広げて、水を切ったごぼう3本くらいを芯にして巻く。
  (豚の脂身が苦手な人はこの時、脂身を手で取り除く)
 
B平たい鍋にAと残りのごぼうを並べて、
 だし汁を材料がかぶるくらいに入れて沸騰させ、砂糖、味りん、しょう油で味をつける。
Cごぼうが柔らかくなったら、火を強めて煮汁をからませる。



トップ    簡単料理NO1